73件中 11 - 20件表示
  • 国営ひたち海浜公園

    国営ひたち海浜公園から見たコスモス

    ひたちなか市内で最も高い丘。春はネモフィラ、秋はコスモス、コキア(ホウキグサ)などが一面を覆い、園内や太平洋を一望できる。国営ひたち海浜公園 フレッシュアイペディアより)

  • 国営ひたち海浜公園

    国営ひたち海浜公園から見た東日本大震災

    2011年(平成23年)3月11日 - 東日本大震災の影響で施設破損が相次ぎ、4月8日まで休園。4月9日より部分開園し、4月19日より一部を除き全面開園に戻る国営ひたち海浜公園 フレッシュアイペディアより)

  • 国営ひたち海浜公園

    国営ひたち海浜公園から見たひたちなか海浜鉄道湊線

    また、ひたちなか市ではひたちなか海浜鉄道湊線を公園付近まで延伸する計画を立てている。国営ひたち海浜公園 フレッシュアイペディアより)

  • 国営ひたち海浜公園

    国営ひたち海浜公園から見た東水戸道路

    東京・宇都宮方面からは、常陸那珂有料道路ひたち海浜公園ICが最寄りである。東水戸道路ひたちなかIC付近に本線料金所があり、通行料が徴収される。海浜口の場合は常陸那珂港ICが最寄である。国営ひたち海浜公園 フレッシュアイペディアより)

  • 国営ひたち海浜公園

    国営ひたち海浜公園から見たチューリップ

    茨城県内における花の名所の1つでもあり、4月頃のスイセン・チューリップ、5月頃のネモフィラ、10月頃のコキア(ホウキグサ)などの時期には、キャンペーンイベントも行われる。国営ひたち海浜公園 フレッシュアイペディアより)

  • 国営ひたち海浜公園

    国営ひたち海浜公園から見たコミュニティバス

    勝田駅・那珂湊駅・阿字ヶ浦駅などからコミュニティバス「スマイルあおぞらバス」。各方面本数は少ないが、運賃は一律100円である。国営ひたち海浜公園 フレッシュアイペディアより)

  • 国営ひたち海浜公園

    国営ひたち海浜公園から見たサイクリング

    公園は7つのエリアに分かれており、その中に個々のアトラクションが設置されている。アトラクション間にはサイクリングコースが整備され、広大な敷地を自由に行き来することができる。また、主要なアトラクション間を結ぶシャトルバス、「シーサイドトレイン」もある。国営ひたち海浜公園 フレッシュアイペディアより)

  • 国営ひたち海浜公園

    国営ひたち海浜公園から見た里山

    アカマツとクロマツを中心とした里山。池ではカワセミなどを観察することができる。国営ひたち海浜公園 フレッシュアイペディアより)

  • 国営ひたち海浜公園

    国営ひたち海浜公園から見た常磐自動車道

    いわき方面からは、常磐自動車道の日立南太田IC・東海スマートIC・那珂ICを利用する。国営ひたち海浜公園 フレッシュアイペディアより)

  • 国営ひたち海浜公園

    国営ひたち海浜公園から見た高速バス

    高速バスは、東京駅八重洲南口からの勝田・東海線(茨城交通)と宇都宮駅からの北関東ライナー(茨城交通、関東自動車)が「海浜公園西口」または「海浜公園入口」に停車する。国営ひたち海浜公園 フレッシュアイペディアより)

73件中 11 - 20件表示