73件中 61 - 70件表示
  • 国営ひたち海浜公園

    国営ひたち海浜公園から見た太平洋

    ひたちなか市内で最も高い丘。春はネモフィラ、秋はコスモス、コキア(ホウキグサ)などが一面を覆い、園内や太平洋を一望できる。国営ひたち海浜公園 フレッシュアイペディアより)

  • 国営ひたち海浜公園

    国営ひたち海浜公園から見たハマナス

    小高い丘。春はヒメズイやホタルブクロ、夏はハマナス、秋はメキシカンブッシュセージが見られる。国営ひたち海浜公園 フレッシュアイペディアより)

  • 国営ひたち海浜公園

    国営ひたち海浜公園から見た本線料金所

    東京・宇都宮方面からは、常陸那珂有料道路ひたち海浜公園ICが最寄りである。東水戸道路ひたちなかIC付近に本線料金所があり、通行料が徴収される。海浜口の場合は常陸那珂港ICが最寄である。国営ひたち海浜公園 フレッシュアイペディアより)

  • 国営ひたち海浜公園

    国営ひたち海浜公園から見た日立南太田インターチェンジ

    いわき方面からは、常磐自動車道の日立南太田IC・東海スマートIC・那珂ICを利用する。国営ひたち海浜公園 フレッシュアイペディアより)

  • 国営ひたち海浜公園

    国営ひたち海浜公園から見たアメリカ軍

    この地域は、1938年(昭和13年)に水戸陸軍飛行学校、大日本帝国陸軍水戸飛行場(前渡飛行場)が建設され、第二次世界大戦後の1946年(昭和21年)6月には、アメリカ軍水戸射爆撃場として利用されていた。その広大な跡地は、1973年(昭和48年)3月15日に日本国政府に返還され「首都圏整備計画」の一環として整備されたものである。国営ひたち海浜公園 フレッシュアイペディアより)

  • 国営ひたち海浜公園

    国営ひたち海浜公園から見たひたちなかインターチェンジ

    東京・宇都宮方面からは、常陸那珂有料道路ひたち海浜公園ICが最寄りである。東水戸道路ひたちなかIC付近に本線料金所があり、通行料が徴収される。海浜口の場合は常陸那珂港ICが最寄である。国営ひたち海浜公園 フレッシュアイペディアより)

  • 国営ひたち海浜公園

    国営ひたち海浜公園から見た東海パーキングエリア

    いわき方面からは、常磐自動車道の日立南太田IC・東海スマートIC・那珂ICを利用する。国営ひたち海浜公園 フレッシュアイペディアより)

  • 国営ひたち海浜公園

    国営ひたち海浜公園から見たカワセミ

    アカマツとクロマツを中心とした里山。池ではカワセミなどを観察することができる。国営ひたち海浜公園 フレッシュアイペディアより)

  • 国営ひたち海浜公園

    国営ひたち海浜公園から見たJR東日本E653系電車

    JR東日本E653系電車(2013年3月までフレッシュひたちで使用) - 5色のうち、イエロージョンキルの帯の2編成(K303,K306編成)は当公園のスイセンをモチーフにしたカラーリングである。国営ひたち海浜公園 フレッシュアイペディアより)

  • 国営ひたち海浜公園

    国営ひたち海浜公園から見た仙台陸軍飛行学校

    この地域は、1938年(昭和13年)に水戸陸軍飛行学校、大日本帝国陸軍水戸飛行場(前渡飛行場)が建設され、第二次世界大戦後の1946年(昭和21年)6月には、アメリカ軍水戸射爆撃場として利用されていた。その広大な跡地は、1973年(昭和48年)3月15日に日本国政府に返還され「首都圏整備計画」の一環として整備されたものである。国営ひたち海浜公園 フレッシュアイペディアより)

73件中 61 - 70件表示