778件中 111 - 120件表示
  • ネパールの経済

    ネパールの経済から見たGDP国内総生産

    ネパールの経済は、農業が主な支えで、人口の80%が農業中心に生活している。GDPの37%は農業活動によるものである。米、小麦、トウモロコシ、ジャガイモ等が、主要な食用作物である。ネパールの経済 フレッシュアイペディアより)

  • 西部州 (スリランカ)

    西部州 (スリランカ)から見た国内総生産国内総生産

    また、人口が4分の1にも関わらず、国内総生産 (GDP) ではスリランカ全体の半分近くを占めており、2010年の一人当たりのGDPでは、全国平均が2,399ドルなのに対して約1.6倍となる3,808ドルに達している。西部州 (スリランカ) フレッシュアイペディアより)

  • 実体経済

    実体経済から見た国内総生産国内総生産

    経済のうち、GDPなどで計測される付加価値の生産・分配機構を指す。実体経済 フレッシュアイペディアより)

  • GDPデフレーター

    GDPデフレーターから見たGDP国内総生産

    経済学において、GDPデフレーター(GDP deflator)とは、ある国(または地域)の名目GDPから実質GDPを算出するために用いられる物価指数である。名目GDPと実質GDPはそれぞれ物価変動の影響を排除していないGDPと排除したGDPであるため、その比にあたるGDPデフレーターは、物価変動の程度を表す物価指数であると解釈される。従ってGDPデフレーターの増加率がプラスであればインフレーション、マイナスであればデフレーションとみなせる。GDPデフレーター フレッシュアイペディアより)

  • スライド法

    スライド法から見た国内総生産国内総生産

    指数の例としては、地代と家賃と共通して挙げられるものに、消費者物価指数、物価指数、国内総生産等が挙げられる。地代の場合は、地価の変動指数、家賃の場合は建築費指数、オフィスビル仲介業者による賃料等動向調査などが挙げられる。スライド法 フレッシュアイペディアより)

  • ルパン三世Y

    ルパン三世Yから見た国内総生産国内総生産

    「お子様の好きなスポーツ」に初登場。犯罪請負組織「インターナショナル・クライム・ロジスティックス(略称:ICL)」のボスの娘。名前から日本人と思われる。元々は大学生であったが、初代ICLボスが引退したのを機に自らが2代目を引き継いだ。まだ10代の子供だけあって、時々冷静さを失い感情的になる事が多いが、頭の回転は早く、そのおかげでICLのボスも務まっている。ルパンの事を高く評価しており、彼を自らの配下に加える為、作品初期の事件において様々な暗躍を行っていた。しかし、「一億ドルの賞金首」にて、ラダと共闘してG7各国のGDPの5%(12兆ドル)を脅迫要求してそれを消滅させ、更にはアメリカの国債を暴騰させる事で、全てのヘッジファンドを潰し、国債を買い占めた自分が世界一の富豪になろうと目論んだが、計画の失敗によって全てが水の泡となってしまい、殺し屋にルパンの始末を任せて逃亡。その後はめっきり登場しておらず、ICL自体も国債を買い占める為に貯金を使い果たしてしまった事で、組織自体を維持できなくなり、おそらく倒産したと思われる。ルパン三世Y フレッシュアイペディアより)

  • 教育指数

    教育指数から見た国内総生産国内総生産

    教育指数(きょういくしすう、英:Education index)とは、GDP指数、平均余命とともに、国際連合が発表する人間開発指数の1つ。その国の教育水準を示す指標として取り扱われる。教育指数 フレッシュアイペディアより)

  • ステファニー・グリフィス=ジョーンズ

    ステファニー・グリフィス=ジョーンズから見たGDP国内総生産

    彼女は、大きく、速やかで、より少ない融資条件の外部ショックに直面して、IMFで保障融資の改革を主唱した。同様に、拡大された開発銀行とカウンター・サイクリカル貸出について早くからの支持者であった。彼女はまた、金融危機のリスクを減らすカウンター・サイクリカル・メカニズムのように、GDPリンク債の問題も主唱した。これらの方法は、実用的金融システムの改革を目的としており、高くつかない金融危機なしで経済成長を支える。ステファニー・グリフィス=ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • エネルギーの経済効率

    エネルギーの経済効率から見た国内総生産国内総生産

    国際エネルギー機関(IEA)やアメリカ合衆国エネルギー省(EIA/DOE)でエネルギーインテンシティー(Energy Intensity)、国際連合の経済社会理事会(Economic and Social Affairs)でGDP当たりのエネルギー消費 (Energy Uses per Unit of GDP)と定義しているもので、総一次エネルギーをGDP PPPで割って得られる、GDP当たりのエネルギー消費量である(1ドルのGDP PPPを生産するのに費やしたエネルギーでいわば対GDPエネルギー消費指数)。エネルギーの経済効率 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済論争

    日本の経済論争から見た国内総生産国内総生産

    そのような状況下において、小宮隆太郎らは「アメリカの貿易赤字の主因は、その貯蓄率の低さと財政赤字の多大さにある」というISバランス論を唱え、アメリカ政府の圧力(経済制裁)を批判したのである。さらに小宮は、アメリカが円高圧力を強めてきたとき、「円高によって一時的に対日貿易赤字を減らせたとしても、一般均衡論的に解釈するならば、その分だけ日本のGDPが縮減され、ひいては円が切り下がることとなるので、結局のところ、当初の目的(対日貿易赤字縮小)を達成することはできない」と主張した。また、日本の貿易黒字を悪と捉える風潮に対しても、小宮は、「日本の貿易黒字の大部分は海外に再投資されており(=資本赤字)、外国経済の振興に役立っている」とする「黒字有用論」を展開した。最後に、小宮ら経済学者は「アメリカのような経済大国が貿易赤字に一喜一憂するのがナンセンス」とし、その例証として、戦後長らく貿易赤字国でありながら、今なお一流先進国であり続けるカナダの存在を挙げた。要するに、「貿易=国際間における資源配分の最適化」という観点から、「貿易赤字=国家の衰亡」と捉える解釈自体の無意味さを説いたのである。日本の経済論争 フレッシュアイペディアより)

778件中 111 - 120件表示

「国内総生産」のニューストピックワード