547件中 101 - 110件表示
  • 国連人権賞

    国連人権賞から見た国連総会国際連合総会

    国連人権賞は、国連総会決議2217によって1966年に制定された。この賞は、「世界人権宣言と国連の人権諸条約の中に具体化された人権の促進と擁護に対して、顕著な功績を残した個人と組織に栄誉を与え賞賛すること」を目的としている。国連人権賞 フレッシュアイペディアより)

  • ドミトリー・マヌイリスキー

    ドミトリー・マヌイリスキーから見た国連総会国際連合総会

    独ソ戦勃発後、1942年?1944年、労農赤軍政治総局で働く。1944年7月からウクライナ・ソビエト社会主義共和国人民委員会議(閣僚会議)副議長兼外務人民委員(外務相)となり、サンフランシスコ講和会議とパリ講和会議でウクライナ代表団を率いた。国連総会の最初の4回の会議に参加。ドミトリー・マヌイリスキー フレッシュアイペディアより)

  • 持続可能な開発のための文化

    持続可能な開発のための文化から見た国際連合総会国際連合総会

    2000年の「」で策定されたミレニアム開発目標(MDGs)が2015年で終了することをうけ、2014年の国連総会で新たな開発目標「」が検討され、ユネスコも「ポスト2015開発アジェンダの文化」を発表。その実践的な試みとして「持続可能な開発のための文化(文化と開発)」がある。持続可能な開発のための文化 フレッシュアイペディアより)

  • 脱植民地化

    脱植民地化から見た国連総会国際連合総会

    脱植民地化にとって非常に重要な事件が、1960年12月14日に国際連合総会において決議1514第15項として可決された「植民地独立付与宣言」である。脱植民地化 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合総会第6委員会

    国際連合総会第6委員会から見た国連総会国際連合総会

    国際連合総会第6委員会()は国連総会の主要委員会の一つで、国連総会における法務上の問題に主としてあたる会議体である。国際連合総会第6委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年中華民国総統選挙

    2008年中華民国総統選挙から見た国際連合総会国際連合総会

    公民投票に付されたのは、以下の2案である。民主進歩党の游錫堃元党主席を代表として提案された「台湾名義による国連新規加盟」(第5案)と、中国国民党の副総統候補者であった蕭万長が提案した「中華民国またはその他尊厳ある名称による国連復帰」(第6案)である。これらは、1971年に国連総会採択された国際連合総会決議2758によって中華民国が国際連合における「中国」の代表権を失い、後に国連を脱退したことに起因している。1990年代以降、中華民国政府は「中華民国」あるいは「台湾」の名称で国連への加盟を申請していたがいずれも受理されてこなかった。2008年中華民国総統選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ガエターノ・マルティーノ

    ガエターノ・マルティーノから見た国際連合総会国際連合総会

    マルティーノは1954年、マリオ・シェルバ政権において教育相として入閣し、その後まもなく外相に任命された。マルティーノは1957年まで、次のアントニオ・セーニ政権においても外相を務めた。外相としてマルティーノは1955年のメッシーナ会議を取り仕切り、この会議において2年後に署名される欧州経済共同体設立条約の土台が築かれた。1956年、マルティーノはイタリアの外相として初めて国際連合総会で演説を行った。ガエターノ・マルティーノ フレッシュアイペディアより)

  • 1988年の政治

    1988年の政治から見た国連総会国際連合総会

    12月7日 - ゴルバチョフ書記長、国連総会に出席し、通常兵力50万人削減を発表。1988年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 久米愛

    久米愛から見た国連総会国際連合総会

    1959年以降、政府代表として度々国連総会に出席。婦選会館理事を務めるなど、市川房枝らとともに女性運動をリードした。久米愛 フレッシュアイペディアより)

  • 1953年の日本の女性史

    1953年の日本の女性史から見た国際連合総会国際連合総会

    9月15日 第8回国連総会で初の婦人議長ビラヤ・ラクシュミ・パンディット(インド)選出。1953年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

547件中 101 - 110件表示

「国連総会」のニューストピックワード