47件中 11 - 20件表示
  • 國母和宏

    國母和宏から見たバートン・スノーボード

    2006年、トリノオリンピックにハーフパイプ(スノーボード競技の一種目)日本代表として18歳で初出場するも、実力を発揮できず予選敗退(最終順位23位)に終わる。翌年も精力的に国際大会に出場しスノーボード世界選手権銀メダル、アジア冬季競技大会男子ハーフパイプ優勝など順調に経験を重ねる。2009年、プロ転向に伴い世界最大規模のスノーボード大会「バートン・グローバル・オープンに出場、ニュージーランドオープン制覇を達成した。同年には冬季ユニバーシアードで骨折明けながら男子ハーフパイプおよび男子ビッグエアーの2種目で優勝している。2010年1月、アメリカの賞金大会X Gamesで銅メダルを獲得する。國母和宏 フレッシュアイペディアより)

  • 國母和宏

    國母和宏から見たスコット・ラゴ

    米国滞在中にはバートン・グローバル・オープンでバンクーバーにおける銀メダリストのペートゥ・ピーロイネン、銅メダリストのスコット・ラゴを抑え、全米オープンを初制覇。2011年には全米オープンを連覇し、主催企業であるスノーボード用具のドップメーカー・バートン社の広報映像に起用された。撮影ではオープニング映像の為にカナダの山岳地帯で雪山の崖からジャンプなどの技を披露し、海外の専門誌の表紙を飾るなど話題を集めた。連覇を記念したインタビューでは2014年のソチ五輪について「特定の大会に拘りはなく、スノーボード活動の一環として捉えている」と返答した上で「2年前の五輪は楽しかった」「自分の気持ちが向いていたら出たいですね」と返答している。國母和宏 フレッシュアイペディアより)

  • 國母和宏

    國母和宏から見た成田童夢

    元スノーボード選手でトリノオリンピック時に同じ日本代表であった成田童夢との不仲がしばしば報道され、同五輪でのスノーボード代表団内の対立に関する報道について、これを国母と成田の対立を指していると主張する報道も為された(事実は不明)。事実はともかく、前述の舌禍騒動でも童夢は国母について積極的に批判するコメントを残している。國母和宏 フレッシュアイペディアより)

  • 國母和宏

    國母和宏から見たバンクーバーオリンピック

    2010年、トリノに続く形でバンクーバーオリンピックでもハーフパイプ日本代表に選抜される。しかしこの時、スノーボーダーとしての着こなしや謝罪会見での不用意な発言などから強いバッシングと批判報道を受けた。一時は代表出場も危ぶまれたが、日本代表選手団の橋本聖子団長の判断で開会式欠席のみとなった。競技では予選突破を経て本戦に出場し、決勝では1回目の転倒が響いたが、最終順位8位の記録を残して入賞となった。同年5月10日に皇居で開かれた五輪入賞者を労う茶会にも招待を受けたが、米国滞在中であった事から出席を辞退している。國母和宏 フレッシュアイペディアより)

  • 國母和宏

    國母和宏から見たサングラス

    2010年2月9日、スノーボード・ハーフパイプ日本代表としてバンクーバーに向かう際、日本選手団公式スーツを崩し、腰パン・ネクタイ緩め、またブレザーの前は閉めず、シャツの裾も出し、更にはドレッドヘアに鼻ピアス、サングラスという独特のスタイルで成田空港に現れ、「結果よりも内容。(滑りを見て)格好いいと思ってもらえればいい。最近のスノーボードはすげぇダセえから」と持論を展開し、そのままバンクーバーに向けて出国した。公式ユニホームの着こなしに対し、日本オリンピック委員会(JOC)の日本選手団公式服装着用規定を乱した上に、出国の様子を見た人々から全日本スキー連盟に抗議が殺到。JOCは日本代表選手団団長の橋本聖子を通じスノーボード監督の萩原文和に厳重注意、國母は選手村入村式出席を自粛した。2月10日、ハーフパイプ陣の記者会見にて「気持ちは何も変わっていない。自分にとって五輪はスノーボードの一部で、特別なものでない」「自分の滑りをすることしか考えていない」と意気込みを語り、服装の乱れについても「反省してまーす」と発言した。しかしこの際に舌打ちしつつ「チッ、うっせーな」と言葉を発した。國母和宏 フレッシュアイペディアより)

  • 國母和宏

    國母和宏から見た東海大学

    北海道石狩市出身に生まれ育ち、4歳の時からスノーボードを始めたという。石狩市立生振小学校在学中に小学生ながらプロ試験に合格、選手活動を本格化させる。登別大谷高校に進学すると三大国際大会の一つであるFISワールドカップのサースフェー大会(スイス)で優勝するなど頭角を現していく。高校卒業後は東海大学に進学して選手活動を継続する。國母和宏 フレッシュアイペディアより)

  • 國母和宏

    國母和宏から見た日本オリンピック委員会

    2010年2月9日、スノーボード・ハーフパイプ日本代表としてバンクーバーに向かう際、日本選手団公式スーツを崩し、腰パン・ネクタイ緩め、またブレザーの前は閉めず、シャツの裾も出し、更にはドレッドヘアに鼻ピアス、サングラスという独特のスタイルで成田空港に現れ、「結果よりも内容。(滑りを見て)格好いいと思ってもらえればいい。最近のスノーボードはすげぇダセえから」と持論を展開し、そのままバンクーバーに向けて出国した。公式ユニホームの着こなしに対し、日本オリンピック委員会(JOC)の日本選手団公式服装着用規定を乱した上に、出国の様子を見た人々から全日本スキー連盟に抗議が殺到。JOCは日本代表選手団団長の橋本聖子を通じスノーボード監督の萩原文和に厳重注意、國母は選手村入村式出席を自粛した。2月10日、ハーフパイプ陣の記者会見にて「気持ちは何も変わっていない。自分にとって五輪はスノーボードの一部で、特別なものでない」「自分の滑りをすることしか考えていない」と意気込みを語り、服装の乱れについても「反省してまーす」と発言した。しかしこの際に舌打ちしつつ「チッ、うっせーな」と言葉を発した。國母和宏 フレッシュアイペディアより)

  • 國母和宏

    國母和宏から見たバンクーバー (ブリティッシュコロンビア州)

    2010年2月9日、スノーボード・ハーフパイプ日本代表としてバンクーバーに向かう際、日本選手団公式スーツを崩し、腰パン・ネクタイ緩め、またブレザーの前は閉めず、シャツの裾も出し、更にはドレッドヘアに鼻ピアス、サングラスという独特のスタイルで成田空港に現れ、「結果よりも内容。(滑りを見て)格好いいと思ってもらえればいい。最近のスノーボードはすげぇダセえから」と持論を展開し、そのままバンクーバーに向けて出国した。公式ユニホームの着こなしに対し、日本オリンピック委員会(JOC)の日本選手団公式服装着用規定を乱した上に、出国の様子を見た人々から全日本スキー連盟に抗議が殺到。JOCは日本代表選手団団長の橋本聖子を通じスノーボード監督の萩原文和に厳重注意、國母は選手村入村式出席を自粛した。2月10日、ハーフパイプ陣の記者会見にて「気持ちは何も変わっていない。自分にとって五輪はスノーボードの一部で、特別なものでない」「自分の滑りをすることしか考えていない」と意気込みを語り、服装の乱れについても「反省してまーす」と発言した。しかしこの際に舌打ちしつつ「チッ、うっせーな」と言葉を発した。國母和宏 フレッシュアイペディアより)

  • 國母和宏

    國母和宏から見た皇居

    2010年、トリノに続く形でバンクーバーオリンピックでもハーフパイプ日本代表に選抜される。しかしこの時、スノーボーダーとしての着こなしや謝罪会見での不用意な発言などから強いバッシングと批判報道を受けた。一時は代表出場も危ぶまれたが、日本代表選手団の橋本聖子団長の判断で開会式欠席のみとなった。競技では予選突破を経て本戦に出場し、決勝では1回目の転倒が響いたが、最終順位8位の記録を残して入賞となった。同年5月10日に皇居で開かれた五輪入賞者を労う茶会にも招待を受けたが、米国滞在中であった事から出席を辞退している。國母和宏 フレッシュアイペディアより)

  • 國母和宏

    國母和宏から見た成田国際空港

    2010年2月9日、スノーボード・ハーフパイプ日本代表としてバンクーバーに向かう際、日本選手団公式スーツを崩し、腰パン・ネクタイ緩め、またブレザーの前は閉めず、シャツの裾も出し、更にはドレッドヘアに鼻ピアス、サングラスという独特のスタイルで成田空港に現れ、「結果よりも内容。(滑りを見て)格好いいと思ってもらえればいい。最近のスノーボードはすげぇダセえから」と持論を展開し、そのままバンクーバーに向けて出国した。公式ユニホームの着こなしに対し、日本オリンピック委員会(JOC)の日本選手団公式服装着用規定を乱した上に、出国の様子を見た人々から全日本スキー連盟に抗議が殺到。JOCは日本代表選手団団長の橋本聖子を通じスノーボード監督の萩原文和に厳重注意、國母は選手村入村式出席を自粛した。2月10日、ハーフパイプ陣の記者会見にて「気持ちは何も変わっていない。自分にとって五輪はスノーボードの一部で、特別なものでない」「自分の滑りをすることしか考えていない」と意気込みを語り、服装の乱れについても「反省してまーす」と発言した。しかしこの際に舌打ちしつつ「チッ、うっせーな」と言葉を発した。國母和宏 フレッシュアイペディアより)

47件中 11 - 20件表示

「国母和宏」のニューストピックワード