前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
547件中 1 - 10件表示
  • 赤谷源一

    赤谷源一から見た国際連合総会国際連合総会

    1968年9月:国際連合総会(第23回)日本政府代表(大使)赤谷源一 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島中国漁船衝突事件

    尖閣諸島中国漁船衝突事件から見た国際連合総会国際連合総会

    24日、国際連合総会開催中で菅直人内閣総理大臣および前原誠司外務大臣不在の中、那覇地方検察庁鈴木亨・次席検事が船長の行為に計画性が認められないとし、また日中関係を考慮したとして、中国人船長を処分保留で釈放すると突如発表。本決定を仙谷由人内閣官房長官は容認。25日未明、中国側が用意したチャーター機で、中国人船長は石垣空港から中国へと送還された。()尖閣諸島中国漁船衝突事件 フレッシュアイペディアより)

  • ヴク・イェレミッチ

    ヴク・イェレミッチから見た国連総会国際連合総会

    ヴク・イェレミッチ(、、1975年7月3日 - )は、セルビアの政治家。2007年から2012年まで同国の外相を、2012年9月から2013年9月まで、第67回国連総会の議長を務めた。ヴク・イェレミッチ フレッシュアイペディアより)

  • 国際高齢者年

    国際高齢者年から見た国際連合総会国際連合総会

    その後しばらく国際連合の場で高齢化問題が取り上げられることはほとんどなかったが、地球規模で進む高齢化を背景に、1982年(昭和57年)7月26日から8月6日まで、高齢化をテーマとする初めての世界会議として「高齢化に関する世界会議」が国際連合の主催で開催された。オーストリアのウィーンで行われたこの会議には124カ国が参加し、計17回の本会議を経て118項目の指摘と62の勧告からなる「高齢化に関する国際行動計画」が採択された。この中には、日本からの提案で盛り込まれた「高齢者の日」の設置を求める勧告も含まれている。「高齢化に関する国際行動計画」は、同年の第37回国際連合総会でも決議され、また、勧告にしたがって毎年10月1日を国際高齢者デーとする決議が1990年(平成2年)の第45回国際連合総会によって決議された。国際高齢者年 フレッシュアイペディアより)

  • エルサレム

    エルサレムから見た国際連合総会国際連合総会

    イスラエルによる統一エルサレムの首都宣言に対し、国際連合安全保障理事会は「イスラエルのエルサレム首都法案は無効だとして破棄すべきものである」「国際連合加盟国はエルサレムに外交使節を置いてはならない」とする国連安保理決議478を可決し(アメリカ合衆国は拒否権を発動せずに棄権)、国際連合総会は東エルサレムの占領を非難し、その決定の無効を143対1(反対はイスラエルのみ、棄権は米国など4)で決議した。エルサレム フレッシュアイペディアより)

  • 自由権規約人権委員会

    自由権規約人権委員会から見た国際連合総会国際連合総会

    自由権規約人権委員会(じゆうけんきやくじんけんいいんかい、〔英〕)は、国連総会で採択された市民的及び政治的権利に関する国際規約(自由権規約)28条に基づき、同規約の実施を監督するために設置され、1976年から活動を開始した国際連合の機関であり、2011年11月まで総会の補助機関だった。自由権規約人権委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の国際連合

    2009年の国際連合から見た国際連合総会国際連合総会

    9月23-24日 - 国際連合総会において各国首脳が一般討論演説をおこなう。リビア・革命指導者、中華人民共和国・国家主席においては歴代初めての演説となる。2009年の国際連合 フレッシュアイペディアより)

  • 植民地独立付与宣言

    植民地独立付与宣言から見た国連総会国際連合総会

    植民地独立付与宣言(しょくみんちどくりつふよせんげん、Declaration on the Granting of Independence to Colonial Countries and Peoples)は、1960年12月14日に国際連合総会において決議1514第15項として可決された宣言である。植民地独立付与宣言 フレッシュアイペディアより)

  • 人道援助

    人道援助から見た国際連合総会国際連合総会

    人道援助は国際連合総会決議46/182や災害軽減における国際赤十字及び国際赤新月社並びにNGOに関する運営規約によると政府当局者や非政府組織、その他の非政府人道当局者により行われている。人道援助 フレッシュアイペディアより)

  • 文明の同盟

    文明の同盟から見た国際連合総会国際連合総会

    国連『文明の同盟』(The United Nations Alliance of Civilizations (UNAOC) )は、 2005年の第59回国際連合総会において、スペインの首相ホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロにより提案され、トルコの首相レジェップ・タイイップ・エルドアンが共同提案者の一人として発足した同盟である。異文化間対話、および宗際対話と協力を活発化することにより、過激主義を克服する国際的行動を推進することを目指している。とくに、西欧諸国とイスラム社会との間の緊張緩和に力を入れている。文明の同盟 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
547件中 1 - 10件表示