570件中 51 - 60件表示
  • 文教研修施設

    文教研修施設から見た国家公務員国家公務員

    総務省 - 所掌事務に関する研修を行うほか、地方公務員に対する地方自治に関する高度の研修、国家公務員及び地方公務員に対する統計に関する研修を行う。文教研修施設 フレッシュアイペディアより)

  • 新しい霞ヶ関を創る若手の会

    新しい霞ヶ関を創る若手の会から見た国家公務員国家公務員

    特定非営利活動法人プロジェクトK(新しい霞ヶ関を創る若手の会)とは、日本の特定非営利活動法人(NPO法人)。霞ヶ関の構造改革を目指す若手国家公務員が結成した団体。2003年9月に最初の会合を開き、2005年12月に自らの提案する改革案をまとめ『霞ヶ関構造改革プロジェクトK』を出版した。2006年5月には無限責任中間法人として法人格を得る。結成以来、(1)改革案のブラッシュアップ作業、(2)現場プロジェクト、(3)発信(出版)プロジェクト、(4)架け橋プロジェクトなどを通じて、霞ヶ関改革を提言している。その後、2009年5月に内閣府認証の特定非営利活動法人となった。2010年11月に代表の朝比奈一郎が経済産業省を退職し、青山社中株式会社の代表取締役に就任したため、メンバーを一新する予定である。新しい霞ヶ関を創る若手の会 フレッシュアイペディアより)

  • 圏外です

    圏外ですから見た国家公務員国家公務員

    貴子にそっくり。左目の下に、小さな泣きぼくろがある。極めて多忙な国家公務員で、ふだんはアメリカ・ニューヨークに長期出張している。欧米文化に染まっているのか、やたらとスキンシップ(久々に会う貴子や右京を抱きしめる等)をしたがる。唯一、貴子が恐れる人物。圏外です フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道の歴史 (日本)

    鉄道の歴史 (日本)から見た国家公務員国家公務員

    戦争によって荒廃した鉄道の復興はこの頃ようやく軌道に乗り始めたが、国鉄の財政はインフレーションと復員兵・海外引揚者の雇用をさせられた関係などで極度に悪化しており、1948年(昭和23年)7月22日にはGHQのダグラス・マッカーサーから国の専売事業や国鉄などの政府事業を一般の国家公務員から除外し、事業運営を行うための公共企業体の設置を求める書簡が出された。それを受け、11月30日には「日本国有鉄道法」が国会を通過し、この時「公共企業体日本国有鉄道」が発足することになったのである。しかし政府の介入権が強いなど経営の自主性が薄く、それが後に財政破綻や労使紛争を引き起こす原因になった。また、「国鉄三大ミステリー事件」とされる下山事件・三鷹事件・松川事件が起きたのもこの年である。鉄道の歴史 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 検疫官

    検疫官から見た国家公務員国家公務員

    検疫官(けんえきかん)とは、主に空港、港湾等に付随する検疫所に勤務し、検疫法に基づいて検疫業務を担当する厚生労働省所属の職員(国家公務員)の官職名である。「検疫所長等服制」(昭和27年11月1日厚生省令第44号)によって制服・制帽および胸章(職名章)が定められており、貸与がなされている。検疫官 フレッシュアイペディアより)

  • 退官

    退官から見た国家公務員国家公務員

    退官とは官吏の職にある者が退職すること。おもに上級の国家公務員に用いられることが多い。かつては一般の公務員に対しても用いられる正式な法令上の用語であったが、現行の公務員法制の元では退職、辞職などといい下記の例外を除いて退官とは言わない。退官 フレッシュアイペディアより)

  • 記章

    記章から見た国家公務員国家公務員

    消防庁職員や都道府県・市町村防災担当職員など国家公務員及び地方公務員の職名章。記章 フレッシュアイペディアより)

  • 公務員等の懲戒免除等に関する法律

    公務員等の懲戒免除等に関する法律から見た国家公務員国家公務員

    第2条(国家公務員等の懲戒免除)公務員等の懲戒免除等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 国家公務員の留学費用の償還に関する法律

    国家公務員の留学費用の償還に関する法律から見た国家公務員国家公務員

    国家公務員の留学費用の償還に関し必要な事項を定めること等により、国家公務員の留学及びこれに相当する研修等について、その成果を公務に活用させるようにするとともに、国民の信頼を確保し、もって公務の能率的な運営に資することを目的としている。国家公務員の留学費用の償還に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 官庁訪問

    官庁訪問から見た国家公務員国家公務員

    官庁訪問では試験受験者(または合格者)を対象に業務説明のほか、実質的な採用面接が行われる。そのため、これへの参加は国家公務員として採用されるための大前提となっている。人事院が行う国家公務員試験とは異なり、各府省が独自に行うものである。各府省等はほしい人材を見つけ、受験者側は業務説明等により業務内容を知ることで互いのミスマッチをなくすのが目的といわれる。面接等の厳しさは職種(国家I種、国家II種等)や試験区分(事務系、技術系)で異なり、一般的に厳しさは国家I種>国家II種、事務系>技術系と言われている。官庁訪問 フレッシュアイペディアより)

570件中 51 - 60件表示

「国家公務員の不祥事」のニューストピックワード