1 2 3 4 5 次へ
49件中 41 - 49件表示
  • 国家公務員

    国家公務員から見た常勤

    特別職と一般職に分けられ、一般職には国家公務員法が適用される。また、雇用形態として常勤と非常勤に分けられる。国家公務員 フレッシュアイペディアより)

  • 国家公務員

    国家公務員から見た特命全権大使

    人をある公務員の職につける行為を任命(にんめい)といい、その任命する権限を持つ者を任命権者という。国家公務員法第55条により、任命権は「内閣、各大臣、会計検査院長及び人事院総裁並びに宮内庁長官及び各外局の長に属する」とされる。ただし、その庁の部内の上級職員に委任することもできる(同条第2項)。任命権者が2人以上存在することはありえないが、国務大臣、高等裁判所長官、特命全権大使などの認証官は、任命権者による任免について天皇が認証する。国家公務員 フレッシュアイペディアより)

  • 国家公務員

    国家公務員から見た公使

    特別職 内閣総理大臣・国務大臣・副大臣・大臣政務官・大使・公使や裁判官・裁判所職員・国会職員・防衛省職員・行政執行法人役員など、国家公務員法第2条第3項各号に掲げられている職員の職である。国家公務員 フレッシュアイペディアより)

  • 国家公務員

    国家公務員から見た参議院

    なお、国会職員及び裁判所職員の採用試験は、権力分立原則による制約から内閣所轄下にある人事院が関与することは憲法上許されず、衆議院・参議院の各事務局及び法制局並びに最高裁判所がそれぞれ独自に行う。しかし、国会職員においては、人事院の実施する国家総合職試験に最終合格した者からも採用を行っている。国家公務員 フレッシュアイペディアより)

  • 国家公務員

    国家公務員から見た国家公務員試験

    国家公務員試験には14種類(15回)の試験が毎年行われており、主なものとして国家総合職(大卒程度試験)・国家総合職(院卒者試験)(大学卒業段階又は大学院修士課程等修了段階の知識・技術及びその応用能力を必要とする程度。平成23年度まではI種試験)、国家一般職(大卒程度試験)(大学卒業程度。平成23年度まではII種試験)、国家一般職(高卒者試験)(高校卒業程度。平成23年度まではIII種試験)がある。()内の程度とは試験問題のレベルを示すもので、I種、II種及びIII種試験の場合、学歴による受験の制限はなく、受験資格は年齢で定められている。また、I種及びII種試験については飛び級等により通常より若く大学を卒業できる場合などや、II種試験については(短大卒業程度試験であったかつての中級試験を廃止した代償として)短大卒業見込みの者等が受験できるなど、一定の条件を満たせば受験資格に満たない年齢でも受験が認められる。国家公務員 フレッシュアイペディアより)

  • 国家公務員

    国家公務員から見た一般職

    一般職 一般府省に勤務する現業非現業の職員・行政執行法人の職員など、特別職以外の全ての国家公務員を包含する。国家公務員 フレッシュアイペディアより)

  • 国家公務員

    国家公務員から見た大使

    特別職 内閣総理大臣・国務大臣・副大臣・大臣政務官・大使・公使や裁判官・裁判所職員・国会職員・防衛省職員・行政執行法人役員など、国家公務員法第2条第3項各号に掲げられている職員の職である。国家公務員 フレッシュアイペディアより)

  • 国家公務員

    国家公務員から見た日本の行政機関

    国家公務員(こっかこうむいん)は、日本の行政機関に勤務する者や行政執行法人に勤務する者等、国家公務員法が適用される者を指す。国家公務員 フレッシュアイペディアより)

  • 国家公務員

    国家公務員から見た地方裁判所

    最高裁判所・下級裁判所(高等裁判所・地方裁判所・家庭裁判所・簡易裁判所)の裁判官については、内閣が任命権者である(日本国憲法第79条第1項、同第80条第1項)。国家公務員 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
49件中 41 - 49件表示

「国家公務員の不祥事」のニューストピックワード