478件中 71 - 80件表示
  • 種山石

    種山石から見た国立科学博物館国立科学博物館

    種山石(たねやませき、 Taneyamalite)は、1981年に発表された新鉱物で、九州大学の鉱物学者青木義和などにより熊本県の種山マンガン鉱山から、また国立科学博物館の鉱物学者松原聰により埼玉県の岩井沢マンガン鉱山から発見された。 化学組成は(Na,Ca)(Mn2+,Mg,Fe3+,Al)12(O,OH)44で、三斜晶系。ハウィー石 (Howieite)、の2価の鉄を2価のマンガンで置き換えた組成に相当する鉱物。発見地の鉱山名から命名された。種山石 フレッシュアイペディアより)

  • マラー石

    マラー石から見た国立科学博物館国立科学博物館

    松原聰・宮脇律郎『国立科学博物館叢書5 日本産鉱物型録』東海大学出版会、2006年、ISBN 978-4-486-03157-4。マラー石 フレッシュアイペディアより)

  • セリウムヒンガン石

    セリウムヒンガン石から見た国立科学博物館国立科学博物館

    セリウムヒンガン石(セリウムヒンガンせき、 Hingganite-(Ce))は、2007年に発表された新鉱物で、国立科学博物館の鉱物学者宮脇律郎などにより、岐阜県中津川市の蛭川地域から発見された。 化学組成はBeCe(SiO4)(OH)2で、単斜晶系。ヒンガン石(Hingganite)グループに属する。最初に記載されたイットリウムヒンガン石(Hingganite-(Y))が、中国黒竜江省から産出し、付近の大興安嶺(Da Hinggan Ling)に因んで名付けられたため、和名は、ヒンガン石を興安石と書くこともできるが、殆ど用いられていない。セリウムヒンガン石 フレッシュアイペディアより)

  • 相互作用銀河

    相互作用銀河から見た国立科学博物館国立科学博物館

    ?. 銀河と銀河がぶつかることはあるのですか? 国立科学博物館-宇宙の質問箱-銀河編相互作用銀河 フレッシュアイペディアより)

  • モジホコリ

    モジホコリから見た国立科学博物館国立科学博物館

    変形菌と親しむ - 国立科学博物館:変形菌の探し方、モジホコリの飼い方などモジホコリ フレッシュアイペディアより)

  • 若林鉱

    若林鉱から見た国立科学博物館国立科学博物館

    若林鉱(わかばやしこう、 Wakabayashilite)は、1970年(昭和45年)に発表された新鉱物で、国立科学博物館の鉱物学者加藤昭などにより、群馬県の西ノ牧(にしのまき)鉱山で発見された。化学組成は(As,Sb)11S18で、単斜晶系。三菱鉱業の鉱物学者で、コレクションも残した若林弥一郎の業績をたたえて命名された。若林鉱 フレッシュアイペディアより)

  • ニッポノサウルス

    ニッポノサウルスから見た国立科学博物館国立科学博物館

    化石は、三井鉱山川上炭鉱施設内の病院建設現場から発見された。命名者は北海道大学教授、長尾巧。発掘された化石は頭骨の一部、骨盤、腰椎、後脚など、全身の約40%が得られている。産出層は白亜紀に形成された海成層であり、死後、死体が海浜に移動したか、海岸で死亡したとされている。日本人によって研究、記載されたはじめての恐竜である。模式標本は北海道大学に保管され、復元骨格は北海道大学総合博物館と国立科学博物館に展示されている。ニッポノサウルス フレッシュアイペディアより)

  • 玖珂隕石

    玖珂隕石から見た国立科学博物館国立科学博物館

    大きさは12.5cm×11cm×6cmで 重量は5.6kgで国立科学博物館に展示されている。山口県立山口博物館にレプリカと切片が展示され、2004年に落下地に記念碑が建てられた。玖珂隕石 フレッシュアイペディアより)

  • 明石原人

    明石原人から見た国立科学博物館国立科学博物館

    34年後の1982年(昭和57年)、コンピューターによる石膏模型の解析が東京大学の遠藤萬里と国立科学博物館の馬場悠男によって行われる。その結果、人類進化史の各段階の人骨と比較して「明石原人」は現代的であるとして、原人ではなく、縄文時代以降の新人であるという説を打ち出した。また、1985年(昭和60年)春には国立歴史民俗博物館の春成秀爾が西八木海岸で発掘調査を行い、人骨が出土したとされる地層と同じ更新世中期の礫層から人工的加工痕の認められる木片を発見。この木片は広葉樹のハマグワと鑑定され、板状に裂けない広葉樹であることから人工品の可能性が考えられた。なおこの地層年代は最終間氷期後半(約8万年前)?最終氷期前半(約6万年前)と考えられている。明石原人 フレッシュアイペディアより)

  • スルガラン

    スルガランから見た国立科学博物館国立科学博物館

    2012年10月26日、国立科学博物館筑波実験植物園は、スルガランを種子親とし、スルガランと同属で光合成を行わないマヤラン(菌従属栄養植物)を花粉親とした雑種が世界で初めて開花したことを公表した。スルガラン フレッシュアイペディアより)

478件中 71 - 80件表示

「国立科学博物館」のニューストピックワード

  • JFA・キリン ビッグスマイルフィールド

  • なかなか試合に出られていないし、日本代表に呼ばれていない。

  • JFA・キリンビッグスマイルフィールド