70件中 21 - 30件表示
  • 人事院勧告

    人事院勧告から見た労働基本権

    このような給与勧告の不完全実施の理由として政府は財政上の理由を挙げてきたが、人事院や組合側は人事院勧告は労働基本権制約の代償であるから完全実施するべきとしてきた。人事院勧告 フレッシュアイペディアより)

  • 人事院勧告

    人事院勧告から見た人事院

    人事院勧告(じんじいんかんこく)とは、人事院が、国会、内閣、関係大臣その他機関の長に行う、国家公務員の一般職職員の「給与その他の勤務条件の改善及び人事行政の改善に関する勧告」(国家公務員法第3条第2項)の総称である。人勧とも略称される。一般には、単に人事院勧告と言う場合、給与制度に関する勧告である給与勧告を指すことが多い。人事院勧告 フレッシュアイペディアより)

  • 人事院勧告

    人事院勧告から見た日本国憲法

    人事院勧告の勧告先の機関には、国会、内閣、関係大臣その他の機関の長があるが、勧告の種類によってその規定は異なる。具体的には、その実現に法律の制定改廃を要する種類の勧告は国会や内閣に対して、行政措置で足りる勧告は関係大臣その他の機関の長のみに対して行うことが定められている。国会に対する勧告は、憲法に国会に対する内閣の責任制度(日本国憲法第66条第3項)を定めた日本においては、人事院の強い独立性とその勧告内容の重要性を意味する。内閣所轄下にあって国会に対する勧告権をもつ行政機関は、現行制度下では人事院のみである人事院勧告 フレッシュアイペディアより)

  • 人事院勧告

    人事院勧告から見た一般職の職員の給与に関する法律

    「人事院勧告」という呼称は人事院が行う諸勧告の総称、通称であり、法律上の用語ではない。国家公務員法にて「勧告」の語を用いて規定された人事院の権限には大きく「人事行政改善の勧告」(第22条)と勤務条件の変更に関する勧告(第28条ほか)の2種類に大別でき、後者のうち給与、勤務時間等主要な事項については給与法、勤務時間法等の関連法に個別規定が設けられている。人事院勧告 フレッシュアイペディアより)

  • 人事院勧告

    人事院勧告から見た4.17ゼネスト

    1964年4月 - 太田・池田会談(内閣総理大臣と総評議長の会談)により公労協「四・十七スト」回避。公労委裁定の遵守およびその基準とする民間給与を企業規模50人以上から企業規模100人以上とすることを確認。人事院勧告 フレッシュアイペディアより)

  • 人事院勧告

    人事院勧告から見た鈴木善幸内閣

    1982年8月6日 - 月例給の4.58%引き上げ給与勧告。鈴木善幸内閣、財政難を理由に実施見送り。人事院勧告 フレッシュアイペディアより)

  • 人事院勧告

    人事院勧告から見た国家公務員災害補償法

    補償制度の研究成果の「提出」(国公法第95条) - 補償制度の研究成果を国会及び内閣に提出しなければならない。規定どおり、人事院は研究成果を1951年2月17日に国家公務員災害補償法案として提出し、同法は第10回国会にて成立、同年7月1日に施行された。人事院勧告 フレッシュアイペディアより)

  • 人事院勧告

    人事院勧告から見た地方独立行政法人

    これらの機関のほかにも勧告の直接的、間接的影響が指摘されている機関には、公共組合、国及び地方公共団体系の公益法人、地方独立行政法人、地方の特殊法人(地方住宅供給公社、土地開発公社など)なども挙げられており、その範囲は公共部門全般にわたっている(早川1979年、p.264)人事院勧告 フレッシュアイペディアより)

  • 人事院勧告

    人事院勧告から見た国立大学法人

    特定独立行政法人以外の独立行政法人(非公務員型、職員数約7万5千人)並びに国立大学法人(約12万9千人)の職員の給与は労使の団体交渉を通じて決定されるが、「社会一般の情勢に適合」させることが定められている(独立行政法人通則法第63条第3項)。また、独立行政法人、国立大学法人、特殊法人及び認可法人等の給与水準は、毎年公表と総務大臣への届出をすることが義務付けられており、人事院はそれにあたって、これらの法人(2008年度は208法人)と国家公務員との給与の比較指標を作成し、各法人と総務省に提供している。このような制度と取り組みにより、非公務員である政府関係機関の職員の給与も直接または間接的に勧告の影響を受けている。人事院勧告 フレッシュアイペディアより)

  • 人事院勧告

    人事院勧告から見た国会 (日本)

    人事院勧告(じんじいんかんこく)とは、人事院が、国会、内閣、関係大臣その他機関の長に行う、国家公務員の一般職職員の「給与その他の勤務条件の改善及び人事行政の改善に関する勧告」(国家公務員法第3条第2項)の総称である。人勧とも略称される。一般には、単に人事院勧告と言う場合、給与制度に関する勧告である給与勧告を指すことが多い。人事院勧告 フレッシュアイペディアより)

70件中 21 - 30件表示

「国家公務員の給与」のニューストピックワード