47件中 31 - 40件表示
  • 國母和宏

    國母和宏から見たドレッドヘア

    2010年2月9日、スノーボード・ハーフパイプ日本代表としてバンクーバーに向かう際、日本選手団公式スーツを崩し、腰パン・ネクタイ緩め、またブレザーの前は閉めず、シャツの裾も出し、更にはドレッドヘアに鼻ピアス、サングラスという独特のスタイルで成田空港に現れ、「結果よりも内容。(滑りを見て)格好いいと思ってもらえればいい。最近のスノーボードはすげぇダセえから」と持論を展開し、そのままバンクーバーに向けて出国した。公式ユニホームの着こなしに対し、日本オリンピック委員会(JOC)の日本選手団公式服装着用規定を乱した上に、出国の様子を見た人々から全日本スキー連盟に抗議が殺到。JOCは日本代表選手団団長の橋本聖子を通じスノーボード監督の萩原文和に厳重注意、國母は選手村入村式出席を自粛した。2月10日、ハーフパイプ陣の記者会見にて「気持ちは何も変わっていない。自分にとって五輪はスノーボードの一部で、特別なものでない」「自分の滑りをすることしか考えていない」と意気込みを語り、服装の乱れについても「反省してまーす」と発言した。しかしこの際に舌打ちしつつ「チッ、うっせーな」と言葉を発した。國母和宏 フレッシュアイペディアより)

  • 國母和宏

    國母和宏から見た日本

    國母 和宏(こくぼ かずひろ、1988年8月16日 - )は、日本のスノーボード選手。アメリカ合衆国カリフォルニア州在住。國母和宏 フレッシュアイペディアより)

  • 國母和宏

    國母和宏から見たエックスゲームズ

    2006年、トリノオリンピックにハーフパイプ(スノーボード競技の一種目)日本代表として18歳で初出場するも、実力を発揮できず予選敗退(最終順位23位)に終わる。翌年も精力的に国際大会に出場しスノーボード世界選手権銀メダル、アジア冬季競技大会男子ハーフパイプ優勝など順調に経験を重ねる。2009年、プロ転向に伴い世界最大規模のスノーボード大会「バートン・グローバル・オープンに出場、ニュージーランドオープン制覇を達成した。同年には冬季ユニバーシアードで骨折明けながら男子ハーフパイプおよび男子ビッグエアーの2種目で優勝している。2010年1月、アメリカの賞金大会X Gamesで銅メダルを獲得する。國母和宏 フレッシュアイペディアより)

  • 國母和宏

    國母和宏から見たスイス

    2007年11月20日、難病である慢性活動性EBウイルス感染症を患った友人のプロスノーボーダー・dazeの治療のため『ダゼ募金「荒井daze善正君を救う会」』の立ち上げに加わり、海外の撮影や大会の合間に病院へ顔を出す。病床のdazeに対し、ワールドカップやトレーニングで毎年訪れるスイスの高山の氷河が年々減少していることなどを語り、「(バンクーバー五輪で)メダルを取ったら、氷河保全の活動に寄付をしたい」と述べる。「7-SAMURAI」というプロスノーボーダーチームで、フィルミング活動も行っている。國母和宏 フレッシュアイペディアより)

  • 國母和宏

    國母和宏から見た2009年冬季ユニバーシアード

    2006年、トリノオリンピックにハーフパイプ(スノーボード競技の一種目)日本代表として18歳で初出場するも、実力を発揮できず予選敗退(最終順位23位)に終わる。翌年も精力的に国際大会に出場しスノーボード世界選手権銀メダル、アジア冬季競技大会男子ハーフパイプ優勝など順調に経験を重ねる。2009年、プロ転向に伴い世界最大規模のスノーボード大会「バートン・グローバル・オープンに出場、ニュージーランドオープン制覇を達成した。同年には冬季ユニバーシアードで骨折明けながら男子ハーフパイプおよび男子ビッグエアーの2種目で優勝している。2010年1月、アメリカの賞金大会X Gamesで銅メダルを獲得する。國母和宏 フレッシュアイペディアより)

  • 國母和宏

    國母和宏から見た慢性活動性EBウイルス感染症

    2007年11月20日、難病である慢性活動性EBウイルス感染症を患った友人のプロスノーボーダー・dazeの治療のため『ダゼ募金「荒井daze善正君を救う会」』の立ち上げに加わり、海外の撮影や大会の合間に病院へ顔を出す。病床のdazeに対し、ワールドカップやトレーニングで毎年訪れるスイスの高山の氷河が年々減少していることなどを語り、「(バンクーバー五輪で)メダルを取ったら、氷河保全の活動に寄付をしたい」と述べる。「7-SAMURAI」というプロスノーボーダーチームで、フィルミング活動も行っている。國母和宏 フレッシュアイペディアより)

  • 國母和宏

    國母和宏から見たマウスピース

    その後、國母の所属する東海大学の監督である相原博之が謝罪のために現地入りした。また全日本スキー連盟から國母のオリンピック競技への参加を辞退させる意向が伝えられたものの、橋本聖子団長の判断で「競技をしないで帰国することは逆に無責任になる」として競技に参加し、開会式は欠席した。この問題は日本国外の報道機関も報道した。東海大学は、札幌キャンパスでの応援会を中止すると発表した。2月15日公式練習後の試合会場での即席会見ではマウスピースを入れたまま答えたため、一部マスコミはマナーが欠けるとした。國母和宏 フレッシュアイペディアより)

  • 國母和宏

    國母和宏から見たネクタイ

    2010年2月9日、スノーボード・ハーフパイプ日本代表としてバンクーバーに向かう際、日本選手団公式スーツを崩し、腰パン・ネクタイ緩め、またブレザーの前は閉めず、シャツの裾も出し、更にはドレッドヘアに鼻ピアス、サングラスという独特のスタイルで成田空港に現れ、「結果よりも内容。(滑りを見て)格好いいと思ってもらえればいい。最近のスノーボードはすげぇダセえから」と持論を展開し、そのままバンクーバーに向けて出国した。公式ユニホームの着こなしに対し、日本オリンピック委員会(JOC)の日本選手団公式服装着用規定を乱した上に、出国の様子を見た人々から全日本スキー連盟に抗議が殺到。JOCは日本代表選手団団長の橋本聖子を通じスノーボード監督の萩原文和に厳重注意、國母は選手村入村式出席を自粛した。2月10日、ハーフパイプ陣の記者会見にて「気持ちは何も変わっていない。自分にとって五輪はスノーボードの一部で、特別なものでない」「自分の滑りをすることしか考えていない」と意気込みを語り、服装の乱れについても「反省してまーす」と発言した。しかしこの際に舌打ちしつつ「チッ、うっせーな」と言葉を発した。國母和宏 フレッシュアイペディアより)

  • 國母和宏

    國母和宏から見た2007年アジア冬季競技大会

    2006年、トリノオリンピックにハーフパイプ(スノーボード競技の一種目)日本代表として18歳で初出場するも、実力を発揮できず予選敗退(最終順位23位)に終わる。翌年も精力的に国際大会に出場しスノーボード世界選手権銀メダル、アジア冬季競技大会男子ハーフパイプ優勝など順調に経験を重ねる。2009年、プロ転向に伴い世界最大規模のスノーボード大会「バートン・グローバル・オープンに出場、ニュージーランドオープン制覇を達成した。同年には冬季ユニバーシアードで骨折明けながら男子ハーフパイプおよび男子ビッグエアーの2種目で優勝している。2010年1月、アメリカの賞金大会X Gamesで銅メダルを獲得する。國母和宏 フレッシュアイペディアより)

  • 國母和宏

    國母和宏から見たワールドカップ

    2007年11月20日、難病である慢性活動性EBウイルス感染症を患った友人のプロスノーボーダー・dazeの治療のため『ダゼ募金「荒井daze善正君を救う会」』の立ち上げに加わり、海外の撮影や大会の合間に病院へ顔を出す。病床のdazeに対し、ワールドカップやトレーニングで毎年訪れるスイスの高山の氷河が年々減少していることなどを語り、「(バンクーバー五輪で)メダルを取ったら、氷河保全の活動に寄付をしたい」と述べる。「7-SAMURAI」というプロスノーボーダーチームで、フィルミング活動も行っている。國母和宏 フレッシュアイペディアより)

47件中 31 - 40件表示

「国母和宏」のニューストピックワード