570件中 131 - 140件表示
  • 打田峻一

    打田峻一から見た国家公務員国家公務員

    打田 峻一(うちだ しゅんいち、1909年 - )は、日本の法学者・弁護士・元国家公務員。専修大学名誉教授。多数の門下生(研究者)を育てる。打田峻一 フレッシュアイペディアより)

  • 期間雇用社員 (日本郵政)

    期間雇用社員 (日本郵政)から見た国家公務員国家公務員

    かつて非正規採用職員の雇用は、旧郵政省時代は主に夏季ならびに年末年始にのみの場合が多かったのだが、1990年代以降においては業績悪化の影響もあり、正規職員(現在の正社員)の採用抑制や人員削減などによって、非正規採用職員(期間雇用社員)の採用が増えており、近年では通年にわたって勤務する非正規採用社員も多い(約6割以上を占める)。身分は国営であった2007年9月末日まで、「非常勤国家公務員」であった。期間雇用社員 (日本郵政) フレッシュアイペディアより)

  • 風岡典之

    風岡典之から見た国家公務員国家公務員

    1968年(昭和43年)9月12日 - 国家公務員採用上級甲種試験(区分:法律)合格風岡典之 フレッシュアイペディアより)

  • 全権委員

    全権委員から見た国家公務員国家公務員

    日本においては、全権委員は、日本国政府を代表して、特定の目的をもって外国政府と交渉し、又は国際会議に参加し且つ条約に署名調印する権限を付与された者であり、特別職の国家公務員かつ外務公務員である。なお、特命全権大使や特命全権公使は、全権委員としての資格を有しており、条約に署名調印する権限を付与されている。全権委員 フレッシュアイペディアより)

  • 特命全権公使

    特命全権公使から見た国家公務員国家公務員

    日本の場合、特命全権公使は在外公館たる公使館の長(在外公館長)であり、特別職の国家公務員かつ外務公務員である。しかし、1967年に日本国公使館は全て大使館に昇格しているので、このような意味での特命全権公使は存在しない。現在では、大使館の次席館員を単に「公使」()と呼び、そのうち年次が一番上の数名に「特命全権公使」の名称を付与している(従って、特命全権公使が配置されている大使館は年によって異なる)。特命全権公使 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣危機管理監

    内閣危機管理監から見た国家公務員国家公務員

    内閣官房長官及び内閣官房副長官を助け、命を受けて内閣官房の事務のうち危機管理(国民の生命、身体又は財産に重大な被害が生じ、又は生じるおそれがある緊急の事態への対処及び当該事態の発生の防止をいう)に関するもの(国の防衛に関するものを除く)を統理することを職務とする。内閣官房副長官に準ずる特別職の国家公務員であり、内閣総理大臣の申出により内閣において任免される。内閣危機管理監 フレッシュアイペディアより)

  • 島根あさひ社会復帰促進センター

    島根あさひ社会復帰促進センターから見た国家公務員国家公務員

    職員:刑務官(国家公務員)約200人、民間社員約300人島根あさひ社会復帰促進センター フレッシュアイペディアより)

  • 参与官

    参与官から見た国家公務員国家公務員

    戦後になって「政務次官の臨時設置に関する法律」(昭和23年法律第26号附則第5条)により廃止され、以後平成13年(2001年)の中央省庁再編まで、大臣・政務次官・大臣秘書官以外の各省庁の官職は原則として職業公務員によって占められることになった。参与官 フレッシュアイペディアより)

  • 行政改革推進本部事務局

    行政改革推進本部事務局から見た国家公務員国家公務員

    国民本意の行政改革や国家公務員制度の改革、行財政の管理、独立行政法人のあり方等を総合的かつ積極的に推進するため行政改革推進本部を設置した。民主党政権下では行政改革推進本部や規制改革会議は廃止され、事務は全て内閣府の行政刷新会議に移された。行政改革推進本部事務局 フレッシュアイペディアより)

  • 病気休暇

    病気休暇から見た国家公務員国家公務員

    国家公務員においては、「一般職の職員の勤務時間、休暇等に関する法律」(平成6年6月15日法律第33号)の第16条において、「職員の休暇は、年次休暇、病気休暇、特別休暇及び介護休暇とする。」、および、第18条において、「病気休暇は、職員が負傷又は疾病のため療養する必要があり、その勤務しないことがやむを得ないと認められる場合における休暇とする。」と規定している。病気休暇 フレッシュアイペディアより)

570件中 131 - 140件表示

「国家公務員の不祥事」のニューストピックワード