570件中 71 - 80件表示
  • 行政職

    行政職から見た国家公務員国家公務員

    この試験区分は、試験科目と学歴や年齢によって分けられており、ごく一般化すると、国家公務員においてはI種・II種・III種、地方公務員においては上級・中級・初級という区分が行われている。国、地方どちらにおいても早い時期から困難な職務を担当させられることが多く、役職・給与などの昇進が早く、最終的に管理職などの上級ポストに達する可能性が高いのは大卒相当のI種・II種や上級であり、国家公務員においては、特に大卒の中でもごく少数の幹部候補生を採用するための試験区分であるI種合格者は「キャリア」と呼ばれる(これは機関によって様々な特殊事情や例外がある。詳しくはキャリアの項を参照)。行政職 フレッシュアイペディアより)

  • 勤務時間

    勤務時間から見た国家公務員国家公務員

    国家公務員の勤務時間については、一般職の職員の勤務時間、休暇等に関する法律(平成20年12月26日法律第49号)で規定されている。勤務時間 フレッシュアイペディアより)

  • 任官

    任官から見た国家公務員国家公務員

    任官(にんかん)とは、官職に任用されることをいう。古くは奈良時代の律令制導入の際より日本の官制において用いられた用語であり、今日の政府や国家機関等においても使用されている。今日では国家公務員の職、特に裁判官、検察官、自衛官(即応予備自衛官、予備自衛官を含む)、警察官、海上保安官、刑務官、労働基準監督官などに任ぜられる場合に用いられる。対義語は「免官」、「退官」。任官 フレッシュアイペディアより)

  • 労働契約

    労働契約から見た国家公務員国家公務員

    国家公務員及び地方公務員(労働契約法19条1項)労働契約 フレッシュアイペディアより)

  • 船員労務官

    船員労務官から見た国家公務員国家公務員

    船員労務官(せんいんろうむかん)とは、船員法および船員災害防止活動の促進に関する法律に基づき、船員の労働環境改善と労働災害防止のための業務を担当する国土交通省所属の職員(国家公務員)の官職名である。主に地方運輸局に勤務している。「船員労務官服制」(昭和59年7月28日運輸省令第24号)によって制服および胸章が定められており、貸与がなされている。船員労務官 フレッシュアイペディアより)

  • 社会保険審査会

    社会保険審査会から見た国家公務員国家公務員

    委員長、委員は特別職の国家公務員であり、委員長の俸給は月額105万5000円で厚生労働審議官、労働保険審査会会長、東宮大夫、大使2号俸、公使2号俸と同額、委員の俸給月額は93万1000円で労働保険審査会の常勤の委員、大使1号俸、公使1号俸と同額であり、内部部局の局長の俸給月額をわずかに上回る。社会保険審査会 フレッシュアイペディアより)

  • 勤務評定

    勤務評定から見た国家公務員国家公務員

    国家公務員の勤務評定については、国家公務員法に基づいて制定された人事院規則一〇?二(勤務評定制度)により勤務評定が行われる。勤務評定 フレッシュアイペディアより)

  • おとめ山公園

    おとめ山公園から見た国家公務員国家公務員

    第二次世界大戦後は国有地として荒れ果て、国家公務員住宅の建設予定地となっていた。「落合秘境」と呼ばれていたこの自然を残してほしいとする近隣住民の強い要望が実り、東京都が3年をかけて整備を行い、1969年7月1日に公園として開園した。開園と同時に新宿区に移管され、以後区立公園として現在に至っている。おとめ山公園 フレッシュアイペディアより)

  • 建設事務次官

    建設事務次官から見た国家公務員国家公務員

    建設事務次官(けんせつじむじかん)とは国家公務員における官職及び役職の一つ。建設省(現国土交通省)の事務方のトップ。建設院時代は建設院総務長官であった。建設事務次官 フレッシュアイペディアより)

  • 検査官

    検査官から見た国家公務員国家公務員

    検査官の身分は、特別職の国家公務員である。検査官 フレッシュアイペディアより)

570件中 71 - 80件表示

「国家公務員の不祥事」のニューストピックワード