316件中 71 - 80件表示
  • 美濃隕石

    美濃隕石から見た国立科学博物館国立科学博物館

    各隕石には当時の藍見村極楽寺に落下したものが藍見号と呼ばれるなどAimi(藍見)、Atobe、Hachiman、Hiromi、Itumi、Iwa、Izumi、Taromaruなどの名前がつけられ、ロンドン自然史博物館の隕石カタログに登録されている。4.04kgの藍見号は国立科学博物館に展示されている。美濃隕石 フレッシュアイペディアより)

  • 松江由紀子

    松江由紀子から見た国立科学博物館国立科学博物館

    18(2006/08/17) 国立科学博物館によく友達と行っている。松江由紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 天然ウラン

    天然ウランから見た国立科学博物館国立科学博物館

    松原聰・宮脇律郎 『国立科学博物館叢書5 日本産鉱物型録』 東海大学出版会、2006、ISBN 978-4-486-03157-4。天然ウラン フレッシュアイペディアより)

  • 指月電機製作所

    指月電機製作所から見た国立科学博物館国立科学博物館

    同社の運賃表示器、音声案内放送装置を国立科学博物館では、産業技術史資料として紹介している。指月電機製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 文部省・文部科学省出身の人物

    文部省・文部科学省出身の人物から見た国立科学博物館国立科学博物館

    佐々木正峰 - 独立行政法人国立科学博物館長、元文化庁長官。文部省・文部科学省出身の人物 フレッシュアイペディアより)

  • 燐灰ウラン石

    燐灰ウラン石から見た国立科学博物館国立科学博物館

    松原聰・宮脇律郎 『国立科学博物館叢書5 日本産鉱物型録』 東海大学出版会、2006年、ISBN 978-4-486-03157-4。燐灰ウラン石 フレッシュアイペディアより)

  • ココロ (企業)

    ココロ (企業)から見た国立科学博物館国立科学博物館

    国立科学博物館(科学展示「恐竜パズル」)ココロ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 濃紅銀鉱

    濃紅銀鉱から見た国立科学博物館国立科学博物館

    松原聰・宮脇律郎 『国立科学博物館叢書5 日本産鉱物型録』 東海大学出版会、2006年、ISBN 978-4-486-03157-4。濃紅銀鉱 フレッシュアイペディアより)

  • メクラチビゴミムシ

    メクラチビゴミムシから見た国立科学博物館国立科学博物館

    メクラチビゴミムシ類など洞穴性の甲虫の研究は、元国立科学博物館の上野俊一の洞穴生物学の研究で重要な位置を占めており、彼の一連の研究によって洞穴生物の生物学上の位置づけに新しい視野がもたらされた。つまり、洞穴固有と考えられていた、極端に地下生活に適応した多くの無脊椎動物が、洞穴以外の地下浅層に広範に生息し、その延長線上で洞穴にも進出していることが明らかになったのである。こうした経緯で、日本から新種記載されているメクラチビゴミムシ類の相当数が上野の記載による。メクラチビゴミムシ フレッシュアイペディアより)

  • ケブカヒメヨコバサミ

    ケブカヒメヨコバサミから見た国立科学博物館国立科学博物館

    Paguristes 属に共通する和名「ヒメヨコバサミ」 は、鉗脚が左右方向に開くことと小型種が多いことに由来する。その中でも本種は体表に毛が密生し毛深いため標準和名に「ケブカ」が付けられた。学名の種小名"ortmanni"は、インド太平洋産の甲殻類を研究したドイツの動物学者アーノルト・エドゥアルト・オルトマンに対する献名である。ホロタイプは東京・国立科学博物館に保存されている。ケブカヒメヨコバサミ フレッシュアイペディアより)

316件中 71 - 80件表示

「国立科学博物館」のニューストピックワード