前へ 1 2 3 4 5 6
60件中 1 - 10件表示
  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た気候変動枠組条約気候変動枠組条約

    気候変動(climate change)との用語を、IPCCでは「人為的・自然起源に関わらないすべての気候の時間的変動」として用いている。一方で、UNFCCCでは「人為的なものに起因する気候の変動」の意味で「気候変動」を用い、非人為的なものは気候変化 (climate variability) と呼び区別する。「人為的・自然起源に関わらないすべての気候の時間的変動」を「気候変化」と呼ぶ場合がある。「地球温暖化問題」は「人為的なものに起因する気候の変動」の意味で「気候変動問題」と呼ばれることがある。また、比較的穏やかな語感の「地球温暖化」より危機感を強調するため「地球高温化」と呼ぶ自治体がある。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 京都議定書

    京都議定書から見た気候変動枠組条約気候変動枠組条約

    京都議定書(きょうとぎていしょ、)は、1997年12月に京都市の国立京都国際会館で開かれた第3回気候変動枠組条約締約国会議(地球温暖化防止京都会議、COP3)で同月11日に採択された、気候変動枠組条約に関する議定書である。正式名称は、気候変動に関する国際連合枠組条約の京都議定書()。京都議定書 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化に関する動きの歴史

    地球温暖化に関する動きの歴史から見た気候変動枠組条約気候変動枠組条約

    1990年8月、IPCCは膨大な数の学術的報告を集約して評価を行い、第1次評価報告書にて、21世紀末までに地球の平均気温が約3℃、海面が約65cm上昇するとの具体的予測を発表した。このころには、学術的にも「地球寒冷化説」は過去の説となりつつあり、地球温暖化説が定着しはじめた。1992年6月にリオデジャネイロで開かれた環境と開発に関する国際連合会議(地球サミット)では、気候変動枠組条約が採択され、国際政治は全世界規模での地球温暖化対策が議題に上り始めた。地球温暖化に関する動きの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 第3回気候変動枠組条約締約国会議

    第3回気候変動枠組条約締約国会議から見た気候変動枠組条約気候変動枠組条約

    気候変動枠組条約の発効以来、毎年開かれている締約国会議(COP)の3回目の会合であり、COP3(コップスリー)とも呼ばれる。その他、京都会議、地球温暖化防止京都会議などとも。第3回気候変動枠組条約締約国会議 フレッシュアイペディアより)

  • 議定書

    議定書から見た気候変動枠組条約気候変動枠組条約

    条約との関連:気候変動枠組条約(気候変動に関する国際連合枠組条約)に関連する議定書。議定書 フレッシュアイペディアより)

  • 国際環境法

    国際環境法から見た気候変動枠組条約気候変動枠組条約

    第一に、「防止原則」/「予防原則」である。これは、環境損害の不可逆性に由来する(1997年「ガブチコヴォ・ナジュマロシュ計画事件」国際司法裁判所判決、I.C.J. Reports 1997, pp.77-78, para.140)。「防止原則」(Preventive Principle; 「ストックホルム宣言」第21原則、「環境と開発に関するリオ宣言」第2原則)とは、科学的予測によって、自国の行為が環境を害する恐れがある場合には、前もってその行為を思いとどまらなければならない、という原則である。近年は、それよりさらに進んだ「予防原則」(Precautionary Principle; 「リオ宣言」第15原則)が確立し始めている。それは、たとえ科学的データによって環境を害することが明らかではない場合でも、重大で回復不能な損害を与えるリスクの存在だけで、当該行為を規制しなければならないという原則である。同原則は、すでにいくつかの条約で採用されている(「気候変動枠組条約」3条3項、「生物多様性条約」前文および「カルタヘナ議定書」10条6項ほか)。ただ、「予防原則」が一般慣習法に成熟したかどうかは、学説上、争いがあり、1998年の「ホルモン事件」WTO(世界貿易機関)上級委員会報告においては、同原則はいまだ一般慣習法の地位を獲得していないと示された。国際環境法 フレッシュアイペディアより)

  • 国際法

    国際法から見た気候変動枠組条約気候変動枠組条約

    その後、1980年代後半からは、国際共同体全体の利益を管理することを中心問題とした「第二世代の国際環境法」を設定する条約が次々と生まれるようになった。オゾン層の保護、地球温暖化への対処、生物多様性の保護、砂漠化への対処などである。1992年にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された環境と開発に関する国際連合会議から生まれた、「気候変動枠組条約」、「生物多様性条約」、そして法的拘束力はないが「森林原則宣言」は、その典型的なものである。国際法 フレッシュアイペディアより)

  • 気候変動に関する政府間パネル

    気候変動に関する政府間パネルから見た気候変動枠組条約気候変動枠組条約

    本来は、世界気象機関(WMO)の一機関であり、国際連合の気候変動枠組条約とは直接関係のない組織であったが、条約の交渉に同組織がまとめた報告書が活用されたこと、また、条約の実施にあたり科学的調査を行う専門機関の設立が遅れたことから、IPCCが当面の作業を代行することとなり現在に至っている。IPCC自体が各国への政策提言等を行うことはないが、国際的な地球温暖化問題への対応策を科学的に裏付ける組織として、間接的に大きな影響力を持つ。アル・ゴアとともに2007年ノーベル平和賞を受賞。気候変動に関する政府間パネル フレッシュアイペディアより)

  • 現代の世界の一体化

    現代の世界の一体化から見た気候変動枠組条約気候変動枠組条約

    国際政治においても、1989年に就任したジョージ・H・W・ブッシュ大統領は、1991年にソ連と第一次戦略兵器削減条約、1993年にロシアと第二次戦略兵器削減条約(未履行である)、多国間の化学兵器禁止条約、気候変動枠組条約に署名し、1990年に生じた湾岸危機の武力解決(1991年、湾岸戦争)に主導的役割を発揮した。1993年に就任したビル・クリントン大統領は1994年のイスラエルとヨルダンの平和条約の締結と国交樹立の働きかけて実現し、京都議定書の採択を推進するなど、国際協調を推進(ただしアメリカが未加盟の条約や国際協調を無視している政策も多々有る)して、国際社会からの信頼をある程度は回復した。現代の世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • ティモシー・エンディコット・ワース

    ティモシー・エンディコット・ワースから見た気候変動枠組条約気候変動枠組条約

    彼は難民、人口、環境、科学技術、人権、麻薬の分野で、アメリカの外交政策を主導した。1994年、人口と開発に関するカイロ会議に参加し、アメリカ代表団の団長を務めた。また気候変動枠組条約にかかる会議にて交渉を主導し、京都議定書に対して好意的に取り組んだ。ティモシー・エンディコット・ワース フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
60件中 1 - 10件表示

「国連気候変動会議」のニューストピックワード