316件中 61 - 70件表示
  • 閃ウラン鉱

    閃ウラン鉱から見た国立科学博物館国立科学博物館

    松原聰・宮脇律郎『国立科学博物館叢書5 日本産鉱物型録』東海大学出版会、2006年、ISBN 978-4-486-03157-4。閃ウラン鉱 フレッシュアイペディアより)

  • アダマイト

    アダマイトから見た国立科学博物館国立科学博物館

    松原聰・宮脇律郎 『国立科学博物館叢書5 日本産鉱物型録』 東海大学出版会、2006年、ISBN 978-4-486-03157-4。アダマイト フレッシュアイペディアより)

  • 日本動物分類学会

    日本動物分類学会から見た国立科学博物館国立科学博物館

    日本動物分類学会(にほんどうぶつぶんるいがっかい、The Japanese Society of Systematic Zoology)は、動物分類学に関する理解・親睦・振興を目的とした学会である。創立時は「動物分類学会」という名称であった。会員数は約380名。本学会事務局所在地は国立科学博物館分館内。日本動物分類学会 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉藻

    温泉藻から見た国立科学博物館国立科学博物館

    微小藻の世界、温泉の藻 - 国立科学博物館温泉藻 フレッシュアイペディアより)

  • 文京区の町名

    文京区の町名から見た国立科学博物館国立科学博物館

    明治3年(1870年)、湯島三丁目が同四丁目に編入。これにより「湯島」は二丁目と三丁目が欠番となった。明治19年(1886年)、本郷区と神田区の境界が変更され、神田区宮本町の一部が本郷区に編入。当該編入区域が新しい湯島二丁目および三丁目となった。このとき成立した湯島二丁目は湯島聖堂の所在地で、東京教育博物館(国立科学博物館の前身)があった。三丁目は昌平坂学問所の跡地で、東京師範学校(東京教育大学、筑波大学の前身)および東京女子師範学校(お茶の水女子大学の前身)があった。現在の東京医科歯科大学および同大学附属病院の敷地にあたる。文京区の町名 フレッシュアイペディアより)

  • 今関六也

    今関六也から見た国立科学博物館国立科学博物館

    科学博物館勤務時代(1932-47)には、サルノコシカケ科の分類学研究を行う一方、科学博物館の基礎研究部門の発展に力を尽くした。今関六也 フレッシュアイペディアより)

  • 青森隕石

    青森隕石から見た国立科学博物館国立科学博物館

    青森隕石(あおもりいんせき)は、1984年(昭和59年)6月30日、青森県青森市松森の民家に落下した石質隕石(コンドライト)である。重量は320gで、民家の屋根に落下した際に砕け、その破片は青森県立郷土館、国立科学博物館に所蔵されている。青森隕石 フレッシュアイペディアより)

  • 気仙隕石

    気仙隕石から見た国立科学博物館国立科学博物館

    明治27年に帝室博物館に献納され、現在は、国立科学博物館に収蔵・展示されている。陸前高田市立博物館には実物大レプリカが展示されている。気仙隕石 フレッシュアイペディアより)

  • シカン文化

    シカン文化から見た国立科学博物館国立科学博物館

    東京・上野の国立科学博物館で「インカ帝国のルーツ 黄金の都シカン」が開催(会期:2009年7月14日 - 10月12日)された。その後は熊本県立美術館(会期:2009年10月30日 - 12月23日)、富山県民会館(会期:2010年1月9日 - 3月7日)、高知県立美術館(会期:2010年3月14日 - 4月18日)、福岡市博物館(会期:2010年4月24日 - 6月20日)、仙台市博物館(会期:2010年7月2日 - 8月22日)と巡回。シカン文化 フレッシュアイペディアより)

  • 富谷隕石

    富谷隕石から見た国立科学博物館国立科学博物館

    H4、H5に分類される普通コンドライトである。2000年までに日本で発見された隕石としては、1849年に長崎県福江市に落下した鉄隕石である福江隕石の8gについで最も小規模な隕石である。国立科学博物館に保管されている。富谷隕石 フレッシュアイペディアより)

316件中 61 - 70件表示

「国立科学博物館」のニューストピックワード