国家公務員の給与 ニュース&Wiki etc.

人事院勧告(じんじいんかんこく)とは、人事院が、国会、内閣、関係大臣その他機関の長に行う、国家公務員の一般職職員の「給与その他の勤務条件の改善及び人事行政の改善に関する勧告」(国家公務員法第3条第2項)の総称である。人勧とも略称される。一般には、単に人事院勧告と言う場合、給与制度に関する勧告である給与勧告を指すことが多い… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「人事院勧告」のつながり調べ

  • 福岡雙葉学園事件

    福岡雙葉学園事件から見た人事院勧告

    福岡雙葉学園事件(ふくおかふたばがくえんじけん)とは、私立学校が人事院勧告に準拠して期末勤勉手当を減額した措置の適法性が争われた賃金請求事件。一審・二審で判断が分かれて注目されたが、最高裁判所は2007年(平成19年)12月18日に原告(労働者側)敗訴の判決を下した。(福岡雙葉学園事件 フレッシュアイペディアより)

  • 山口繁

    山口繁から見た人事院勧告

    1997年10月に最高裁判所長官(第14代)に就任。長官在任中に、1998年の寺西判事補事件では1998年12月1日に長官として裁判長を務めた最高裁大法廷の分限裁判で10対5で戒告処分を、また2001年に発覚した福岡高裁判事妻ストーカー事件では容疑者の夫である福岡高裁判事に2001年3月30日に長官として裁判長を務めた最高裁大法廷の分限裁判で12対3で戒告処分をそれぞれ決定した。2001年4月1日に司法行政文書の情報公開制度の実施に伴い、最高裁判所の保有する司法行政文書の開示等に関する事務の取扱要綱を施行した。2002年9月4日の最高裁の裁判官会議では、国家公務員の月給部分引き下げを求めた人事院勧告に関し、裁判官給与を在任中に減額できない憲法第80条の規定について、国家財政上の理由などで、やむを得ず立法、行政の公務員も減額される場合は全裁判官に適用される報酬の減額は身分保障などの侵害に当たらず許されることを決定した。(山口繁 フレッシュアイペディアより)

「人事院勧告」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「国家公務員の給与」のニューストピックワード