29件中 11 - 20件表示
  • 国内総生産

    国内総生産から見た国民総生産

    原則として国内総生産には市場で取引された財やサービスの生産のみが計上される。このため、家事労働やボランティア活動などは国内総生産には計上されない。この点は、国民総生産でも同じである。こうした取り扱いの例外として、持ち家の家賃など帰属計算が行われるものがある(国民経済計算の帰属家賃の説明を参照)。また今期新たに生産されたのでない財(例:古美術品)の取引、最終財の原材料となる中間財の取引は算入されない。国内総生産 フレッシュアイペディアより)

  • 国内総生産

    国内総生産から見た原油価格

    このため1990年代末から2000年代初頭にかけて、日本経済で物価の下落が続くデフレーションが続いているのかどうかを判断する際に、GDPデフレーターを使うことが適切であるかどうかについては見解が分かれた。下落が続いていた消費者物価指数は、2005年初めから下落幅が縮小し、その年の10月には前年同月比がゼロとなって、11月以降は上昇が続いた。このことには原油価格の上昇による影響がかなりあったため、GDPデフレーターは前年比で1%以上の下落が続いていた。量的緩和政策の解除時期を巡って、緩和策の継続を望む政府と早期解除を望む日本銀行の間で議論が起こり、政府はGDPデフレーターがデフレであるとして量的緩和政策の解除に対しては慎重な姿勢をみせた。しかし、現実に上昇している消費者物価と企業物価を無視し、GDPデフレーターのみによって、「物価は上昇してるいるがインフレでない」と主張することはきわめて詭弁的である。GDPデフレーターはあくまで名目GDPを実質GDPで割った数値にすぎず、現実の物価が上がっていることを否定できるものでない。国内総生産 フレッシュアイペディアより)

  • 国内総生産

    国内総生産から見た中華人民共和国

    国内総生産が一国内において生産された付加価値額を表すのに対し、域内総生産 (Gross Regional Product) は都市圏や経済圏、州や県など、一定の地域内で生産された付加価値額を表す。域内総生産には中央政府が行う生産が含まれない場合もあり、全国の域内総生産を合計しても、必ず国内総生産と一致するとは限らない(日本の経済産業省が公表している地域間産業連関表のように、不整合を項目として設ける等の調整を行わない限り、全国計と一致することの方が珍しい。例えば中華人民共和国の各省の域内総生産を合計すると、国内総生産よりも大きな値となる)。国内総生産 フレッシュアイペディアより)

  • 国内総生産

    国内総生産から見たグリーンGDP

    グリーンGDPとは、従来のGDPから天然資源の減少分を引いたもの。詳細は当該項目参照。国内総生産 フレッシュアイペディアより)

  • 国内総生産

    国内総生産から見た経済成長率

    国内総生産はストックに対するフローをあらわす指標であり、経済を総合的に把握する統計である国民経済計算の中の一指標で、GDPの伸び率が経済成長率に値する。国内総生産 フレッシュアイペディアより)

  • 国内総生産

    国内総生産から見た日本

    日本の国内総生産(実質GDPと名目GDP、GDPデフレーター増加率)の経年変化。国内総生産 フレッシュアイペディアより)

  • 国内総生産

    国内総生産から見た経済

    国内総生産はストックに対するフローをあらわす指標であり、経済を総合的に把握する統計である国民経済計算の中の一指標で、GDPの伸び率が経済成長率に値する。国内総生産 フレッシュアイペディアより)

  • 国内総生産

    国内総生産から見た国の国内総生産の動態

    国の国内総生産の動態(全ての国・地域対象)国内総生産 フレッシュアイペディアより)

  • 国内総生産

    国内総生産から見たインフレーション

    従ってGDPデフレーターがプラスであればインフレーション、マイナスであればデフレーションとみなせる。国内総生産 フレッシュアイペディアより)

  • 国内総生産

    国内総生産から見た付加価値

    国内総生産(こくないそうせいさん、Gross Domestic Product、GDP)とは、一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額のことである。国内総生産 フレッシュアイペディアより)

29件中 11 - 20件表示

「国内総生産」のニューストピックワード