66件中 11 - 20件表示
  • 新国誠一

    新国誠一から見た国立国際美術館国立国際美術館

    新国は詩と他分野が混成する表現を否定し、あくまで言語による表現を追求した。しかし1970年代には、コンクリート・ポエトリーの運動は他の美術的要素を取り込んだヴィジュアル・ポエトリーへの展開を見せ、新国のように言語と他の表現を融合することを否定し、あくまで言語の表現としての詩を追求したコンクリティズムは廃れていった。新国の突然の死後、日本の視覚詩やコンクリートポエトリーの運動は終焉を迎え、新国の作品も時代と共になかば忘れられた。デザインや美術の分野で新国の作品が注目されることはあったが、詩として注目されることはなかった。しかし没後31年の2008年に、国立国際美術館で初の本格的な回顧展が開催され、またそれにあわせて作品集が刊行されたことで、再度注目されつつある。その物質としての文字による表現が、アスキーアートなどにも通底するものがあるという指摘もなされている。新国誠一 フレッシュアイペディアより)

  • ロザリンド・クラウス

    ロザリンド・クラウスから見た国立国際美術館国立国際美術館

    「視覚的無意識 第6章」小西信之ほか訳(『重力 戦後美術の座標軸』国立国際美術館、1997年)ロザリンド・クラウス フレッシュアイペディアより)

  • 本間正義 (美術評論家)

    本間正義 (美術評論家)から見た国立国際美術館国立国際美術館

    新潟県出身。東京帝国大学卒。東京国立近代美術館次長を経て、1975年(昭和50年)大阪国立国際美術館長、1982年(昭和57年)埼玉県立近代美術館長。本間正義 (美術評論家) フレッシュアイペディアより)

  • 三木多聞

    三木多聞から見た国立国際美術館国立国際美術館

    三木宗策の子として東京に生まれる。早稲田大学文学部卒。東京国立近代美術館勤務、文化庁文化財保護部企画官を経て、1986年、国立国際美術館長、1992年、徳島県立近代美術館長、のち顧問、東京都写真美術館館長、のち名誉館長。三木多聞 フレッシュアイペディアより)

  • 鯉江良二

    鯉江良二から見た国立国際美術館国立国際美術館

    2003年(平成15年) 国立国際美術館「大地-クレイワーク新世紀」、アメリカ・ニューヨーク、メトロポリタン美術館「織部-転換期の日本美術」。鯉江良二 フレッシュアイペディアより)

  • 束芋

    束芋から見た国立国際美術館国立国際美術館

    個展「断面の世代」(国立国際美術館、2010年7月〜2010年9月)束芋 フレッシュアイペディアより)

  • 丸山直文

    丸山直文から見た国立国際美術館国立国際美術館

    1992年‐現代美術への視点:形象?はざまに」東京国立近代美術館、国立国際美術館丸山直文 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤礼

    内藤礼から見た国立国際美術館国立国際美術館

    1995年- 国立国際美術館で個展。『みごとに晴れて訪れるを待て』を出品。内藤礼 フレッシュアイペディアより)

  • 高松次郎

    高松次郎から見た国立国際美術館国立国際美術館

    「日本語の文字(この七つの文字)」(1970)国立国際美術館高松次郎 フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・アルバレス・ブラボ

    マヌエル・アルバレス・ブラボから見た国立国際美術館国立国際美術館

    芸術としての写真 その誕生から今日まで ―シカゴ美術館のコレクションから― 1984年10月6日‐12月4日(国立国際美術館にて開催)マヌエル・アルバレス・ブラボ フレッシュアイペディアより)

66件中 11 - 20件表示

「国立国際美術館」のニューストピックワード