778件中 91 - 100件表示
  • 内外価格差

    内外価格差から見たGDP国内総生産

    日本のGDPをドルで換算することについて、経済学者の高橋洋一は「自国の経済を議論するときに、他国通貨で表示することに意味はない。日本国内の法定通貨は円であるため、ドル表示で所得が増減しても国民生活にはまったく無縁である」と指摘している。内外価格差 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の文化政策

    欧州連合の文化政策から見た国内総生産国内総生産

    欧州連合は単独の国としてみると世界最大の経済規模を持っており、2002年のGDPは9兆6130億ユーロに上る。欧州連合の経済は旧共産圏諸国の加盟により、今後10年間はさらに成長することが見込まれている。また共同防衛や外交政策にかんする協力関係の強化の動きが強まる傾向にある。欧州連合の文化政策 フレッシュアイペディアより)

  • Gross domestic product

    Gross domestic productから見た国内総生産国内総生産

    Gross domestic product フレッシュアイペディアより)

  • ウジツェ

    ウジツェから見たGDP国内総生産

    ウジツェの経済はウジツェ自治体を中心に開発が行われている。もっとも開発が進んでる分野は非鉄冶金、金属加工、織物工業などである。ウジツェ自治体はウジツェ基礎自治体内の30%の製品出荷割合を占めている。ウジツェ経済を担う企業には非鉄冶金分野ではヴァリャオニツァ・バクラ(Valjaonica bakra)、銅やアルミの圧延機を扱うヴァリャオニツァ・アルミニユマ(Valjaonica aluminijuma)、金属加工の分野ではメタロプレラダ(Metaloprerada)、アルファプラスト(Alfaplast)、トヴルディ・メタル(Tvrdi metal)、ウォクサル(Woksal)、シンテール(Sinter)、アウトヴェンティル(Autoventil)、ファサウ(FASAU)、織物分野ではフロテクス(Frotex)、カディニャチャ(Kadinjača)、デサ・ペトロニイェヴィッチ(Desa Petronijević)など、他に化学製品ではモクラ・ゴラ(Mokra Gora)のコトロマン(Kotroman)や皮革や柔毛加工のパルティザンカ(Partizanka)などの工場が立地する。工業以外では建設業、運輸業、土木業、金融、医療、教育などである。ユーゴスラビア時代の1981年、ウジツェは開発が進んだ都市としてGDPはユーゴスラビア平均の157%であった。ウジツェ フレッシュアイペディアより)

  • 自由同盟 (デンマーク)

    自由同盟 (デンマーク)から見た国内総生産国内総生産

    これまでは左派寄りの戦略を採るラディケーリにも、閣内で影響力を及ぼしつつある右派政党デンマーク国民党にも一定の距離を置いてきたものの、2008年には政策を若干右派寄りに変更した。税制面では所得税を40%に引き下げ均等税とするなど新自由主義的な色彩が濃い一方で、義務教育延長や移民制度改革、海外援助額を国内総生産の1%に引き上げる方針などを掲げている。自由同盟 (デンマーク) フレッシュアイペディアより)

  • 指数 (経済)

    指数 (経済)から見た国内総生産国内総生産

    GDPデフレーター、貿易統計などで使用される手法。計算方法は以下のとおり。指数 (経済) フレッシュアイペディアより)

  • オークンの法則

    オークンの法則から見た国内総生産国内総生産

    経済学において、オークンの法則(Okun's law)とは、一国の産出量と失業の間に経験的に観測される安定的な負の相関関係のことである。この法則の「乖離形式」(gap version)は、一国の国内総生産(GDP)が潜在産出量より1%小さくなる度に失業率が約0.55%上昇することを述べる(米国の場合)。「差分形式」(difference version)は、実質GDP成長率と失業率の差分の間における関係を表す。この法則の正確さは議論の的になっている。法則の名前は、1962年にこの関係を提案した経済学者アーサー・オーカン(:en:Arthur Okun)にちなむ。オークンの法則 フレッシュアイペディアより)

  • 潜在産出量

    潜在産出量から見た国内総生産国内総生産

    潜在産出量(せんざいさんしゅつりょう、)とは、経済学において、資本や労働が最大限に利用された場合に達成できると考えられる長期間維持可能な実質国内総生産 (GDP) の最高水準である。潜在GDPとも呼ばれる。潜在産出量 フレッシュアイペディアより)

  • リマ郡

    リマ郡から見た国内総生産国内総生産

    国民のほぼ3分の1とGDPの多くがここに集中している。リマ郡 フレッシュアイペディアより)

  • 総需要

    総需要から見た国内総生産国内総生産

    マクロ経済学において、総需要()もしくは国内最終需要()はある与えられた時点におけるある経済における最終生産物に対する全体の需要である。これは一国の国内総生産(GDP)に対する需要であるとも言える。一国の総需要はしばしば有効需要とも呼ばれるが、有効需要と総需要という用語自体は区別して使用されることも多い。総需要 フレッシュアイペディアより)

778件中 91 - 100件表示

「国内総生産」のニューストピックワード