478件中 91 - 100件表示
  • 飯塚啓

    飯塚啓から見た東京科学博物館国立科学博物館

    飯塚 啓(いいづか あきら、慶応4年6月16日(1868年8月4日) - 昭和13年(1938年)12月10日)は、日本の動物学者。元学習院大学教授。環虫類の世界的権威として知られた。特に、ゴカイの研究は世界のトップと言っても過言ではなかった。著書「海産動物学」は、名テキストとして長く使用された。また、東京科学博物館動物学部長としても活躍した。息子は飯塚浩二。飯塚啓 フレッシュアイペディアより)

  • バイオメカニクス

    バイオメカニクスから見た国立科学博物館国立科学博物館

    生き物から教えてもらう技術 !---「バイオミメティクス」研究最前線 - 国立科学博物館バイオメカニクス フレッシュアイペディアより)

  • 花井哲郎 (地球科学者)

    花井哲郎 (地球科学者)から見た国立科学博物館国立科学博物館

    地理学者・花井重次(はない しげじ、1900年3月18日 - 1981年6月9日)の長男として生まれる。1943年に弘前高等学校へ入学、1945年に東京帝国大学理学部地学科地質学科に進学し、1948年に大学を卒業。卒業論文は三陸海岸の宮古層群の研究。卒業演習は中国中生代の貝形虫。2年間の大学院特別研究生を経て、燃料地質学講座の助手。1953年より3年間フルブライト交換留学生としてアメリカ・ルイジアナ州立大学に留学。H. V. Howe教授に貝形虫研究を学ぶ。1956年、ルイジアナ州立大学で博士号取得。1961年5月、論文「日本産貝形類の研究」で東京大学より理学博士号取得。1972年より東京大学理学部教授。1984年同定年退職、名誉教授となる。1985年国際オストラコーダ(貝形類)・シンポジウムを開催する。その後国立科学博物館研究員、1989年から1995年まで、大阪学院大学教授。2001年日本古生物学会賞(横山賞)受賞。この間、多くの教育研究機関の併任・非常勤講師などを務める。また日本古生物学会評議員・会長、日本学術会議古生物研究連絡委員会委員・委員長、日本学術会議地質科学総合研究連絡委員会委員などを歴任した。花井哲郎 (地球科学者) フレッシュアイペディアより)

  • J-SH04

    J-SH04から見た国立科学博物館国立科学博物館

    後の携帯電話の技術に重要な成果をもたらしたとして、2014年に国立科学博物館の未来技術遺産に登録された。J-SH04 フレッシュアイペディアより)

  • 高林兵衛

    高林兵衛から見た国立科学博物館国立科学博物館

    収集された和時計は、国立科学博物館に寄託され、同館3階の時計室で見ることができる。高林兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • 誤給油

    誤給油から見た国立科学博物館国立科学博物館

    コンタミプルーフ(誤給油防止)機能(国立科学博物館 産業技術の歴史)誤給油 フレッシュアイペディアより)

  • コルタン

    コルタンから見た国立科学博物館国立科学博物館

    松原聰・宮脇律郎 『国立科学博物館叢書5 日本産鉱物型録』 東海大学出版会、2006年、ISBN 978-4-486-03157-4。コルタン フレッシュアイペディアより)

  • タマオ (象)

    タマオ (象)から見た国立科学博物館国立科学博物館

    タマオは、2010年3月13日から6月13日まで国立科学博物館で開催されていた「大哺乳類展 陸のなかまたち」に、骨格標本として再びその姿を見せた。生前の推定体重は約7トンだったが、骨格だけでもその総重量は600キログラムを超えていた。但し、牙だけは重すぎて頭部につけられないため、レプリカが使われていた。タマオ (象) フレッシュアイペディアより)

  • READY GO!!/Wake Me Up!

    READY GO!!/Wake Me Up!から見た国立科学博物館国立科学博物館

    カップリング曲「ふしぎなげんそのうた」は、2012年7月20日から同年10月8日まで国立科学博物館で開催の特別展「元素のふしぎ」のテーマ曲。READY GO!!/Wake Me Up! フレッシュアイペディアより)

  • 氷雪藻

    氷雪藻から見た国立科学博物館国立科学博物館

    極地の藻 - 国立科学博物館氷雪藻 フレッシュアイペディアより)

478件中 91 - 100件表示

「国立科学博物館」のニューストピックワード

  • JFA・キリン ビッグスマイルフィールド

  • なかなか試合に出られていないし、日本代表に呼ばれていない。

  • JFA・キリンビッグスマイルフィールド