570件中 21 - 30件表示
  • 予備自衛官

    予備自衛官から見た国家公務員国家公務員

    予備自衛官(よびじえいかん、)とは、自衛隊(陸上・海上・航空)が予備要員として任用している非常勤の自衛官のこと及びその官名。特に予備自衛官の官職または官職にある者をいう。非常勤国家公務員として、有事・訓練等の際に召集され、自衛隊における各任務に就けられる。一般の軍隊における予備役、大日本帝国海軍における予備員制度等に相当する。予備自衛官 フレッシュアイペディアより)

  • 皇宮護衛官

    皇宮護衛官から見た国家公務員国家公務員

    皇宮護衛官(こうぐうごえいかん)とは、国家公務員の官職の一つ。警察庁の公安職の職員として、警察庁の附属機関である皇宮警察本部に所属する。特別司法警察職員であり、警察官ではない。皇宮護衛官 フレッシュアイペディアより)

  • 造幣局 (日本)

    造幣局 (日本)から見た国家公務員国家公務員

    独立行政法人造幣局(ぞうへいきょく)は、硬貨の製造、勲章・褒章及び金属工芸品等の製造、地金・鉱物の分析及び試験、貴金属地金の精製、貴金属製品の品位証明(ホールマーク)などの事業を行う日本の行政執行法人である独立行政法人である。そのため、職員の身分は国家公務員である。造幣局 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 天下り

    天下りから見た国家公務員国家公務員

    2004年8月31日の閣議決定によれば、中央省庁の斡旋や仲介で民間企業に再就職した国家公務員は2003年までの5年間で3,027人にのぼっている。省庁別では、国土交通省の911人をトップに法務省629人、総務省313人、文部科学省261人、財務省251人、農林水産省245人、警察庁127人、防衛庁85人、会計検査院64人、経済産業省46人、人事院29人、公正取引委員会23人、厚生労働省19人、宮内庁17人、内閣府3人、外務省2人、内閣官房・金融庁0人であった。天下り フレッシュアイペディアより)

  • 農林水産省

    農林水産省から見た国家公務員国家公務員

    2011年度以降の農林水産省が主管する独立行政法人は農林水産消費安全技術センター、家畜改良センター、農業・食品産業技術総合研究機構、森林研究・整備機構、水産研究・教育機構、国際農林水産業研究センター、農畜産業振興機構、農業者年金基金および農林漁業信用基金の9法人である。ほかに、水資源機構、土木研究所、北方領土問題対策協会および国際協力機構の4法人を他省と共管する。たとえば、水資源機構については、水路事業部の事業を厚生労働省・経済産業省・国土交通省と共に所管する。農林水産消費安全技術センターは行政執行法人であり、職員は国家公務員の身分を有する。農林水産省 フレッシュアイペディアより)

  • 農業工学

    農業工学から見た国家公務員国家公務員

    国家公務員採用I種試験において、「農学II(農業工学系)」は、農業工学を学んだ者を主な対象とする試験の区分である。国家公務員採用II種試験においては、「農業土木」が農業工学、なかでも農業土木学を学んだ者を主な対象とする試験の区分である。農業工学 フレッシュアイペディアより)

  • 国務大臣

    国務大臣から見た国家公務員国家公務員

    国務大臣(國務大臣.こくむだいじん)とは、日本国の内閣の構成員を指す。閣僚(かくりょう)、閣員(かくいん)とも言われる特別職国家公務員である。国務大臣 フレッシュアイペディアより)

  • 就職活動

    就職活動から見た国家公務員国家公務員

    国家公務員・地方公務員ともに、採用は原則として競争試験による。試験制度や採用までの流れについては、国家公務員の採用試験・地方公務員の採用試験を参照のこと。就職活動 フレッシュアイペディアより)

  • 日本年金機構

    日本年金機構から見た国家公務員国家公務員

    2006年(平成18年)1月25日の第164回国会の参議院本会議で、小泉内閣総理大臣は社会保険庁を2008年(平成20年)10月を目途に廃止し、公的年金と政管健保の運営を分離の上、それぞれ新たな組織を設置する等の解体的出直しを行うことを表明した。同年3月10日、小泉内閣は同国会に社会保険庁の廃止などを定めた「ねんきん事業機構法案」を提出したが、同法案は審議未了で廃案になった。なお、同法案においては「ねんきん事業機構」は厚生労働省の「特別の機関」(社会保険庁は厚生労働省の外局)とされ、職員の身分は国家公務員とされていた。日本年金機構 フレッシュアイペディアより)

  • 防衛省

    防衛省から見た国家公務員国家公務員

    単一の省としては最も多くの職員が在籍する行政機関であり、防衛省職員への給与は国家公務員給与費の4割以上を占める。2014年度の一般会計予算は4兆8837億5900万円である。2002年度(平成14年度)の4兆9345億円から2012年度(平成24年度)の4兆6453億円まで11年連続で減少を続けていたが、第2次安倍内閣の成立後は増額している。マークは“青い球(地球)を守るように抱える緑色のヒトの形の上半身”(自衛隊員を象徴)。防衛省 フレッシュアイペディアより)

570件中 21 - 30件表示

「国家公務員の不祥事」のニューストピックワード