前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
778件中 1 - 10件表示
  • 医療費

    医療費から見た国内総生産国内総生産

    世界保健機関が発行しているWHOによると、先進国(世界保健機関や世界銀行の分類では、High Income Countries)の2010年度のGDPに対する医療費の比率の平均値は12.4%、医療費総額に対する公費負担率の平均値は61.8%である。医療費 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の消費税議論

    日本の消費税議論から見たGDP国内総生産

    高橋洋一は「1989年4月(3%)、1997年4月(3%から5%)のいずれの消費税増税も、増税前後を比較すれば、成長率が低下している。それはGDPの大きな構成要素である消費が低下するからである。消費税増税前後2年間の平均で見ると、実質GDPでは1989年の増税前の6.2%が増税後に5.3%、1997年の増税前の2.5%が増税後に-0.8%へとそれぞれ低下し、低下幅はそれぞれ0.9%と3.3%となっている」と指摘している。また高橋は「1989年の消費税創設では、物品税を同時に廃止したので、消費増税の影響は中和されている」と指摘している。日本の消費税議論 フレッシュアイペディアより)

  • 国民経済計算

    国民経済計算から見た国内総生産国内総生産

    国民経済計算では、生産と所得の分配状況や、所得をどこから受け取りどこ向けに消費したか等を見ることができる。なお、経済成長率の指標としてよく使われる国内総生産 (GDP) は、93SNAの中の項目の一つ。国民経済計算 フレッシュアイペディアより)

  • ユーロ

    ユーロから見た国内総生産国内総生産

    1992年に署名された欧州連合条約では、加盟国は経済通貨統合の第3段階への移行、つまりユーロの導入にあたっては収斂基準を満たさなければならないとした。またテオドール・ヴァイゲルが主導した結果、1996年のダブリンでの欧州理事会においてユーロ導入にあたっての2つの基準が定められた。さらに安定・成長協定ではユーロ導入国に対して、通常の経済情勢では財政の均衡を維持することを義務づけており、他方で景気が悪化している情勢では、経済の安定化のために単年度国内総生産 (GDP) の 3% を上限として国債の発行を認めている。累積債務残高については60%を上限としている。すなわち、収斂基準は物価の安定性・高過ぎない長期金利・財政赤字および政府債務の健全性・為替の安定性の4つである。このうち為替の安定性に関しては、欧州為替相場メカニズム(ERM II)への参加が法的に求められている。この欧州為替相場メカニズムは、1979年に設立されたもともとのERMにかえて、1999年から実施されているERM IIと呼ばれるものであり、ERMとしては2番目のものである。このERM IIにおいて、ユーロに対する自国通貨の標準変動幅を2年間、上下15%の範囲とする必要がある。これを達成するとユーロ導入が認められ、ERM IIの対象から外れ、ユーロ導入となる。ただし、問題がある場合は期間が延長される。具体的には経済収斂基準とは次のようなものである。ユーロ フレッシュアイペディアより)

  • 失われた20年

    失われた20年から見た国内総生産国内総生産

    景気以外にもGDP、貿易収支、通貨、国債などの指標が挙げられる。失われた20年 フレッシュアイペディアより)

  • 南アフリカ共和国

    南アフリカ共和国から見た国内総生産国内総生産

    かつては有色人種に対する人種差別で知られ、それはアパルトヘイトと呼ばれる1994年までの合法的な政策によるものであった。金やダイヤモンドの世界的産地であり、民主化後の経済発展も注目されている。アフリカ最大の経済大国であり、アフリカ唯一のG20参加国である。2010年のGDPは3544億ドル(約30兆円)であり、神奈川県とほぼ同じ経済規模である。従来のBRICs(ブラジル (Brazil) 、ロシア (Russia) 、インド (India) 、中国 (China) 、sは複数形)に加え、BRICSとしてSが南アフリカ (South Africa) を表す用法も定着しつつある。また、BRICsからロシアを除いて南アフリカを加えたIBSAC (India, Brazil, South Africa, China) という用語が、G7でイギリスによって提唱されたこともある。しかし後天性免疫不全症候群 (AIDS=エイズ)の蔓延、教育水準の低い非白人の貧困、治安の悪化など懸念材料も多い。南アフリカ共和国 フレッシュアイペディアより)

  • ボツワナ

    ボツワナから見た国内総生産国内総生産

    IMFの統計によると、2013年のGDPは148億ドル。一人当たりのGDPは7,120ドルで世界水準と比較しておよそ70%、隣国南アフリカを上回りアフリカ全体では6位という高さに位置する。ボツワナ フレッシュアイペディアより)

  • ギリシャの経済

    ギリシャの経済から見た国内総生産国内総生産

    ギリシャの経済は 、その名目国内総生産 (GDP)が年間194.851億ドルであり、世界で46番目の規模である。また、 購買力平価では年間288.245億ドルと、世界で54番目の規模である。 2015年時点で、ギリシャは欧州連合(EU)の加盟国28カ国中 第15位の経済規模である。ギリシャは、一人当たり名目GDPと一人当たりの購買力平価ではそれぞれ17,988ドル、26,391ドルと、世界で38番目と45番目に位置している。ギリシャの経済 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見た国内総生産国内総生産

    2009年の予算は118億ドルでこれは世界第19位、国内総生産 (GDP) の2%弱を占める。1989年の民主化後もソ連から購入していた装備を引き継いだが、自国を含む北大西洋条約機構 (NATO) 同盟国で製造される最新装備への完全転換を急いでいる。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • 国民総生産

    国民総生産から見た国内総生産国内総生産

    国民総生産(こくみんそうせいさん、GNP:Gross National Product)とは、ある一定期間にある国民によって新しく生産された財(商品)やサービスの付加価値の総計である。かつては国の経済規模を比較するため新聞や教科書などで頻繁に利用されたが、日本では1993年から代表的指標として国内総生産 (GDP)が使われるようになり、かつてほど注目されなくなった。さらに2000年には国民経済計算の体系変更により国民総生産という概念自体が消滅した。ただ新体系にはほぼ同一の概念として国民総所得 (GNI) がある。国民総生産 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
778件中 1 - 10件表示

「国内総生産」のニューストピックワード