478件中 81 - 90件表示
  • 品川無線

    品川無線から見た国立科学博物館国立科学博物館

    また、国立科学博物館産業技術史資料情報センターの「産業技術の歴史」研究のデータベースにもリストアップされている。品川無線 フレッシュアイペディアより)

  • 新エングラー体系

    新エングラー体系から見た国立科学博物館国立科学博物館

    日本において広く普及した新エングラー体系ではあるが、クロンキスト体系や1998年に発表された分子系統解析に基づくAPG体系(最新は2009年のAPG III)により、学問的には古典的なものとなっている。具体的な動きとして、日本では、『週刊朝日百科 世界の植物』の後継となる『週刊朝日百科 植物の世界』(朝日新聞社、1994〜1997年)ではクロンキスト体系が採用された。また、2012年に国立科学博物館が労力を要するハーバリウムの標本整理に伴い、新エングラー体系からAPG体系への変更が行われ、さらには、同年にAPG IIIに基づいた植物目録が刊行されている。新エングラー体系 フレッシュアイペディアより)

  • ネフライト

    ネフライトから見た国立科学博物館国立科学博物館

    松原聰・宮脇律郎 『国立科学博物館叢書5 日本産鉱物型録』 東海大学出版会、2006年、ISBN 978-4-486-03157-4。ネフライト フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井鉱

    櫻井鉱から見た国立科学博物館国立科学博物館

    櫻井鉱(さくらいこう、 Sakuraiite)は、1965年に発表された新鉱物で、国立科学博物館の鉱物学者、加藤昭により、兵庫県の生野鉱山から発見された。化学組成は(Cu,Zn,Fe)3(In,Sn)S4。正方晶系。 黄錫鉱のグループに属し、黄錫鉱の錫をインジウムで置換した化学組成をもつ。鉱物愛好家であり、著名なコレクターでもあった櫻井欽一の鉱物学への貢献をたたえて命名されたもの。櫻井鉱 フレッシュアイペディアより)

  • 井尻正二

    井尻正二から見た国立科学博物館国立科学博物館

    1933年4月、動物学者で大伯父に当たる東京帝国大学教授・谷津直秀の勧めで東京帝国大学理学部地質学科に進学。東京帝国大学地質学科卒。国立科学博物館・東京大学地震研究所勤務、地学団体研究会の創設参画。「レッドパージ」により国立科学博物館の職を追われ、著述で生計を立てながら研究にたずさわる。1963年から東京経済大学教授。1969年に職を辞し、ふたたび著述に専念。井尻正二 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田要

    岡田要から見た国立科学博物館国立科学博物館

    兵庫県相生生まれ。東京帝国大学卒。ヨーロッパ留学後、1929年京都帝国大学教授、同年京都帝大理学博士 「La regeneration chez les Coelenteres(腔腸動物に於ける再生の研究)」 1937年東京帝国大学教授、1953年国立科学博物館館長、また日本動物学会会長などを務め、実験動物学に貢献した。1970年文化功労者。岡田要 フレッシュアイペディアより)

  • 吉行瑞子

    吉行瑞子から見た国立科学博物館国立科学博物館

    国立科学博物館動物研究部主任研究官吉行瑞子 フレッシュアイペディアより)

  • モジャモジャヤマトガイ

    モジャモジャヤマトガイから見た国立科学博物館国立科学博物館

    ホロタイプ:殻高4.8mm 殻径4.4mm(国立科学博物館所蔵 NSMT-Mo 61595)モジャモジャヤマトガイ フレッシュアイペディアより)

  • クモヒトデ

    クモヒトデから見た国立科学博物館国立科学博物館

    上記にあるように、水深数mから分布している。テヅルモヅル類であっても、10m前後に生息している例がある。深海底を支配している例として、キタクシノハクモヒトデ (Ophiura sarsii) の例がある。クモヒトデを研究する国立科学博物館の藤田敏彦によると、岩手県釜石沖の水深275mの海底の場合、最大体長約10cmのキタクシノハクモヒトデの生息密度が400匹/1m2に達したという(しんかい2000の探査結果による)。クモヒトデ フレッシュアイペディアより)

  • 閃亜鉛鉱

    閃亜鉛鉱から見た国立科学博物館国立科学博物館

    松原聰・宮脇律郎『国立科学博物館叢書5 日本産鉱物型録』東海大学出版会、2006年、ISBN 978-4-486-03157-4。閃亜鉛鉱 フレッシュアイペディアより)

478件中 81 - 90件表示

「国立科学博物館」のニューストピックワード