前へ 1 2 3 4 5 6
60件中 1 - 10件表示
  • 人事院勧告

    人事院勧告から見た吉田茂

    11月9日 - 臨時人事委員会が内閣総理大臣(当時、吉田茂)に「政府職員の新給与実施に関する法律」(給与法の前身)の改正案を「提出」。6307円ベース。国家公務員法第67条(「給与準則の改訂」)の趣旨による。人事院勧告 フレッシュアイペディアより)

  • 人事院勧告

    人事院勧告から見た人事委員会

    「職種別民間給与実態調査」は、公務と類似する職種に従事する常雇従業員について個人別に4月分の月例給与等を調査する「従業員別調査」と、事業所別に給与改定や雇用調整等の状況、手当制度を調査する「事業所別調査」から成る。大規模な実地調査であるため、人事院が都道府県・政令市などの人事委員会と共同で行う。期間は例年、5月1日から50日間程度である。なお、特別給(賞与、ボーナス)は月例給とは別に「事業所別調査」で調査する。調査対象は企業規模50人以上で、かつ事業所規模50人以上の民間事業所であり、地域別に、産業、規模等により層化無作為抽出される。「従業員別調査」もその標本事業所の従業員が対象となる。人事院勧告 フレッシュアイペディアより)

  • 人事院勧告

    人事院勧告から見た独立行政法人

    国有林野事業の職員(約5千人)と特定独立行政法人職員(約5万8千人)の給与は労使の団体交渉(または中労委の仲裁裁定)によって決定されるが、その際給与法適用職員の給与を考慮することが定められており、勧告の強い影響下にある。人事院勧告 フレッシュアイペディアより)

  • 人事院勧告

    人事院勧告から見た国家公務員法

    人事院勧告(じんじいんかんこく)とは、人事院が、国会、内閣、関係大臣その他機関の長に行う、国家公務員の一般職職員の「給与その他の勤務条件の改善及び人事行政の改善に関する勧告」(国家公務員法第3条第2項)の総称である。人勧とも略称される。一般には、単に人事院勧告と言う場合、給与制度に関する勧告である給与勧告を指すことが多い。人事院勧告 フレッシュアイペディアより)

  • 人事院勧告

    人事院勧告から見た池田勇人

    1964年4月 - 太田・池田会談(内閣総理大臣と総評議長の会談)により公労協「四・十七スト」回避。公労委裁定の遵守およびその基準とする民間給与を企業規模50人以上から企業規模100人以上とすることを確認。人事院勧告 フレッシュアイペディアより)

  • 人事院勧告

    人事院勧告から見た太田薫

    1964年4月 - 太田・池田会談(内閣総理大臣と総評議長の会談)により公労協「四・十七スト」回避。公労委裁定の遵守およびその基準とする民間給与を企業規模50人以上から企業規模100人以上とすることを確認。人事院勧告 フレッシュアイペディアより)

  • 人事院勧告

    人事院勧告から見た浅井清

    浅井清 『新版-国家公務員法』 学陽書房、1970年1月10日人事院勧告 フレッシュアイペディアより)

  • 人事院勧告

    人事院勧告から見た神代和欣

    神代和欣 『日本の賃金決定機構』 日本評論社、1973年3月人事院勧告 フレッシュアイペディアより)

  • 人事院勧告

    人事院勧告から見た休日

    勤務時間、休日及び休暇に関する勧告(勤務時間法第2条第1項) - 勤務時間、休日及び休暇に関する制度の改定を国会および内閣に対して勧告する。人事院が上の制度について調査研究を行い、その結果を国会及び内閣に同時に報告、必要があればそれにあわせて勧告がなされる。給与と同様に民間準拠原則を採用しているほか、「行政サービスの維持」や「仕事と生活の調和」といった観点から決定される。直近の例では2008年8月11日の給与勧告と同時に、職員の勤務時間を1日7時間45分、1週38時間45分に引き下げる内容の「職員の勤務時間の改定に関する勧告」が行われた。人事院勧告 フレッシュアイペディアより)

  • 人事院勧告

    人事院勧告から見た内閣

    人事院勧告(じんじいんかんこく)とは、人事院が、国会、内閣、関係大臣その他機関の長に行う、国家公務員の一般職職員の「給与その他の勤務条件の改善及び人事行政の改善に関する勧告」(国家公務員法第3条第2項)の総称である。人勧とも略称される。一般には、単に人事院勧告と言う場合、給与制度に関する勧告である給与勧告を指すことが多い。人事院勧告 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
60件中 1 - 10件表示

「国家公務員の給与」のニューストピックワード