前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示
  • 手当 (給与)

    手当 (給与)から見た人事院勧告人事院勧告

    支給額の決定には俸給と同様に、人事院の給与勧告が大きな影響力を及ぼす。勧告は人事院による民間・公務両部門の給与(賞与を含む)の実態調査を基に、官民給与の較差を算出し、民間に職員の給与を合わせる方式をとっている。手当 (給与) フレッシュアイペディアより)

  • 人事院

    人事院から見た人事院勧告人事院勧告

    給与その他の勤務条件の改善及び人事行政の改善に関する勧告(人事院勧告)、採用試験、任用、分限、研修、給与、懲戒、苦情の処理、職務に係る倫理の保持その他職員に関する人事行政の公正の確保及び職員の利益の保護等に関する事務をつかさどる(国公法第3条第2項)。この中には、人事院規則の制定権などの準立法的権限、行政措置要求や不利益処分審査請求の判定権などの準司法的権限、給与の勧告権、人事行政の調査権など重要な権限が含まれる。かつては職階制に関する事務もつかさどるとされていたが、第166回国会(2007年)の国公法改正により職階制そのものとともに廃止された。人事院 フレッシュアイペディアより)

  • 全農林警職法事件

    全農林警職法事件から見た人事院勧告人事院勧告

    公務員の労働基本権制約の代償措置として設けられているのが人事院であり、主に人事院勧告によりその補完をしているとされる(本判決でも重視された)。しかし、判例は、人事院勧告の実施が凍結されても、代償措置が機能していないとは言えないとする(最高裁判所平成12年3月17日判決)。全農林警職法事件 フレッシュアイペディアより)

  • 公務公共サービス労働組合協議会

    公務公共サービス労働組合協議会から見た人事院勧告人事院勧告

    公務員連絡会には主に非現業国家公務員や地方公務員などでつくる組合が、国営関係部会には国営企業職員等(現業国家公務員)でつくる組合がそれぞれ加盟し、対応する人事行政機関に対する交渉・陳情にあたっている。国家公務員の人事行政は人事院勧告のように、地方公務員に与える影響も大きいため、地方公務員の組合を含めた公務員連絡会として人事院等の国の人事行政機関との交渉することもある。公務員連絡会の下には国公連合を除いた地方公務員の6組合でつくる「地公部会」があり、総務省や全国人事委員会連合会など全国的な地方公務員の人事行政関係機関を交渉相手としている。国営関係部会は旧公労協の系譜を引く組織である。公務公共サービス労働組合協議会 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡雙葉学園事件

    福岡雙葉学園事件から見た人事院勧告人事院勧告

    福岡雙葉学園事件(ふくおかふたばがくえんじけん)とは、私立学校が人事院勧告に準拠して期末勤勉手当を減額した措置の適法性が争われた賃金請求事件。一審・二審で判断が分かれて注目されたが、最高裁判所は2007年(平成19年)12月18日に原告(労働者側)敗訴の判決を下した。福岡雙葉学園事件 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国家公務員労働組合連合会

    日本国家公務員労働組合連合会から見た人事院勧告人事院勧告

    1954年7月、人事院は民間賃金が公務を9%以上上回ることを認めつつ、給与勧告を行わず、続く1955年の勧告でも政府にベースアップを求めなかった。この措置は国公労働者の不満を高め、労組間の結束を強固にする結果となり、1956年2月7日、国公部会の全組合は独自の共闘組織である「日本国家公務員労働組合共闘会議」(国公共闘)を結成し、官公労からの相対的な自律性をつよめた。この国公共闘の後身が現在の国公労連である。日本国家公務員労働組合連合会 フレッシュアイペディアより)

  • 江利川毅

    江利川毅から見た人事院勧告人事院勧告

    法案が総務委員会に付託された後、実質的な審議が始まらないまま、9月30日に人事院の給与勧告が行われた。勧告は一般職の月例給を平均0.23%引き下げる内容であった。野田佳彦内閣は同年10月28日の閣議で、給与臨時特例法案の成立を期し、勧告は実施を見送ることを決定した。法案と人勧の関係については、「今般の人事院勧告による給与水準の引下げ幅と比べ、厳しい給与減額支給措置を講じようとするものであり、また、総体的にみれば、その他の人事院勧告の趣旨も内包している」と説明した。この決定を受けて人事院は同日中に再び総裁談話を発表した。談話にて江利川は、「東日本大震災という未曾有の国難に対処するに当たっては、平時とは異なって、内閣及び国会において、大所高所の立場から、財源措置を検討することはあり得る」と財源確保のための給与減額を是認しつつ、「人事院勧告は、給与臨時特例法案と趣旨・目的及び内容を異にし、『内包』されるという関係にはありません」と内閣の説明を批判。国家公務員の労働基本権を制約している「現行の憲法及び国家公務員法の体系の下で人事院勧告を実施しないことは、きわめて遺憾であります」と述べだ。江利川毅 フレッシュアイペディアより)

  • 国家公務員

    国家公務員から見た人事院勧告人事院勧告

    給与や手当、勤務条件の内容は国家公務員法などの法律に定められている。非現業の一般職員は、職務の特殊性から労働基本権を制限され、その代償措置として人事院による給与勧告制度と勤務条件に関する行政措置要求の制度がある。昇給は俸給表による。国家公務員 フレッシュアイペディアより)

  • 法の不遡及

    法の不遡及から見た人事院勧告人事院勧告

    公務員の給与は夏?秋の人事院勧告(地方公務員では人事委員会)によって改定され、それが4月にさかのぼって冬に実施されるが、マイナス勧告の場合はこれが不利益遡及になり法の不遡及に反するとして労働組合が抗議している。訴訟にもなっているが不利益遡及には当たらないとして組合側敗訴となっている(組合側もプラス改定が普通だった時期はこの制度に何の疑問も呈していなかった)。法の不遡及 フレッシュアイペディアより)

  • 国税庁 (日本)

    国税庁 (日本)から見た人事院勧告人事院勧告

    1962年から1963年にかけて、1962年5月の関東信越国税局を皮切りに、全国各地の国税局で全国税から脱退し、第2組合を結成する動きが急速に進んだ。発生した第2組合群は1962年10月29日に全国組織として国税労働組合全国会議を結成した。全国税から国税会議系へ移行する動きは進行し、全国税は少数派組合へ凋落していった。全国税は総評に加盟していたが、国税会議は系列の全官公へ加盟して同盟に接近し、1977年には同盟に正式加盟した。このとき、国税会議の組合員数は2万7000人に達していた。1960年代から1970年代の組合勢力の激変の背後には、大蔵省・国税庁当局による全国税組合員を対象とした切り崩し工作と第2組合の育成があったことが指摘されている。全国税はそのような認識から、「勤務条件に関する行政措置の要求」(国公法第86条)の制度を利用して、人事院に対し当局に脱退工作を止めさせるよう「団結阻害行為の排除」を要求したものの、人事院の調査ではそれを裏付ける証拠は見つからず、棄却判定が下された。当時大蔵官僚だった秦郁彦は1962年から1963年にかけて、「遠山修審議官を指揮官とする庁をあげての切り崩し工作が成功して壊滅状態になった」「説得工作にあたっては・・・・・・不当労働行為の口実を与えないよう細心のルールでのぞんだという」と著書で記している。国税庁 (日本) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示

「国家公務員の給与」のニューストピックワード