国家公務員の給与 ニュース&Wiki etc.

人事院勧告(じんじいんかんこく)とは、人事院が、国会、内閣、関係大臣その他機関の長に行う、国家公務員の一般職職員の「給与その他の勤務条件の改善及び人事行政の改善に関する勧告」(国家公務員法第3条第2項)の総称である。人勧とも略称される。一般には、単に人事院勧告と言う場合、給与制度に関する勧告である給与勧告を指すことが多い… (出典:Wikipedia)

「国家公務員の給与」最新ニュース

「国家公務員の給与」Q&A

  • Q&A

    公務員試験の国家一般について。 高卒程度の試験に合格した後、21歳になってから大卒程…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年12月4日 06:33

  • Q&A

    公務員給与、3年連続増 、 おかしいな 税金を上げなければならない程、国家には金が…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年11月26日 20:40

  • Q&A

    こんにちは、僕は高校三年生の受験を控えるものですが、つい《先日地球学科(地質学科)》…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月22日 22:27

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「人事院勧告」のつながり調べ

  • 手当 (給与)

    手当 (給与)から見た人事院勧告

    支給額の決定には俸給と同様に、人事院の給与勧告が大きな影響力を及ぼす。勧告は人事院による民間・公務両部門の給与(賞与を含む)の実態調査を基に、官民給与の較差を算出し、民間に職員の給与を合わせる方式をとっている。(手当 (給与) フレッシュアイペディアより)

  • 法の不遡及

    法の不遡及から見た人事院勧告

    公務員の給与は夏?秋の人事院勧告(地方公務員では人事委員会)によって改定され、それが4月にさかのぼって冬に実施されるが、マイナス勧告の場合はこれが不利益遡及になり法の不遡及に反するとして労働組合が抗議している。訴訟にもなっているが不利益遡及には当たらないとして組合側敗訴となっている(組合側もプラス改定が普通だった時期はこの制度に何の疑問も呈していなかった)。(法の不遡及 フレッシュアイペディアより)

「人事院勧告」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「国家公務員の給与」のニューストピックワード