553件中 31 - 40件表示
  • 製造業

    製造業から見た国内総生産国内総生産

    製品を生産するためには原材料や機械設備などを必要とするため、ある製品の生産が増加した場合、製品に関連する他の産業の生産活動にも影響を与える(波及効果)。この傾向は、自動車のように大量の部品、大規模な工場を必要とする製品において顕著となる。さらにこれらの産業による設備投資は乗数効果を通じて総需要を増大させる。国内総生産 (GDP) に占める割合は第三次産業の方が高いにもかかわらず、製造業の動きが景気に影響を与えるのは、波及効果が大きいためである。製造業 フレッシュアイペディアより)

  • アベノミクス

    アベノミクスから見たGDP国内総生産

    アベノミクスに類する経済議論は既に1990年代後半から始まっていた。日本経済は1990年代初頭にバブル崩壊を経験して以来、その後の消費税率3%から5%への増税など緊縮財政の結果として名目GDPの成長不全に陥っていた。1990年代後半には、ノーベル経済学賞受賞者であるポール・クルーグマンは日本が流動性の罠に陥っている可能性を指摘しつつも、日本経済を回復軌道にのせるための手段として、極めて初歩的ではあるが、お金を大量に刷ること(Print lots of money)で民間需要増加に努めるべきと論じた。具体的には日本銀行が長期国債を買うことであるが、日本銀行が多額の日本国債を買い取ることに起因するインフレーションについては「人々の消費がその経済の生産能力(供給力)を超える状態のときに限り、紙幣増刷由来のインフレが発生する」と述べる。というのも流動性の罠に陥っている状況では、IS-LM分析でLM曲線がY-r平面でフラットになっているためにマネタリーベースの増加が実質金利上昇を喚起しないからである。ここでクルーグマンは、そのような中央銀行のインフレ期待政策は長期にわたって続けねばならないとも述べていた。アベノミクス フレッシュアイペディアより)

  • 経済成長

    経済成長から見た国内総生産国内総生産

    経済規模の計測は、一般的に国内総生産 (GDP) を用いて行う。経済成長 フレッシュアイペディアより)

  • 乗数効果

    乗数効果から見た国内総生産国内総生産

    今外国との輸出入がないとすれば、一国全体の総消費Yは家計の支出Cと政府の支出Gと企業の投資支出Iの総和になる(所得恒等式):乗数効果 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見た国内総生産国内総生産

    2009年の予算は118億ドルでこれは世界第19位、国内総生産(GDP)の2%弱を占める。1989年の民主化後もソ連から購入していた装備を引き継いだが、自国を含む北大西洋条約機構(NATO)同盟国で製造される最新装備への完全転換を急いでいる。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た国内総生産国内総生産

    とりわけ、2004年の10月-12月期の実質 GDP 成長率(前年比 + 6.7 %)に占める個人消費の寄与度が + 6.2 % に達するなど、個人消費はロシアの経済成長にとって大きな原動力となっている。その背景には、原油価格の上昇による石油関連企業の業績の向上が、雇用・所得環境の改善に繋がっている事が挙げられ、加えてモスクワなど都市部におけるライフスタイルの欧米化(自動車や電化製品などの浸透)の流れも影響しているとみられている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • 財政政策

    財政政策から見た国内総生産国内総生産

    歳出面からの財政政策は公共投資が軸になる。公共投資を増やしたり減らしたりすることで、経済成長を促進したり抑制したりすることが出来る。経済が不況に陥った場合には、建設国債の発行によって公共事業費を増額することが行われてきたが、これによって公的固定資本形成が増えて直接国内総生産が増加するだけでなく、乗数効果によって民間消費や設備投資が増加するので、当初の公的固定資本形成額の増加以上に国内総生産 (GDP) が増加する場合がある。一方、緊縮財政政策は支出を大幅に減らし歳出の規模を縮小する政策で財政危機などにより取られることがあるが、失業率が上昇する側面もある。財政政策 フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たGDP国内総生産

    アルゼンチン共和国(アルゼンチンきょうわこく、)、通称アルゼンチンは、南アメリカ南部に位置する連邦共和制国家である。西と南にチリ、北にボリビア・パラグアイ、北東にブラジル・ウルグアイと国境を接し、東と南は大西洋に面する。ラテンアメリカではブラジルに次いで2番目に領土が大きく、世界全体でも第8位の領土面積を擁する。首都はブエノスアイレス。2009年のGDPは約3100億ドル(約27兆円)であり、神奈川県よりやや小さい経済規模である。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • 2011年

    2011年から見た国内総生産国内総生産

    シンガポールの通商産業省が、2010年の国内総生産(GDP)成長率を、過去最高の14.7%(推計値)と発表。2011年 フレッシュアイペディアより)

  • 香港

    香港から見た国内総生産国内総生産

    国際通貨基金の統計によると、2011年のGDPは2433億米ドルであり、埼玉県とほぼ同じ経済規模である。2011年の一人当たりのGDPは3万4048米ドルである。香港 フレッシュアイペディアより)

553件中 31 - 40件表示

「国内総生産」のニューストピックワード