前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
450件中 1 - 10件表示
  • 官吏

    官吏から見た国家公務員国家公務員

    日本国憲法の下では公務員または国家公務員を指す(日本国憲法7条5号、73条4号)。(高級官吏および各国の官吏については官僚の項目を参照のこと。)官吏 フレッシュアイペディアより)

  • 公安調査官

    公安調査官から見た国家公務員国家公務員

    公安調査官(こうあんちょうさかん)とは、日本の公安調査庁に所属する国家公務員(公安職)で、破壊活動防止法や無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律に基づいて、暴力主義的破壊活動を行う危険性のある団体について情報収集(諜報活動)し、調査の結果、規制の必要があると認められる場合には、団体の解散や取締り等を行うことを職務とする。公安調査官 フレッシュアイペディアより)

  • 公務員庁

    公務員庁から見た国家公務員国家公務員

    公務員庁(こうむいんちょう)とは、「国家公務員の総人件費2割削減」という第45回衆議院議員総選挙における民主党のマニフェストに記載された政策を実現するために、民主党の地域主権・規制改革研究会による提言に基づいて第22回参議院議員通常選挙のマニフェストに記載され、その半年後に政府の国家公務員制度改革推進本部が民主党の公務員制度改革・総人件費改革プロジェクトチーム(PT)に提示した改革案に盛り込まれた、新設の内閣府外局の仮称。公務員庁 フレッシュアイペディアより)

  • 天下り

    天下りから見た国家公務員国家公務員

    2004年8月31日の閣議決定によれば、中央省庁の斡旋や仲介で民間企業に再就職した国家公務員は2003年までの5年間で3,027人にのぼっている。省庁別では、国土交通省の911人をトップに法務省629人、総務省313人、文部科学省261人、財務省251人、農林水産省245人、警察庁127人、防衛庁85人、会計検査院64人、経済産業省46人、人事院29人、公正取引委員会23人、厚生労働省19人、宮内庁17人、内閣府3人、外務省2人、内閣官房・金融庁0人であった。天下り フレッシュアイペディアより)

  • 国民年金不正免除問題

    国民年金不正免除問題から見た国家公務員国家公務員

    社会保険事務所の職員は、以前は国が任命する国家公務員であるが都道府県知事が指揮監督するという地方事務官だった。このため、各都道府県ごとに閉鎖的な人事が行われ、一体性に欠いた組織であり、ガバナンスの不足した組織だった。国民年金不正免除問題 フレッシュアイペディアより)

  • 勤務評定

    勤務評定から見た国家公務員国家公務員

    国家公務員の勤務評定については、国家公務員法に基づいて制定された人事院規則一〇?二(勤務評定制度)により勤務評定が行われる。勤務評定 フレッシュアイペディアより)

  • 専門調査員

    専門調査員から見た国家公務員国家公務員

    専門調査員の身分は、外務大臣からの委嘱を受けた民間の専門家であるとされており、国家公務員・外務職員ではないが、派遣にあたっては公用旅券が発行され、派遣先国において外交官に準じて接受される。専門調査員 フレッシュアイペディアより)

  • 国会職員法

    国会職員法から見た国家公務員国家公務員

    国会職員法(こっかいしょくいんほう、昭和22年4月30日法律第85号)は、国会に勤務する職員(国会職員)について、国会の独立性の観点から、一般の国家公務員を規定した国家公務員法とは別に規定した日本の法律である。国会職員法 フレッシュアイペディアより)

  • 恩給

    恩給から見た国家公務員国家公務員

    近代恩給制度は1875年の海軍退隠令及び1876年陸軍恩給令に始まり、1883年には文官恩給令が制定され、同時に太政官に恩給局が設置された。この他にも1882年には警察官、1890年には教員に関する恩給制度が制定されているが、当初は部署によってバラバラに恩給制度が制定されたために複雑になってしまった。そのため、1923年に恩給法が制定され、制度の一本化が図られた。同法では複雑な恩給の体系を普通恩給・増加恩給・一時恩給・傷病賜金・扶助料・一時扶助料に整理してその総称として恩給と規定した。また、「公務員及之ニ準スヘキ者並其ノ遺族ハ本法ノ定ムル所ニ依リ恩給ヲ受クルノ権利ヲ有ス」(第1条)とする恩給権の概念が形成された。ただし、一部(官業部門など)に恩給の対象外の政府職員がおり、その該当者に対しては官業共済組合が組織され、後に社会保険制度理念を基軸とする各種共済組合制度の元となった。だが、昭和初期の不況の中で恩給が保証された公務員に対する批判(「恩給亡国論」)に対して1933年の恩給法の改正が行われて恩給支給の抑制が図られた。戦後、連合国軍総司令部の意向によって、軍人恩給の停止などの恩給法の改正が強行されたが、独立回復後に復活した。その後、公務員共済制度に移行(国家公務員は1958年、地方公務員は1962年)したため、恩給法は移行時点で既に退職していた公務員(旧軍人・軍属を含む)を対象とする法令となった。恩給 フレッシュアイペディアより)

  • 司法修習

    司法修習から見た国家公務員国家公務員

    司法修習生は、司法試験合格者から最高裁判所がこれを命ずる(裁判所法66条1項)。身分は公務員ではないが、国家公務員に準じた地位を有する(かつて、2011年以前は給与も支払われていた)ため、守秘義務・修習専念義務を負い、副業・アルバイトは許されないとされている。行状が品位を辱めるものと認めるとき、その他最高裁の定める事由があると認めるときは、罷免される(裁判所法68条)。準公務員であるため最高裁は日本人に限るとする国籍条項を設けていたが、1977年以降は在日外国人の合格者が入所を希望した場合には「相当と認めるものに限り、採用する」との方針を示した上で日本国法令に従う旨の文書による誓約を求めていたが、2009年11月からこの制限は撤廃された(司法試験受験について国籍条項はない)。司法修習 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
450件中 1 - 10件表示

「国家公務員の不祥事」のニューストピックワード