778件中 51 - 60件表示
  • イランの経済

    イランの経済から見た国内総生産国内総生産

    21世紀初頭、各部門が国内総生産に占める割合はサービス部門が最大で、工業(鉱業、製造業)、農業が続く。政府予算のおよそ45%は石油および天然ガスの収益により、31%が税および料金収入である。2007年、国内総生産は為替レート(MER)で2,940億ドル、購買力平価(PPP)で7,529億ドル、購買力平価で一人あたり10,623ドルであった。またイラン経済においてはインフォーマル・セクターも重要である。以上の数字と多角化はされても未だ小さな産業基盤であることを理由として、国際連合はイラン経済を中進国に分類している。イランの経済 フレッシュアイペディアより)

  • イスラエル

    イスラエルから見た国内総生産国内総生産

    IMFの統計によると、2011年のイスラエルのGDPは2,582億ドル(約20兆円)で、埼玉県とほぼ同じ経済規模である。一人当たりの名目GDPは37,222.38米ドル(2015年)で、36,221.81ドルの日本より高い。イスラエルはOECD加盟国であり、いわゆる先進国である。貿易収支は慢性的な赤字となっている。また、イスラエルは中東のシリコンバレーとも呼ばれ、インテルやマイクロソフトなどの世界的に有名な企業の研究所が軒を連ねる。大企業は少ないがベンチャー企業は多いことでも知られ、失敗を恐れない起業家精神に富んだイスラエルの国民性が影響していると考えられている。イスラエル フレッシュアイペディアより)

  • リトアニア

    リトアニアから見た国内総生産国内総生産

    国連の分類によれば、リトアニアは平均所得の高い国に位置づけられており、鉄道、空港、4車線の高速道路などの近代的なインフラが整備されている。しかしそれでもリトアニアの所得水準は欧州連合 (EU) に2004年の拡大前から加盟していた国よりも低く、IMFのデータによれば、リトアニアの1人あたりのGDP(為替ベース)はEU加盟27か国平均の半分ほどの15,649ドルにとどまる(2013年)。こうした低所得が要因となり、2004年のEU加盟時には所得の高い国への移住が増加した。リトアニア フレッシュアイペディアより)

  • 東京都

    東京都から見た国内総生産国内総生産

    世界第3位の経済大国の中心として、日本経済のみならず、世界経済でも大きな地位を占めている。2014年度の都内総生産は約93兆円であり、日本の国内総生産の20%近くを占めている。東京都を中心とした首都圏はニューヨーク都市圏などを上回り、世界最大の経済規模を有する都市圏である。フォーブス・グローバル2000においては、世界レベルの大企業本社数がニューヨークやロンドンなどを上回り、世界で最も多い都市と評価された。2017年の調査によると、世界5位の金融センターであり、アジアの都市では香港とシンガポールに次ぐ3位である。東京都 フレッシュアイペディアより)

  • アジアインフラ投資銀行

    アジアインフラ投資銀行から見た国内総生産国内総生産

    当初予定では、資本金は当初500億ドル、最終的には1千億ドルとし、出資の約75%はアジア域内、残り約25%をアジア域外のヨーロッパなどに割り当て、経済規模に応じて個別の出資比率を決めようとしていた。出資比率について、国内総生産(GDP)を基準にすると、中国の比率が4割近くに突出するが、中国と対等になりたいインドなどが別基準も織り込むよう要求。アジアインフラ投資銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 金融政策

    金融政策から見たGDP国内総生産

    金融政策とは、国内信用を中央銀行の裁量によって拡大ないし縮小させることであり、国内信用の拡大とは金融緩和であり、縮小とは金融引き締めにほかならない。金融政策の具体的な手段には、公開市場操作と金利操作がある。金融緩和によって、金融緩和→利子率低下→投資・消費の拡大→GDPの増大といったメカニズムが働く。金融政策 フレッシュアイペディアより)

  • スプリト

    スプリトから見た国内総生産国内総生産

    1945年から1990年の間、スプリトは全体的に生まれ変わって拡大し、半島全体を市域に含めた。同じ時代(黄金時代とされている)、GDPと雇用率は現在より遙かに高く、ユーゴ最大の都市の一つであった。スプリト フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮民主主義人民共和国

    朝鮮民主主義人民共和国から見た国内総生産国内総生産

    「先軍政治」を掲げ、周辺諸国からの脅威に備えるため軍備拡充に力を入れている。過去数十年にわたり国防のために朝鮮人民軍に莫大な資源をつぎ込み、世界で5番目に大きい100万人を超える軍隊を有し、国内総生産 (GDP) に占めるその比率が高い。推定軍事費 (CIA) 年間6000億円のうち4000億円強を核兵器・ミサイルに集中配分している。また近年ではサイバー攻撃にも力を入れており、朝鮮人民軍偵察総局を主軸にサイバー司令部を設置し、朝鮮労働党や国防委員会傘下のハッキング専用組織に1700人あまりのサイバー攻撃要員を擁し、関連機関の4200人もサイバー攻撃に動員できるという。一方で、通常兵器は旧式の上、財政難のため、戦闘機や戦車の訓練用燃料すら確保が難しいとされており、兵器の性能、兵の練度ともに大韓民国国軍との差は歴然と考えられている。世界最大規模の特殊部隊とアメリカ陸軍45万の2倍の90万の兵力の歩兵主体の地上軍を持ち、散開・分散が必要な核戦争に特化した構成となっている。朝鮮民主主義人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 域内総生産順リスト

    域内総生産順リストから見た国内総生産国内総生産

    世界の都市あるいは日本の都市の域内総生産(GRP、Gross Regional Product)の値について、2015年1月にブルッキングス研究所、2009年11月にプライスウォーターハウスクーパース、2015年10月に東京大学空間情報科学研究センターより公表された値を大きい順に並べたものである。域内総生産順リスト フレッシュアイペディアより)

  • アベノミクス

    アベノミクスから見た国内総生産国内総生産

    1997年4月1日、第2次橋本内閣は、3年前の1994年11月25日に村山内閣が成立させた税制改革関連法案に基づき、消費税率を3%から5%に引き上げた。ところが元来財政再建のための増税であったはずが、翌1998年度の一般会計税収は前年度比4.5兆円減少し、増税前の1996年には3.1%を記録した経済成長率も1998年には前年度比2.2%低下してマイナス成長に転じる結果となった。しかもその後の小渕内閣の緊急経済対策と重なって、国債発行額は18.5兆円(1997年)から翌1998年以降、30兆円超へと一気に倍増した。1997年までは増加し続けていた年間平均賃金も、消費税率の5%への引き上げを契機に、名目GDPよりも急速な減少に転じた。アベノミクス フレッシュアイペディアより)

778件中 51 - 60件表示

「国内総生産」のニューストピックワード