124件中 51 - 60件表示
  • 奥井復太郎

    奥井復太郎から見た国民生活センター国民生活センター

    日本都市学会初代会長、文化勲章受章者選考委員会ならびに文化功労者選考審査会委員、特殊法人国民生活研究所(現・独立行政法人国民生活センター)所長、日本開発センター顧問、財団法人観光産業研究所所長、地域開発研究所所長、海運経済研究所調査委員会委員、ユネスコ国内委員、社会開発懇談会委員等を歴任。奥井復太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 学納金返還訴訟

    学納金返還訴訟から見た国民生活センター国民生活センター

    大学入学の辞退と学納金の返還 国民生活センターのHPより。学納金返還訴訟 フレッシュアイペディアより)

  • 資格商法

    資格商法から見た国民生活センター国民生活センター

    資格商法の二次被害 - 独立行政法人国民生活センター資格商法 フレッシュアイペディアより)

  • フラッシュマーケティング

    フラッシュマーケティングから見た国民生活センター国民生活センター

    国民生活センターは、2010年10月頃より共同購入型クーポンサイトの利用者からのトラブルが相次いで報告されていることを公表しており、クーポン購入の際には慎重な確認などを怠らないよう消費者に呼び掛けている(外部リンク参照)。フラッシュマーケティング フレッシュアイペディアより)

  • ハロゲンヒーター

    ハロゲンヒーターから見た国民生活センター国民生活センター

    国民生活センターは、2008年11月に「製品の不具合が目立つハロゲンヒーター」という文章名で情報提供をしている。社告対象製品の回収漏れにより火災が発生した事例や品質に関する消費者からの苦情について事例を挙げ、業者への改善要望および使用者への注意事項が記載されている。また、『ニュースウォッチ9』では可燃物の近くに置かれたハロゲンヒーターから出火する事例を実験映像を交えて報道した。このような報道等が、ハロゲンヒーターを売場で見かけられなくなった理由の1つとして考えられる。ハロゲンヒーター フレッシュアイペディアより)

  • サクラサイト

    サクラサイトから見た国民生活センター国民生活センター

    近年では、従来型の男性をターゲットとした出会い系サイトとは異なり、女性をターゲットとしたサイトも現れており、国民生活センターが相談を受けた被害額は100億円にものぼっている。サクラサイトの被害を防ぐための情報提供サイトもある。被害者の為のサイトも増えている。国民生活センターは、「サクラサイト商法」の増加とその危険を注意した。サクラサイト フレッシュアイペディアより)

  • 裁判外紛争解決手続

    裁判外紛争解決手続から見た国民生活センター国民生活センター

    司法制度改革推進本部が設置され同本部では「司法制度改革推進計画」を決定し、関連機関の連携強化のため連絡会議を設置する事や手続や機関などの情報提供を一元的に行えるようにする事や紛争の内容に即した法律以外の専門家もADRに活用する計画を立てた。同計画に沿って「ADRの拡充・活性化関係省庁等連絡会議」が設けられ、関係省庁が重点的に取り組むべき事項をまとめた「ADRの拡充・活性化のための関係機関等の連携強化に関するアクション・プラン」が作られた。同プランには、ADRへの理解の推進、あっせん人・調停人・仲裁人の確保および育成、国民生活センターの相談窓口としての機能向上、ADR機関への交通の向上などが盛り込まれた。また、総合法律支援法には国や地方公共団体や弁護士会や司法書士、弁理士、社会保険労務士、税理士、行政書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士等の法律家の団体とADR機関などが互いに連携して更に連携強化をしなければならないと定められている。裁判外紛争解決手続 フレッシュアイペディアより)

  • アルミホイール

    アルミホイールから見た国民生活センター国民生活センター

    近年、クロームメッキなどで極端に光を反射するように表面処理された一部のアルミホイールで、太陽光が収斂されて可燃物に照射されることで可燃物が発火し火災やボヤに至る事例が報告されており、国民生活センターなどが凹面型のメッキホイールを履いた車両の周囲に新聞紙や可燃ゴミなどの可燃物を置かないように注意を呼び掛けている。アルミホイール フレッシュアイペディアより)

  • ショッピングカート

    ショッピングカートから見た国民生活センター国民生活センター

    これら機能は、特定商取引法など消費者保護の観点にたったもので、消費者が機械の操作ミスで不要な商品を購入しないようにとの配慮による。この問題に関しては、日本では1990年代末頃に増大し始めた電子商取引需要にも関連し、国民生活センターにもインターネット経由の通信販売に苦情が寄せられ始めた頃に議論となった。このため、1回商品画像がクリックされた程度では注文されないよう、二重・三重の確認操作が必要になった。ショッピングカート フレッシュアイペディアより)

  • 井上大佑

    井上大佑から見た国民生活センター国民生活センター

    また消費者庁によると、「ロイヤリティーが年60万円」との触れ込みで、著作権の一部とされる証書が1口150万円で販売されており、国民生活センターには2009年9月以来53件の被害相談が寄せられているものの、実際に販売した業者が不明のため、井上ら関係者から事情聴取を行う方針だという。井上大佑 フレッシュアイペディアより)

124件中 51 - 60件表示

「国民生活センター」のニューストピックワード