前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
339件中 1 - 10件表示
  • 赤谷源一

    赤谷源一から見た国際連合総会国際連合総会

    1968年9月:国際連合総会(第23回)日本政府代表(大使)赤谷源一 フレッシュアイペディアより)

  • 国際高齢者年

    国際高齢者年から見た国際連合総会国際連合総会

    その後しばらく国際連合の場で高齢化問題が取り上げられることはほとんどなかったが、地球規模で進む高齢化を背景に、1982年(昭和57年)7月26日から8月6日まで、高齢化をテーマとする初めての世界会議として「高齢化に関する世界会議」が国際連合の主催で開催された。オーストリアのウィーンで行われたこの会議には124カ国が参加し、計17回の本会議を経て118項目の指摘と62の勧告からなる「高齢化に関する国際行動計画」が採択された。この中には、日本からの提案で盛り込まれた「高齢者の日」の設置を求める勧告も含まれている。「高齢化に関する国際行動計画」は、同年の第37回国際連合総会でも決議され、また、勧告にしたがって毎年10月1日を国際高齢者デーとする決議が1990年(平成2年)の第45回国際連合総会によって決議された。国際高齢者年 フレッシュアイペディアより)

  • ダグ・ハマーショルド

    ダグ・ハマーショルドから見た国際連合総会国際連合総会

    1951年に国連総会のスウェーデン代表団の副団長に、1952年には国連総会のスウェーデン代表団団長に就任した。ダグ・ハマーショルド フレッシュアイペディアより)

  • タイ軍事クーデター (2006年)

    タイ軍事クーデター (2006年)から見た国連総会国際連合総会

    国連本部において開催される国連総会に出席する為、ニューヨークを訪問中のタクシン・チナワット首相は、この報を聞くと即座に陸軍総司令官のソンティ・ブーンヤラッガリンを解任した。タイ軍事クーデター (2006年) フレッシュアイペディアより)

  • 植民地独立付与宣言

    植民地独立付与宣言から見た国連総会国際連合総会

    植民地独立付与宣言(しょくみんちどくりつふよせんげん、Declaration on the Granting of Independence to Colonial Countries and Peoples)は、1960年12月14日に国際連合総会において決議1514第15項として可決された宣言である。植民地独立付与宣言 フレッシュアイペディアより)

  • 経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約の選択議定書

    経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約の選択議定書から見た国際連合総会国際連合総会

    経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約の選択議定書(けいざいてき、しゃかいてきおよびぶんかてきけんりにかんするこくさいきやくのせんたくぎていしょ;)は、2008年12月10日、国際連合総会によって採択された多数国間条約であり、経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約(社会権規約)の個人通報制度、国家通報制度、調査制度を定めるものである。社会権規約の署名・締約国に対し署名・加入のため開放されているが、2012年2月現在未発効である。経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約の選択議定書 フレッシュアイペディアより)

  • 北朝鮮人権問題

    北朝鮮人権問題から見た国連総会国際連合総会

    2005年12月16日には、国連総会本会議において「北朝鮮の人権状況」決議が採択された。欧州連合(EU)提案の決議案は、ジュネーヴの国連人権委員会(53か国)で2003年から3年連続で採択。しかし事態が改善されていないとして、2005年にEUは国連総会に提出。決議案はEUが策定、日本や米国などが共同提案国となった。人権問題を扱う総会第3委員会で11月に採択され、本会議に送られ賛成88、反対21、棄権60で採択された。北朝鮮人権問題 フレッシュアイペディアより)

  • 国際人権規約

    国際人権規約から見た国際連合総会国際連合総会

    社会権規約、自由権規約及び自由権規約の第1選択議定書は、いずれも1966年12月16日に国際連合総会で採択され、1976年に発効した。また、1989年12月15日、自由権規約の第2選択議定書(死刑廃止議定書)が採択され、1991年7月11日に発効した。さらに、2008年には社会権規約の個人通報制度を規定する社会権規約選択議定書も採択された(未発効)。国際人権規約 フレッシュアイペディアより)

  • 全ての移住労働者及びその家族の権利の保護に関する国際条約

    全ての移住労働者及びその家族の権利の保護に関する国際条約から見た国連総会国際連合総会

    この条約は、搾取や差別といった不当な扱いを受けたり、劣悪な待遇の下で働くことを余儀なくされている外国出身の移住労働者の権利の擁立と確保を目的に1990年12月18日に国連総会で採択された。全ての移住労働者及びその家族の権利の保護に関する国際条約 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙法

    宇宙法から見た国際連合総会国際連合総会

    宇宙法(うちゅうほう、)は、宇宙空間とその利用に関する国内法および国際法(国際宇宙法)の総称。国際宇宙法は、主に1959年、国際連合総会決議1472号に基づいて設置された国連宇宙空間平和利用委員会(United Nations Committee on the Peaceful Uses of Outer Space、COPUOS)1の法律小委員会が所掌して作られたもので、「宇宙5条約」とも呼ばれる。この5条約の中核をなすのが1967年の宇宙条約である。宇宙法 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
339件中 1 - 10件表示

「国連総会」のニューストピックワード