144件中 51 - 60件表示
  • 日本国債

    日本国債から見たアベノミクス

    日本国債の下落の顕著な衝撃なしにアベノミクスは2013年の初めに日本の株式市場における騰貴を招いた。だけれども十年先物(英:10-years forward)の金利は少し上がった約70%の日本国債は日本銀行が買っている。そして残りのほとんどは日本の銀行と信託金(英:trust fund)が買っている。それはグローバルなの影響からそのような債権等の価格と利子を大いに孤立させ、そして彼らの信用格付けの変化に対する感受性を低下させる。日本国債に賭けることはそれとは反対の基本にもかかわらずそれらの価格の下方硬直性(英:price rigidity)により「無尽蔵を生む取引(英:widowmaker trade)」として知られるようになった。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見たインフレターゲット

    日本のようにインフレ期待の生成を怠った結果による流動性の罠の下ではマネタリーベースを拡大してもインフレ率を引き上げることはできない。インフレ期待は直接コントロールできない。政策サイドは総需要を拡大し失業を減少させインフレ率上昇とトレードするか、総需要を抑制して失業を増加させインフレ率低下とトレードオフする。ベン・バーナンキは、世界金融危機下で量的緩和政策を採用したものの、インフレ期待を生成する政策はインフレ率が思わぬ上昇をする可能性などベネフィットよりコストが上回ると予想したため採用していなかったが、2012年1月25日に米連邦準備理事会は2%のインフレターゲットの導入を発表した。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た家計

    日銀が公表した2013年(平成25年)度の「資金循環統計」によると、2014年(平成26年)3月末の国債等残高は998兆円となっており、保有者の内訳は、金融仲介機関587兆円(構成比58.8 %)、一般政府・公的金融機関88兆円(8.9 %)、中央銀行201兆円(20.1 %)、国外84兆円(8.4 %)、家計21兆円(2.1 %)、その他17兆円(1.7 %)となっている。2014年(平成26年)3月末時点の日銀の日本国債保有残高は201兆円で、過去最高を更新しており、保有者に占める日銀の割合は20.1 %で最大の保有者となった。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た総合口座

    なお、現在は国債のペーパーレス化により、証券での受け渡しはされなくなっている。機関投資家以外の一般的な個人向けには、以前より証券を販売金融機関に保護預かりする制度があり、銀行・協同組織系金融機関・ゆうちょ銀行の場合、総合口座に「国債(公共債)保護預かり口座」をセット(担保に組み込む)すると、総合口座普通預金の残高が不足した場合に、国債預かり残高の一定額(ゆうちょ銀行の場合は額面の80%まで)を限度に、「総合口座担保定期預貯金」と同様に、自動融資(口座貸越)・担保自動貸付けが受けられる場合がある。ただし、足利銀行など、取扱いを取りやめた、または取り扱わない金融機関もある。ゆうちょ銀行(旧郵便貯金)の場合は、「国債保護預かり口座帳」で直接貸付を受けることも可能である。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た政府紙幣

    ノーベル経済学賞受賞者であるジョセフ・E・スティグリッツは、長期デフレに苦しむ日本がデフレから脱却するために政府紙幣を発行すべきであると提唱した。政府紙幣の発行は、国債の市中発行あるいは無利息の永久国債の日銀引き受けと実質同じ経済政策である。景気低迷のデフレ経済ではゼロ金利継続により政府紙幣が日銀へ還流する弊害は避けられるが、景気が上昇するとゼロ金利は継続できなくなり市中で流通する銀行券、政府紙幣、コインの残高にインフレ率を乗算した金額のインフレ税が発生し民間から政府へ財が移転することになる。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見たサーキットブレーカー制度

    2013年(平成25年)4月5日、東京証券取引所は国債先物相場が急落したことを受けて取引を一時的に停止する「サーキットブレーカー制度」を発動、サーキットブレーカーの発動は2008年(平成20年)10月14日以来となった。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た東北地方太平洋沖地震

    個人向け国債 10年変動金利のもの(2003年3月 - )、5年固定金利のもの(2006年1月 - )と3年固定金利のもの(2010年6月 - )がある。いずれも、中途解約の際の買い取り額保証を定めているのが特色である。一定期間売却できない代わりに、その期間を過ぎれば国が額面で買い取る条件がついている。なお、2011年12月以降に募集するものについては東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の復興財源として活用するために、名称を「個人向け復興国債」としている。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た国内総生産

    日本は他の先進国に比較して、国内総生産(GDP)に対する国債の発行残高の割合が著しく高い。2006年はバブル崩壊以降初めて一時的にGDP比の債務額が減少したが、累積債務の増加は続いている。財政状況は依然厳しく、その持続可能性が議論になっている。2011年(平成23年)末時点の日本国債の発行残高は789兆円であった。それに対し2010年度の一般会計税収入は約40.9兆円であった。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た新党日本

    自由民主党衆議院議員の山本幸三や民主党衆議院議員の金子洋一などはこの日本国債の日銀による引受を提唱している。新党日本の田中康夫代表も日銀による国債直接引受のメリットを述べている。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た信用格付け

    日本国債の下落の顕著な衝撃なしにアベノミクスは2013年の初めに日本の株式市場における騰貴を招いた。だけれども十年先物(英:10-years forward)の金利は少し上がった約70%の日本国債は日本銀行が買っている。そして残りのほとんどは日本の銀行と信託金(英:trust fund)が買っている。それはグローバルなの影響からそのような債権等の価格と利子を大いに孤立させ、そして彼らの信用格付けの変化に対する感受性を低下させる。日本国債に賭けることはそれとは反対の基本にもかかわらずそれらの価格の下方硬直性(英:price rigidity)により「無尽蔵を生む取引(英:widowmaker trade)」として知られるようになった。日本国債 フレッシュアイペディアより)

144件中 51 - 60件表示

「国債」のニューストピックワード