553件中 21 - 30件表示
  • 北京市

    北京市から見たGDP国内総生産

    2011年の北京市の市内総生産は約1兆6000億元(約2100億ドル)であり、上海市に次いで中国本土第2位である。香港やシンガポールのGDPとほぼ同じ数字である。北京市 フレッシュアイペディアより)

  • ブータン

    ブータンから見た国内総生産国内総生産

    主要産業はGDPの約35%を占める農業(米、麦など、林業も含む)だが、最大の輸出商品は電力である。国土がヒマラヤの斜面にあることをいかし、豊富な水力による発電を行い、インドに電力を売却することにより外貨を得ている。輸出品は電力、珪素鉄、非鉄金属、金属製品、セメントなどで、輸入品は高速ディーゼル、ポリマー、石油、米など。2007年統計では貿易総額は輸出入合わせて約10億ドルで貿易収支は若干黒字。ブータン フレッシュアイペディアより)

  • リトアニア

    リトアニアから見た国内総生産国内総生産

    国連の分類によれば、リトアニアは平均所得の高い国に位置づけられており、鉄道、空港、4車線の高速道路などの近代的なインフラが整備されている。しかしそれでもリトアニアの所得水準は欧州連合 (EU) に2004年の拡大前から加盟していた国よりも低く、ユーロスタットのデータによれば、リトアニアの1人あたりのGDP(購買力平価ベース)はEU加盟27か国平均の61%にとどまる(2008年)。こうした低所得が要因となり、2004年のEU加盟時には所得の高い国への移住が増加した。リトアニア フレッシュアイペディアより)

  • ボツワナ

    ボツワナから見た国内総生産国内総生産

    ボツワナは1966年の独立以後、豊かな天然資源と手堅い経済政策、安定した政治状況や高い教育程度に基づき、世界最高水準の経済成長率を1980年代末まで維持し続けた。その結果、他の多くのアフリカ諸国とは異なり「世界最貧国グループ」から抜け出し(1994年に指定解除)、1人あたりGDPはマレーシアやアルゼンチン、ルーマニアなどの他の大陸の工業国と同クラスの世界60位前後に位置し、「中所得国」に分類されるなど、アフリカの優等生といわれ、堅実な経済状況を保ち続けている。ボツワナ フレッシュアイペディアより)

  • 東京都

    東京都から見た国内総生産国内総生産

    2009年度の東京都の都内総生産は85兆2016億円であり、日本の国内総生産の6分の1以上を占めている。ドルの為替レートで換算すると1兆ドルを超えており、最新のニューヨーク市の市内総生産の6014億ドル(約50兆円)や上海市の市内総生産の1兆6872億元(約21兆円)をも圧倒している。東京都は都市GDP世界1位であり、国のGDPと比較しても世界第14位前後となり、メキシコ1国とほぼ同じ経済規模を持っている。東京都 フレッシュアイペディアより)

  • 日本における地震対策と体制

    日本における地震対策と体制から見たGDP国内総生産

    東京都だけでもGDP85兆円(世界の国の14位)、年間予算12兆円、人口1,322万人(世界の国の69位)。日本における地震対策と体制 フレッシュアイペディアより)

  • 国民総生産

    国民総生産から見た国内総生産国内総生産

    国民総生産(こくみんそうせいさん、GNP:Gross National Product)とは、ある一定期間にある国民によって新しく生産された財(商品)やサービスの付加価値の総計である。かつては国の経済規模を比較するため新聞や教科書などで頻繁に利用されたが、日本では1993年から代表的指標として国内総生産 (GDP)が使われるようになり、かつてほど注目されなくなった。さらに2000年には国民経済計算の体系変更により国民総生産という概念自体が消滅した。ただ新体系にはほぼ同一の概念として国民総所得 (GNI) がある。国民総生産 フレッシュアイペディアより)

  • 経済大国

    経済大国から見た国内総生産国内総生産

    厳密な定義はないが、GDP(国内総生産)が世界の総生産に占める割合の大きい国が経済大国と呼ばれる。現在、経済大国と呼ばれる国は、アメリカ合衆国、中華人民共和国、日本国、ドイツ連邦共和国などである。経済大国 フレッシュアイペディアより)

  • ルクセンブルク

    ルクセンブルクから見たGDP国内総生産

    IMFの統計によると、2010年のルクセンブルクのGDPは524億ドルであり、日本の青森県とほぼ同じ経済規模である。ルクセンブルク フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済史

    日本の経済史から見た国内総生産国内総生産

    以後も経済成長は続き、1960年に池田内閣が発表した、所得を10年間で2倍にするという所得倍増計画が7年間という短期間で達成された。さらに1968年には、西ドイツを抜きGDPベースで世界第2位となった。この1965年から1970年の間は好景気が続き、当時戦後最長を記録した。この好景気は神武景気や岩戸景気を超える好景気だという意味を込め「いざなぎ景気」と呼ばれた。日本の経済史 フレッシュアイペディアより)

553件中 21 - 30件表示

「国内総生産」のニューストピックワード