49件中 21 - 30件表示
  • 国家公務員

    国家公務員から見た人事院

    なお、人事院には、ある職が国家公務員の職に属するか、一般職・特別職のどちらに属するかを決定する権限がある(ただし、内閣の構成員たる内閣総理大臣及び国務大臣等、ならびに憲法上内閣と権力分立関係にある国家機関に雇用される者(裁判官・裁判所職員・国会職員など)をも一般職の国家公務員と決定し、これに対して影響力を行使するまでの権能は有しない)。国家公務員 フレッシュアイペディアより)

  • 国家公務員

    国家公務員から見た非常勤

    特別職と一般職に分けられ、一般職には国家公務員法が適用される。また、雇用形態として常勤と非常勤に分けられる。国家公務員 フレッシュアイペディアより)

  • 国家公務員

    国家公務員から見た裁判所職員

    特別職 内閣総理大臣・国務大臣・副大臣・大臣政務官・大使・公使や裁判官・裁判所職員・国会職員・防衛省職員・行政執行法人役員など、国家公務員法第2条第3項各号に掲げられている職員の職である。国家公務員 フレッシュアイペディアより)

  • 国家公務員

    国家公務員から見た禁錮

    禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終るまで又は執行を受けることがなくなるまでの者国家公務員 フレッシュアイペディアより)

  • 国家公務員

    国家公務員から見た副大臣

    特別職 内閣総理大臣・国務大臣・副大臣・大臣政務官・大使・公使や裁判官・裁判所職員・国会職員・防衛省職員・行政執行法人役員など、国家公務員法第2条第3項各号に掲げられている職員の職である。国家公務員 フレッシュアイペディアより)

  • 国家公務員

    国家公務員から見た労働基本権

    給与や手当、勤務条件の内容は国家公務員法などの法律に定められている。非現業の一般職員は、職務の特殊性から労働基本権を制限され、その代償措置として人事院による給与勧告制度と勤務条件に関する行政措置要求の制度がある。昇給は俸給表による。国家公務員 フレッシュアイペディアより)

  • 国家公務員

    国家公務員から見た最高裁判所長官

    内閣総理大臣・最高裁判所長官については、天皇が任命権者である(日本国憲法第6条)。国家公務員 フレッシュアイペディアより)

  • 国家公務員

    国家公務員から見た政党

    日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者国家公務員 フレッシュアイペディアより)

  • 国家公務員

    国家公務員から見た特別職

    特別職 内閣総理大臣・国務大臣・副大臣・大臣政務官・大使・公使や裁判官・裁判所職員・国会職員・防衛省職員・行政執行法人役員など、国家公務員法第2条第3項各号に掲げられている職員の職である。国家公務員 フレッシュアイペディアより)

  • 国家公務員

    国家公務員から見た年齢

    国家公務員試験には14種類(15回)の試験が毎年行われており、主なものとして国家総合職(大卒程度試験)・国家総合職(院卒者試験)(大学卒業段階又は大学院修士課程等修了段階の知識・技術及びその応用能力を必要とする程度。平成23年度まではI種試験)、国家一般職(大卒程度試験)(大学卒業程度。平成23年度まではII種試験)、国家一般職(高卒者試験)(高校卒業程度。平成23年度まではIII種試験)がある。()内の程度とは試験問題のレベルを示すもので、I種、II種及びIII種試験の場合、学歴による受験の制限はなく、受験資格は年齢で定められている。また、I種及びII種試験については飛び級等により通常より若く大学を卒業できる場合などや、II種試験については(短大卒業程度試験であったかつての中級試験を廃止した代償として)短大卒業見込みの者等が受験できるなど、一定の条件を満たせば受験資格に満たない年齢でも受験が認められる。国家公務員 フレッシュアイペディアより)

49件中 21 - 30件表示

「国家公務員の不祥事」のニューストピックワード