316件中 41 - 50件表示
  • おさんぽ大王

    おさんぽ大王から見た国立科学博物館国立科学博物館

    上野公園の「おさんぽ」。「花園稲荷神社」「国立科学博物館」「動物園」などを見て周り、動物園のレストランで「体験メニュー ゴリラの食事」を食べ、先祖返りしておしまい。おさんぽ大王 フレッシュアイペディアより)

  • セメントタンカー

    セメントタンカーから見た国立科学博物館国立科学博物館

    わが国初のばら積セメントタンカー 清忠丸(国立科学博物館セメントタンカー フレッシュアイペディアより)

  • 田植機

    田植機から見た国立科学博物館国立科学博物館

    人力による田植機は1960年代に実用化が始まった。国立科学博物館の記録によれば、国産実用化第1号機は、北海道千歳市の企業が1964年に開発したもので12列の株を同時に植えられる機能があったとされる。また、動力式のものも1968年には開発されており、作業効率の大幅な向上に寄与した1。田植機 フレッシュアイペディアより)

  • 明石人

    明石人から見た国立科学博物館国立科学博物館

    戦後、松村瞭が製作した石膏模型をもとに、長谷部言人が研究を再開し、昭和23年(1948年)、発見された人骨は原人のものであるとして「明石原人」と命名した。一方、東京大学の遠藤萬里と国立科学博物館の馬場悠男は、昭和57年(1982年)、人類進化史の各段階の人骨と比較して「明石原人」は現代的であるとして、原人ではなく、縄文時代以降の新人であるという説を発表した。また、国立歴史民俗博物館の春成秀爾は、昭和60年(1985年)、西八木海岸で発掘調査を行い、人骨が出土したとされる地層と同じ層から、多数の木片を発見。平成9年(1997年)には明石市教育委員会が近隣の藤江川添遺跡で発掘調査を行い、中期旧石器時代のものとみられるメノウ製の握斧を発見。明石人 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄重石

    鉄重石から見た国立科学博物館国立科学博物館

    松原聰・宮脇律郎 『国立科学博物館叢書5 日本産鉱物型録』 東海大学出版会、2006年、ISBN 978-4-486-03157-4。鉄重石 フレッシュアイペディアより)

  • 黄長石

    黄長石から見た国立科学博物館国立科学博物館

    松原聰・宮脇律郎 国立科学博物館叢書5 日本産鉱物型録』東海大学出版会、2006年、ISBN 978-4-486-03157-4。黄長石 フレッシュアイペディアより)

  • 西城恵一

    西城恵一から見た国立科学博物館国立科学博物館

    広島県出身。子供の頃から星が好きで、当時はよく星空を見上げていた。中学生になってからプラネタリウムに出入りするようになる。東京大学理学部天文学科在学時に北村正利のゼミに入り光電管による変光星の観測を始めた。1973年東京大学理学部天文学科卒業、1979年東京大学大学院理学系研究科天文学専攻博士課程修了。国立科学博物館に入り理工学研究部研究員を経て天文学担当の主任研究官となる。変光星の眼視観測データの収集と解析に尽力しており、またぎょしゃ座ζ星やケフェウス座VV星のような主星が赤色超巨星で伴星が早期スペクトル型を示す主系列星の食変光星や赤色巨星の脈動変光星の研究をしていることでも知られている。閨閥・門閥には無縁でアマチュア天文家との交流にも積極的な庶民派の天文学者であるといえる。西城恵一 フレッシュアイペディアより)

  • 遠州灘

    遠州灘から見た国立科学博物館国立科学博物館

    2000年4月6日 - 大須賀町(現掛川市沿岸部)の遠州灘海岸に、抹香鯨が打ち上げられた。救助活動を行ったが、翌4月7日に死亡した。このクジラは現在国立科学博物館に収蔵されている。遠州灘 フレッシュアイペディアより)

  • 星宮社

    星宮社から見た国立科学博物館国立科学博物館

    1632年(1670年とも)、星宮社の南の南野村に隕石が落ちた。1829年(文政12年)に喚続神社へ寄進され、社宝となる。1976年に国立科学博物館の村山定夫によって隕石と確認され、南野隕石と命名された。隕石を収められている木箱には表に「霊石」と書かれている。星宮社 フレッシュアイペディアより)

  • 赤礬

    赤礬から見た国立科学博物館国立科学博物館

    松原聰・宮脇律郎『国立科学博物館叢書5 日本産鉱物型録』東海大学出版会、2006年、ISBN 978-4-486-03157-4。赤礬 フレッシュアイペディアより)

316件中 41 - 50件表示

「国立科学博物館」のニューストピックワード