124件中 91 - 100件表示
  • ガンホー・オンライン・エンターテイメント

    ガンホー・オンライン・エンターテイメントから見た国民生活センター国民生活センター

    ガンホー社は当初より多くのオンラインゲームを運営する現在に至るまで、特に最初期からの主力コンテンツである「ラグナロクオンライン」のユーザーからの不満が非常に根強く、その声はマスコミ各社や国民生活センター等へと、長期にわたり届けられる事となっている。これに対しガンホー社とユーザーとの直接対話の場として2003年(平成15年)にオフラインサミットを、2004年(平成16年)以降からは同年10月にゴシップ雑誌に載せられた「告発記事」による混乱より急遽開催し、運営に対する苦情処理の側面を有したオフラインミーティングを不定期(およそ半年に一度)に開催。2009年(平成21年)からはユーザーシンポジウム(2008年に一度開催されたユーザーシンポジウムと統合)と形式を変更している。開催地を変えながら行われていたオフラインミーティングやその後に行われているユーザーシンポジウムでは、開催形式を改めた際に参加者の人数を増やしたものの、回を重ねるに従い、より少人数に絞る傾向がある。その一方で、ミーティングの録音及びウェブ上での公開を原則許可し、事後に会議結果を公式発表するなど風通しを良くしている。しかしながら、特にゲーム内における不正利用者の問題に関しては、ユーザーが求める要求とガンホーの企業としての認識及び実行力の隔たりの差は非常に大きく、双方の歩みよりが難しい現状が過去数度に渡り行われた当ミーティングにより浮き彫りとなった。ガンホー・オンライン・エンターテイメント フレッシュアイペディアより)

  • 血液サラサラ

    血液サラサラから見た国民生活センター国民生活センター

    2007年3月、国民生活センターより、上記のようにやり方によって見え方が異なることを悪用し、物品やサービス(磁気ブレスレットや化粧品やエステティックサービスなど)に、絶大な効果があるかのように見せて、それを販売することが横行しているとして警告が発せられた。血液サラサラ フレッシュアイペディアより)

  • ドライアイス

    ドライアイスから見た国民生活センター国民生活センター

    実際に、炭酸水を作ろうとしてペットボトルやビン容器に飲料とドライアイスを入れて密閉した状態で容器を振るなどしたところ、容器が破裂してビンの破片やキャップなどが吹き飛び、腕や顔面に重傷を負ったという事故が相次いでおり、国民生活センターが注意喚起を行う事態に発展した。中には「破裂して吹き飛んだペットボトルのキャップが眼球に直撃してしまい失明」という事故も報告されている。ドライアイス フレッシュアイペディアより)

  • ゲルマニウム

    ゲルマニウムから見た国民生活センター国民生活センター

    日本においてはゲルマニウムを使った様々な健康器具類が販売されているが、ゲルマニウムが人体への健康効果を持つ科学的根拠は確認されていない。また、これら健康器具類の購入者・使用者は、ゲルマニウムによる健康への効果を期待するべきではないとされている。具体的に「貧血に効果がある」、「金属ゲルマニウム(主に無機ゲルマニウムが使用される)を身につけることで疲れが取れる」、「新陳代謝を活発にする」「癌に効く」などといった効能がうたわれることがあるが、ゲルマニウムにこのような効能、効果があることは医学的に証明されていないだけでなく、このような表示は薬事法に抵触する恐れがあることが国民生活センターによって指摘されている。ゲルマニウム フレッシュアイペディアより)

  • 福田康夫

    福田康夫から見た国民生活センター国民生活センター

    第168回国会の所信表明演説にて「真に消費者や生活者の視点に立った行政に発想を転換」すると述べ、消費者保護政策を重視する考えを示している。政権発足後、内閣府特命担当大臣(国民生活担当)岸田文雄に対し、消費者の視点で政府の政策や法令を見直し2007年12月までに緊急対策を纏めるよう指示している。今後、中央省庁の案や有識者の意見を踏まえ岸田が福田に報告し、法改正が必要な場合は第169回国会での法案提出を目指すとしている。その他、内閣総理大臣として史上初めて国民生活センターを視察したり、国民生活審議会への出席時間が内閣総理大臣として歴代最長となったりと、さまざまな場で消費者重視政策をアピールしている。安倍政権では国民生活センターの大幅な機能縮小が提言されたが、福田は内閣府国民生活局長の西達男に対し「10年後、20年後を見通して組織として充実を図るべきだ」と指示、国民生活審議会で機能強化を検討することになった。福田康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣府

    内閣府から見た国民生活センター国民生活センター

    内閣府が主管する独立行政法人は2012年4月1日現在、国立公文書館、北方領土問題対策協会および国民生活センター(主務庁:消費者庁)の3法人である。国立公文書館は特定独立行政法人であり、役職員は国家公務員の身分を有する。内閣府 フレッシュアイペディアより)

  • イチョウ

    イチョウから見た国民生活センター国民生活センター

    国民生活センターのレポートによると、アレルギー物質であるギンコール酸、有効物質であるテルペノイド、フラボノイドの含有量には製法と原料由来の大きな差がみられる。また、「お茶として長時間煮詰めると、ドイツの医薬品規格以上のギンコール酸を摂取してしまう場合がある」とし、異常などが表れた場合は、すぐに利用を中止し医師へ相談するよう呼び掛けている。イチョウ フレッシュアイペディアより)

  • 高速バス

    高速バスから見た国民生活センター国民生活センター

    「高速バス」のトラブル、増えてます(2011年7月21日) - 国民生活センターによる高速(路線)バスと(高速)ツアーバスとの違いに関する注意喚起高速バス フレッシュアイペディアより)

  • 折り畳み自転車

    折り畳み自転車から見た国民生活センター国民生活センター

    2002年5月9日、国民生活センターは低価格の折り畳み自転車には品質が悪いものが多いという試験結果を公表した。折り畳み自転車 フレッシュアイペディアより)

  • 商品先物取引

    商品先物取引から見た国民生活センター国民生活センター

    商品先物取引に関する消費者相談の傾向と問題点 - 独立行政法人国民生活センター商品先物取引 フレッシュアイペディアより)

124件中 91 - 100件表示

「国民生活センター」のニューストピックワード