144件中 81 - 90件表示
  • 日本国債

    日本国債から見たIS-LM分析

    「国債の日銀引き受けを行えば国債価格が暴落する」という反論について経済学者の浅田統一郎は「国債を日銀が引き受ければ民間に対する国債の供給は増えないので、民間引き受けの場合に比べてむしろ国債価格の低下、或いは国債金利の上昇を防ぐことができる(国債価格と国債金利は反比例的に動く)。単純なIS-LM分析の応用問題に過ぎない」と指摘している。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見たバブル景気

    日本では、戦後混乱期の1947年(昭和22年)には国債発行額が税収を上回り、それが戦後インフレの原因になったという反省から財政法が制定され、赤字国債の発行と日銀の赤字国債引き受けを禁止して、均衡財政主義を取ることとなった。55年体制となってから地銀の有価証券保有高は目立って上昇し、特に国債保有高が伸びた。しかし1965年(昭和40年)補正予算で赤字国債(2590億円)の発行が再開され、翌1966年(昭和41年)度予算では7300億円の建設国債が予定された。1990年(平成2年)にはバブル景気の税収増によりいったん発行額ゼロになるも1994年(平成6年)には再開され、その後に至っている。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た特別会計に関する法律

    借換国債(特別会計に関する法律第46条及び第47条)日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た昭和恐慌

    経済学者の岩田規久男は「日本では昭和恐慌を大きな金融緩和によって乗り切ったという歴史的事実がある。そのときは財政支出を賄うため国債を発行したが、その国債を日銀がすべて引き受けた。それが高橋財政だった」と述べている。この時期のインフレ率は高くとも6.5%であり、さらに最後の2年間は2%台、すなわちマイルドインフレであったと岩田は述べている。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見たバブル経済

    1980年代後半のバブル経済の頃は好況により税収が多く、日本の国庫は潤っており、国債の発行額もそれほど多くはなかった。しかし、バブル経済が崩壊して税収が減少すると、それにともなって歳入が減少した。併せて、景気浮揚を目的にした財政出動が何度も行われた結果、国債を大量発行するようになり、発行残高は急激に増加していった。国債の大半は固定金利であるため、デフレーションにより名目成長率が伸び悩むことでGDP比の債務が増大しやすくなっている。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見たリフレーション

    田中秀臣は「歴史的な経験を言えば、昭和恐慌期にリフレーション政策を行った後、国債価格は下がってはいるが、暴落ではなく非常に安定的に推移している。国債の暴落は起きていない」「昭和恐慌も脱出時、財政規律を守りながら、日銀の国債の直接引き受けを行わせた高橋の政策では、悪性インフレは起こっておらず、国債の暴落も起こらなかったというのが史実である」と指摘している。田中は「テロリズムが一国経済の命運を決定したという事実は『高橋財政が戦時体制の拡大を招いた』という俗説に隠された」と指摘している。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た公債

    日本国債(にほんこくさい)は、日本国政府が発行する公債である。「国債ニ関スル法律」(明治39年法律第34号)に基づいて発行されている。法律上の名称は「国債」だが、実務上「日本国債」または「JGB」ともいう。日本国の運営に必要な資金を集めるために発行される。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た資金

    日本国債(にほんこくさい)は、日本国政府が発行する公債である。「国債ニ関スル法律」(明治39年法律第34号)に基づいて発行されている。法律上の名称は「国債」だが、実務上「日本国債」または「JGB」ともいう。日本国の運営に必要な資金を集めるために発行される。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た2009年の経済

    2009年5月、ムーディーズは円建ての日本国債の格付けを「Aa2」としたと発表。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見たインフレ

    日本銀行の調査によれば、1934-1936年の消費者物価指数を1とした場合、1954年は301.8と8年間で物価が約300倍となった。このインフレの原因は戦前から戦中にかけての戦時国債、終戦後の軍人への退職金支払いなどの費用を賄うために政府が発行した国債の日本銀行の直接引き受けとされている。第二次世界大戦中に発行した戦時国債は、デフォルトはしなかったが、その後戦前比3倍の戦時インフレ(4年間で東京の小売物価は終戦時の80倍)によってほとんど紙屑となった。日本国債 フレッシュアイペディアより)

144件中 81 - 90件表示

「国債」のニューストピックワード