66件中 51 - 60件表示
  • あいちトリエンナーレ

    あいちトリエンナーレから見た国立国際美術館国立国際美術館

    2010年から3年ごとに開催される国際芸術祭(トリエンナーレ)で、第一回の「あいちトリエンナーレ2010」は2010年8月21日?10月31日の72日間の日程で、名古屋市の愛知芸術文化センターや名古屋市美術館、長者町地区、納屋橋などを会場に開催された。テーマは『都市の祝祭 Arts and Cities』で、芸術監督を国立国際美術館館長の建畠晢が務めた。オフィシャルサポーターには、SKE48が任命された。あいちトリエンナーレ フレッシュアイペディアより)

  • N4.TOWER

    N4.TOWERから見た国立国際美術館国立国際美術館

    大阪市立科学館や国立国際美術館、大阪大学キャンパスイノベーションセンター、大阪市立近代美術館(計画)などが建つ文化施設の集まる地域に建設されているほか、北側には京阪と大林組が共同で、外資系ホテルなどを誘致する複合高層ビルを建設する計画があるなど、再開発が著しい地域である。N4.TOWER フレッシュアイペディアより)

  • 木村重信

    木村重信から見た国立国際美術館国立国際美術館

    京都府城陽市生まれ。1949年京都大学文学部哲学科卒業、1953年京都市立美術大学講師、1956年から1957年までソルボンヌ大学民族学研究所に留学。1958年助教授、1969年京都市立芸術大学教授、1974年大阪大学文学部教授、1975年「美術の始原」で大阪大学文学博士、1976年国立民族学博物館併任教授、1989年大阪大学を定年退官、大阪府顧問、1992年国立国際美術館館長、その後兵庫県立美術館長。この間世界全域で多くのフィールドワークをおこないアフリカなどの原始美術の研究で知られる。木村重信 フレッシュアイペディアより)

  • 流政之

    流政之から見た国立国際美術館国立国際美術館

    「風の城」1978年 国立国際美術館流政之 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪3000系電車 (2代)

    京阪3000系電車 (2代)から見た国立国際美術館国立国際美術館

    同年の京都市美術館(三条駅から地下鉄東西線乗り換え東山駅または神宮丸太町駅が至近)ならびに国立国際美術館(渡辺橋駅が至近)での「ルーヴル美術館展」開催期間中は、1編成の両端車両でそれぞれ異なるデザインの円形ヘッドマークを掲げて運行していた(茶色ベースの前者は出町柳寄りの3000形に、緑色ベースの後者は中之島寄りの3050形にそれぞれ掲出)。京阪3000系電車 (2代) フレッシュアイペディアより)

  • 文化庁

    文化庁から見た国立国際美術館国立国際美術館

    国立美術館 - 東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、国立西洋美術館、国立国際美術館、国立新美術館文化庁 フレッシュアイペディアより)

  • 万博記念公園

    万博記念公園から見た国立国際美術館国立国際美術館

    国立国際美術館 - もと万国博美術館。老朽化により、大阪市北区中之島に移転。解体。万博記念公園 フレッシュアイペディアより)

  • 木村草弥

    木村草弥から見た国立国際美術館国立国際美術館

    京都府綴喜郡青谷村(現在の城陽市)の宇治茶問屋・丸京山城園製茶場の経営者・木村重太郎とトヨの三男として出生した。姉兄妹六人きょうだいの四番目。太宰治『パンドラの匣』の元となった日誌の書き手・木村庄助は長兄。大阪大学教授、国立国際美術館館長、兵庫県立美術館館長などを歴任した美術史家・木村重信は次兄。木村草弥 フレッシュアイペディアより)

  • マルセル・デュシャン

    マルセル・デュシャンから見た国立国際美術館国立国際美術館

    マルセル・デュシャンと20世紀美術展(2004年 国立国際美術館開館記念展)マルセル・デュシャン フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・デュビュッフェ

    ジャン・デュビュッフェから見た国立国際美術館国立国際美術館

    『愉快な夜』 (1949年)国立国際美術館ジャン・デュビュッフェ フレッシュアイペディアより)

66件中 51 - 60件表示

「国立国際美術館」のニューストピックワード