166件中 111 - 120件表示
  • 携帯電話

    携帯電話から見た国民生活センター国民生活センター

    防水機能のない携帯電話は軽微な水濡れでも故障するので、利用者から「この程度の水濡れで故障するのは欠陥品ではないか」といった苦情が国民生活センターに寄せられている。国民生活センターでは、利用者に防水でない機種は水に濡らさないように注意し、水に濡れる使い方をする人は防水の機種を購入するように呼びかけている。携帯電話会社には消費者への周知徹底と日常の軽微な水濡れで故障しないような改善、修理をする場合は消費者に一方的な負担をさせないことを要望している。携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • 及川昭伍

    及川昭伍から見た国民生活センター国民生活センター

    1991年(平成3年)7月:国民生活センター理事長及川昭伍 フレッシュアイペディアより)

  • カイロプラクティック

    カイロプラクティックから見た国民生活センター国民生活センター

    日本など法制化が未整備な国は、未熟な施術による受傷を避けるため、教育を受けたものと、そうでないものを区別するための明確な基準が急務である。国民生活センターは整体、カイロプラクティック、マッサージなどの重症事例を「手技による医業類似行為の危害の報告書」として2012年にまとめ、カイロプラクティックは法的資格制度がなく、施術者の技術水準や施術方法などの差異を指摘した。国民生活センターの要請に、業界の対応として日本カイロプラクターズ協会 (JAC) は「カイロプラクティックの安全性に関するガイドラインおよびカイロプラクティックの広告に関するガイドライン」を発表し、利用者の安全性を高める目的で、特定の対象者に対して安全教育プログラムを開始した。カイロプラクティックの施術者はカイロプラクターとしてアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、EU諸国など約40カ国が資格として法制化しているが、日本やアフリカなど多くの国は公的資格等は定めていない。カイロプラクティック フレッシュアイペディアより)

  • 浄水器

    浄水器から見た国民生活センター国民生活センター

    一般的なものは、ホームセンターや家電量販店などで数千?数万円程度で入手可能であるが、訪問販売や催眠商法で販売される物の中には価格が数十万円?数百万円もする物もある。また水道局関係を騙って「水道水が汚染されている云々」といったセールストークで販売する手法が採られるものなど、いわゆる悪徳商法といえるものもある。消費生活センターや国民生活センターへの苦情が多い品目でもある。浄水器 フレッシュアイペディアより)

  • アノラック

    アノラックから見た国民生活センター国民生活センター

    国民生活センターによれば、中綿入りアノラックを洗濯機で脱水したところ、異常音がして洗濯機が飛び跳ねて半回転し、後ろの鉄板部分がはがれてしまう事故がおきている。アノラック フレッシュアイペディアより)

  • 催眠商法

    催眠商法から見た国民生活センター国民生活センター

    これらの商法では、主に高齢者や主婦といった「安売り」や「特売」に弱い層を狙い撃ちとし、高価な商品を売りつけた上で、販売会以降ではロクに解約・返品にも応じない事から、これら類似業者の活動が活発化した1990年代頃から国民生活センター等に数多くの相談が持ち込まれ、社会問題となった。催眠商法 フレッシュアイペディアより)

  • シソ

    シソから見た国民生活センター国民生活センター

    種子からはシソ油が取れる。シソ油には抗酸化作用のあるα-リノレン酸を多く含む。このため最近では健康食品としても注目されている。リノレン酸は酸化され易いため、同食用油の開封後は早めに消費する事が勧められる。また2004年には国民生活センターが、また2008年に日本即席食品工業協会がスチロール製容器を使用するカップ麺に入れた場合、容器が溶ける事があるとして注意を呼びかけている。シソ フレッシュアイペディアより)

  • 経済企画庁

    経済企画庁から見た国民生活センター国民生活センター

    及川昭伍 - 国民生活センター理事長、学士会評議員経済企画庁 フレッシュアイペディアより)

  • イチョウ

    イチョウから見た国民生活センター国民生活センター

    国民生活センターのレポートによると、アレルギー物質であるギンコール酸、有効物質であるテルペノイド、フラボノイドの含有量には製法と原料由来の大きな差がみられる。また、「お茶として長時間煮詰めると、ドイツの医薬品規格以上のギンコール酸を摂取してしまう場合がある」とし、異常などが表れた場合は、すぐに利用を中止し医師へ相談するよう呼び掛けている。イチョウ フレッシュアイペディアより)

  • スーパー安心パック

    スーパー安心パックから見た国民生活センター国民生活センター

    2007年11月1日付けで外装破損時の外装交換費用が無料から80%引きに変更された。この際の契約者への周知徹底が図られなかったこと、また、契約者に不利な契約内容に一方的に変更したことから、国民生活センターはソフトバンクモバイルに対して要望書を提出。周知徹底を求めるとともに、消費者に対して注意喚起を行った。スーパー安心パック フレッシュアイペディアより)

166件中 111 - 120件表示