478件中 61 - 70件表示
  • 光珠内隕石

    光珠内隕石から見た国立科学博物館国立科学博物館

    美唄市郷土資料館が所蔵。研究のため複数回にわたり一部が削り取られており、北海道大学総合博物館と国立科学博物館に小片が保管されている。光珠内隕石 フレッシュアイペディアより)

  • 田上隕石

    田上隕石から見た国立科学博物館国立科学博物館

    1885年(明治18年)、大津市田神山で発見されたIIIEに分類される鉄隕石である。国立科学博物館で展示されている。田上隕石 フレッシュアイペディアより)

  • 亜鉛緑礬

    亜鉛緑礬から見た国立科学博物館国立科学博物館

    松原聰・宮脇律郎『国立科学博物館叢書5 日本産鉱物型録』東海大学出版会、2006年、ISBN 978-4-486-03157-4。亜鉛緑礬 フレッシュアイペディアより)

  • 赤礬

    赤礬から見た国立科学博物館国立科学博物館

    松原聰・宮脇律郎『国立科学博物館叢書5 日本産鉱物型録』東海大学出版会、2006年、ISBN 978-4-486-03157-4。赤礬 フレッシュアイペディアより)

  • エイコンドライト

    エイコンドライトから見た国立科学博物館国立科学博物館

    隕石の分類(国立科学博物館理工学研究部 米田成一)エイコンドライト フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚

    鈴木尚から見た国立科学博物館国立科学博物館

    鈴木 尚(すずき ひさし、1912年(明治45年)3月24日 - 2004年(平成16年)10月1日)は日本の人類学者。縄文時代から現代に至る日本人の形質を人類学や解剖学の面から研究し、それまで知られていなかった、歴史時代を通じての日本人の大きな形質変化を明らかにした事で著名。東京大学教授、国立科学博物館人類研究部長、成城大学教授を歴任。東京大学名誉教授、医学博士。1998年紫綬褒章。鈴木尚 フレッシュアイペディアより)

  • 濃紅銀鉱

    濃紅銀鉱から見た国立科学博物館国立科学博物館

    松原聰・宮脇律郎 『国立科学博物館叢書5 日本産鉱物型録』 東海大学出版会、2006年、ISBN 978-4-486-03157-4。濃紅銀鉱 フレッシュアイペディアより)

  • 菱苦土鉱

    菱苦土鉱から見た国立科学博物館国立科学博物館

    松原聰・宮脇律郎『国立科学博物館叢書5 日本産鉱物型録』東海大学出版会、2006年、ISBN 978-4-486-03157-4。菱苦土鉱 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山石

    岡山石から見た国立科学博物館国立科学博物館

    岡山石(おかやませき、 Okayamalite)は、1998年に発表された新鉱物で国立科学博物館の鉱物学者松原聰などにより、岡山県の布賀から発見された。 化学組成はCa2B2SiO7で、正方晶系。ゲーレン石 (Gehlenite) のアルミニウムを硼素で置き換えた組成の種である。産出地の県名から命名された。岡山石 フレッシュアイペディアより)

  • 磐城鉱

    磐城鉱から見た国立科学博物館国立科学博物館

    磐城鉱(いわきこう、 Iwakiite)は、1979年に発表された新鉱物で、国立科学博物館の鉱物学者松原聰などにより、福島県いわき市の御斉所(ございしょ)マンガン鉱山で発見された。 化学組成はMn2+(Fe3+,Mn3+)2O4で、正方晶系。ヤコブス鉱 (Jacobsite)、Mn2+Fe3+2O4、等軸晶系、の3価の鉄の一部を3価のマンガンが置き換えることにより、対称性の下がった同質異像となったものである。強い磁性を持ち、ヤコブス鉱と共生しない石英としばしば共生していることが特徴。いわき市の古い呼び名にちなんで命名された。磐城鉱 フレッシュアイペディアより)

478件中 61 - 70件表示

「国立科学博物館」のニューストピックワード

  • JFA・キリン ビッグスマイルフィールド

  • なかなか試合に出られていないし、日本代表に呼ばれていない。

  • JFA・キリンビッグスマイルフィールド