144件中 31 - 40件表示
  • 日本国債

    日本国債から見た高橋是清

    戦前、高橋財政期に国債の直接引受を経験している。高橋是清は、1932-1935年にかけて32億円の国債を発行し、86%にあたる27.5億円を日本銀行に買い取らせた。日銀が買い入れた国債の大半は市中銀行に売ったため、日銀が保有した国債は4年間で2億8000万円の約10%の増加に収まっている。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た小渕恵三

    1998年(平成10年)に小渕恵三内閣が発行した国債40兆円の多くが、2008年(平成20年)に償還期限を迎えた。それにより国債危機が発生するのではないかと言われていた(2008年問題と呼ばれていた)。実際には、すでに各種の借換対策が進行しており、2008年における償還集中は回避された。このため、デュレーションに由来する問題は発生しない。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た岩本康志

    経済学者の岩本康志は潜在成長率の低下の問題や金融政策の限界。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た中野剛志

    京都大学准教授の中野剛志は、デフレーション下では金融緩和して通貨供給量が増えても、投資や消費に回らず貯蓄に回ってしまう流動性の罠に陥いるので、国債によって貯蓄を吸い上げ、国内の公共投資を行い、国内の需要と供給のギャップを確実に埋めるべきであり、金融緩和政策は積極財政政策とセットでなければ、効果的にデフレを克服することはできない、と述べている。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た浅田統一郎

    「国債の日銀引き受けを行えば国債価格が暴落する」という反論について経済学者の浅田統一郎は「国債を日銀が引き受ければ民間に対する国債の供給は増えないので、民間引き受けの場合に比べてむしろ国債価格の低下、或いは国債金利の上昇を防ぐことができる(国債価格と国債金利は反比例的に動く)。単純なIS-LM分析の応用問題に過ぎない」と指摘している。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た熊野英生

    第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生は、日銀の国債引受けは政府の当座預金に無制限に資金を振り込むことになり、お札の増刷と同じことであるとして、国民が「受け取ったお札は1万円の価値がないのではないか」と疑い始めることを危惧。「悪魔的手法」であるとしている。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た安達誠司

    田中秀臣、安達誠司は「日銀の国債の引き受け発行を開始した1932年11月25日から、二・二六事件による暗殺が起きた1932年2月26日の約5年間の高橋蔵相在任期間の平均インフレ率(GDPデフレーター)は2.4%と安定的に推移している。恒常的に年率10%のインフレが続いたのは、高橋蔵相暗殺後に本格的な戦時体制が確立されてからであり、実質的に軍部が政治的実権を握り、軍事費が膨張したためである」と指摘している。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た田中秀臣

    田中秀臣、安達誠司は「日銀の国債の引き受け発行を開始した1932年11月25日から、二・二六事件による暗殺が起きた1932年2月26日の約5年間の高橋蔵相在任期間の平均インフレ率(GDPデフレーター)は2.4%と安定的に推移している。恒常的に年率10%のインフレが続いたのは、高橋蔵相暗殺後に本格的な戦時体制が確立されてからであり、実質的に軍部が政治的実権を握り、軍事費が膨張したためである」と指摘している。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た田中康夫

    自由民主党衆議院議員の山本幸三や民主党衆議院議員の金子洋一などはこの日本国債の日銀による引受を提唱している。新党日本の田中康夫代表も日銀による国債直接引受のメリットを述べている。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た池尾和人

    経済学者の池尾和人は「『日本銀行が国債を買う』というところだけを見て、量的緩和政策も財政ファイナンスも同じようなものだと思ってはいけない。両者は本質的に違う。『おカネを貸す』のと『おカネをあげる』のは全く違うことだが、お金を渡すところだけ見ていたのでは区別がつかないのと同様だといえる」と指摘している。日本国債 フレッシュアイペディアより)

144件中 31 - 40件表示

「国債」のニューストピックワード