547件中 11 - 20件表示
  • 国際原子力機関

    国際原子力機関から見た国際連合総会国際連合総会

    1953年12月8日、アメリカ合衆国大統領ドワイト・D・アイゼンハワーによる国際連合総会演説「平和のための核」(Atoms for Peace)。「アメリカ合衆国が追求するのは、単なる、軍事目的での核の削減や廃絶にとどまらない。この兵器を兵士の手から取り上げるだけでは十分でない。軍事の覆いをはぎとり、平和の技術に適合させるための方法を知る人々の手に渡されなければならない。」と主張した。この中で同盟・友好国に対する100キログラムの濃縮ウラン供与と、機関創設を提唱。真の目的はソビエト連邦やイギリスに先行された核体制の主導権奪還だった。国際原子力機関 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙法

    宇宙法から見た国際連合総会国際連合総会

    宇宙法(うちゅうほう、)は、宇宙空間とその利用に関する国内法および国際法(国際宇宙法)の総称。国際宇宙法は、主に1959年、国際連合総会決議1472号に基づいて設置された国際連合宇宙空間平和利用委員会(United Nations Committee on the Peaceful Uses of Outer Space、COPUOS)の法律小委員会が所掌して作られたもので、1967年の宇宙条約を基本にして「宇宙5条約」または「国連宇宙5条約 」とも呼ばれる5個の条約からなっている。宇宙法 フレッシュアイペディアより)

  • タイ軍事クーデター (2006年)

    タイ軍事クーデター (2006年)から見た国連総会国際連合総会

    クーデター発生時、国連本部において開催される国連総会に出席するため、ニューヨークを訪問中であったタクシン・チナワット首相は、この一報を聞くと即座に陸軍総司令官のソンティ・ブーンヤラッガリンを解任し、ルアンロー国軍最高司令官に対しクーデターへの対処を指示した。しかし、これを抑えきれることはできず、ルアンロー国軍最高司令官もクーデターに加わり、警察もこれに参加したことにより、無血クーデターは成功した。タイ軍事クーデター (2006年) フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の政治

    2012年の政治から見た国連総会国際連合総会

    16日 - 国連総会はシリアの反体制派への弾圧を非難する決議案を採択。2012年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 国際司法裁判所

    国際司法裁判所から見た国際連合総会国際連合総会

    国際司法裁判所(こくさいしほうさいばんしょ、、)は、6つある国際連合の主要機関のひとつであり、自治的な地位を持つ常設の国際司法機関である。オランダのハーグに本部を置く。国家間の法律的紛争について裁判をしたり(国連憲章第36条第3項、ICJ規程第36条)、国連総会や国連安保理などの要請に応じて勧告的意見を与える(国連憲章第96条、ICJ規程第4章)。判決や勧告的意見による国際司法裁判所の意見は、国際法の発展に多大な影響を与える。世界法廷(World Court)とも呼ばれる。国際司法裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の政治

    2013年の政治から見た国際連合総会国際連合総会

    2日 - 国連総会で武器貿易条約が賛成多数で採択された。2013年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • セルビアとコソボの関係

    セルビアとコソボの関係から見た国際連合総会国際連合総会

    2008年7月24日、召還していた各国駐在のセルビア大使のうち、欧州連合加盟国には大使を復員させた。その他の国々から召還していた大使は、この後10月の国際連合総会で、コソボ独立宣言の合法性について国際司法裁判所に諮るべしとする決議が可決された後に復員した。この決議の直後にコソボを国家承認したモンテネグロおよびマケドニア共和国およびマレーシアに対しては、大使の召還とともに、これらの国々のセルビア駐箚大使を追放する対処をとった。セルビアとコソボの関係 フレッシュアイペディアより)

  • 信託統治

    信託統治から見た国際連合総会国際連合総会

    信託統治(しんたくとうち、)は、国際連合の信託を受けた国が、国際連合総会および、信託統治理事会による監督により、一定の非独立地域を統治する制度である。国連憲章第75条に規定された制度である。信託統治 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の国際連合

    2017年の国際連合から見た国際連合総会国際連合総会

    11月16日 - 国連総会、ロヒンギャ族問題でミャンマー政府に対し、軍事力行使の停止や国道の無制限人道支援の許可などを求める決議を賛成135で可決。ミャンマー、中国、ロシアなど10カ国が反対。日本など26カ国が棄権した。2017年の国際連合 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合安全保障理事会決議157

    国際連合安全保障理事会決議157から見た国際連合総会国際連合総会

    国際連合安全保障理事会決議157('')は、1960年9月14日に国際連合安全保障理事会で採択された決議。コンゴ動乱に関連して国連安保理が機能不全に陥ったために国連総会の緊急特別会期の収集を決定した。決議は賛成8票・反対2票・棄権1票で採択された。国際連合安全保障理事会決議157 フレッシュアイペディアより)

547件中 11 - 20件表示

「国連総会」のニューストピックワード