570件中 81 - 90件表示
  • 人事委員会 (琉球政府)

    人事委員会 (琉球政府)から見た国家公務員国家公務員

    琉球政府公務員は、本土の国家公務員や地方公務員とは異なり、アメリカ流の職階制が完全実施されており、原則として何れかの職種・職級に分類されていた。職種・職級を定めるのも人事委員会の役目である。人事委員会 (琉球政府) フレッシュアイペディアより)

  • 琉球政府公務員

    琉球政府公務員から見た国家公務員国家公務員

    国家公務員の場合、国会職員や裁判所職員は職種に関係なく特別職であるが、立法院や裁判所の事務職員などは一般職である。琉球政府公務員 フレッシュアイペディアより)

  • 特別審理官

    特別審理官から見た国家公務員国家公務員

    特別審理官(とくべつしんりかん)とは、日本における国家公務員の職務上の役職名の一つである。特別審理官 フレッシュアイペディアより)

  • 広報官

    広報官から見た国家公務員国家公務員

    広報官(こうほうかん)とは、政府または軍隊(自衛隊含む)などにおいて広報業務を担当する国家公務員の官職。広報官 フレッシュアイペディアより)

  • 国と民間企業との間の人事交流に関する法律

    国と民間企業との間の人事交流に関する法律から見た国家公務員国家公務員

    従来は、派遣される国家公務員は民間企業に派遣された場合においても国家公務員の身分を持つのに対して、企業の社員が中央省庁に派遣される場合においては、一度、企業を退職することが義務づけられている。このため、民間社員が企業に復職する際、在職年数が少なくなるため、退職金の減額されるなどの弊害が指摘されていた。そのため、平成18年(2006年)3月、人事院により官民交流法により官庁に派遣される民間企業の社員がもとの企業を退職することなく、社員の籍を保有したまま、国に採用されるようにするため、官民人事交流法改正案が提出され、改正されることとなった。国と民間企業との間の人事交流に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 執行官

    執行官から見た国家公務員国家公務員

    特別職の国家公務員で地方裁判所の監督下にあり、裁判所職員である(裁判所法62条)。執行官 フレッシュアイペディアより)

  • 役種

    役種から見た国家公務員国家公務員

    即応予備自衛官・予備自衛官・予備自衛官補(非常勤国家公務員役種 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ベヴァリッジ

    ウィリアム・ベヴァリッジから見た国家公務員国家公務員

    国家公務員生活の後、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)の学部長、オックスフォード大学ユニバーシティ・カレッジの学寮長などを務めた。政府の委員会に多数関わり「ゆりかごから墓場まで」を目標としたイギリスの社会保障や雇用施策の充実に貢献。思想的・学問的にはフェビアン協会のウェッブ夫妻、経済学者ジョン・メイナード・ケインズから多大な影響を受けた。ウィリアム・ベヴァリッジ フレッシュアイペディアより)

  • 民間人

    民間人から見た国家公務員国家公務員

    議院内閣制をとる日本では、首相が内閣のメンバーに、選挙によって選ばれた国会議員(※国会議員は特別職の国家公務員と解釈されることがある)以外の者を閣僚に起用した場合に、「民間人としての登用」と表現する人がいる(「民間人閣僚」)。日本国憲法上、閣僚の過半数が国会議員であればよいので、この表現には「閣僚は国会議員から選ぶものだ」という考え方がある。民間人 フレッシュアイペディアより)

  • 無線通信士

    無線通信士から見た国家公務員国家公務員

    従前は、無線通信は政府が管掌するものとされ、無線局(無線電信法には「無線局」という文言は無く通称であった。)はすべて官設であり、従事するのは官員(国家公務員に相当)で特に資格を要しないものであった無線通信士 フレッシュアイペディアより)

570件中 81 - 90件表示

「国家公務員の不祥事」のニューストピックワード