98件中 21 - 30件表示
  • 黒田アキ

    黒田アキから見た国立国際美術館国立国際美術館

    1993-1994年 - 東京国立近代美術館、また国立国際美術館にて当時最年少で個展。黒田アキ フレッシュアイペディアより)

  • 小田襄

    小田襄から見た国立国際美術館国立国際美術館

    1981年 日本と東欧展(国立国際美術館)出品小田襄 フレッシュアイペディアより)

  • 新国誠一

    新国誠一から見た国立国際美術館国立国際美術館

    新国は詩と他分野が混成する表現を否定し、あくまで言語による表現を追求した。しかし1970年代には、コンクリート・ポエトリーの運動は他の美術的要素を取り込んだヴィジュアル・ポエトリーへの展開を見せ、新国のように言語と他の表現を融合することを否定し、あくまで言語の表現としての詩を追求したコンクリティズムは廃れていった。新国の突然の死後、日本の視覚詩やコンクリートポエトリーの運動は終焉を迎え、新国の作品も時代と共になかば忘れられた。デザインや美術の分野で新国の作品が注目されることはあったが、詩として注目されることはなかった。しかし没後31年の2008年に、国立国際美術館で初の本格的な回顧展が開催され、またそれにあわせて作品集が刊行されたことで、再度注目されつつある。その物質としての文字による表現が、アスキーアートなどにも通底するものがあるという指摘もなされている。新国誠一 フレッシュアイペディアより)

  • 田淵安一

    田淵安一から見た国立国際美術館国立国際美術館

    1979年 「現代の作家1 田淵安一、湯原和夫、吉原英雄」国立国際美術館田淵安一 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼孝啓

    平沼孝啓から見た国立国際美術館国立国際美術館

    2009年9月、国立国際美術館において「建築家 平沼孝啓 建築展」が開催された。平沼孝啓 フレッシュアイペディアより)

  • 野田哲也

    野田哲也から見た国立国際美術館国立国際美術館

    2008年 - 「アジアとヨーロッパの肖像」(大阪、国立国際美術館)野田哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 川上元美

    川上元美から見た国立国際美術館国立国際美術館

    1978年 「イスのかたち―デザインからアートへ」出品/国立国際美術館川上元美 フレッシュアイペディアより)

  • アンゼルム・キーファー

    アンゼルム・キーファーから見た国立国際美術館国立国際美術館

    星空 - 1995年、国立国際美術館アンゼルム・キーファー フレッシュアイペディアより)

  • 南桂子

    南桂子から見た国立国際美術館国立国際美術館

    国立国際美術館(大阪府大阪市)南桂子 フレッシュアイペディアより)

  • 鯉江良二

    鯉江良二から見た国立国際美術館国立国際美術館

    2003年(平成15年) 国立国際美術館「大地-クレイワーク新世紀」、アメリカ・ニューヨーク、メトロポリタン美術館「織部-転換期の日本美術」。鯉江良二 フレッシュアイペディアより)

98件中 21 - 30件表示

「国立国際美術館」のニューストピックワード