547件中 21 - 30件表示
  • ホロコースト否認

    ホロコースト否認から見た国連総会国際連合総会

    2007年1月26日の国連総会本会議は、ホロコーストの「全面的、部分的否定」を非難し、すべての加盟国に対してホロコーストの否定とそのための活動を禁止する措置を執ることを勧告する決議案が103カ国の共同提案によって提出された。この決議は投票なしで採択されたが、イランは不参加で「偽善的」と批判した。ホロコースト否認 フレッシュアイペディアより)

  • ウゴ・チャベス

    ウゴ・チャベスから見た国連総会国際連合総会

    2006年9月20日、国連総会にて行われた一般演説において、チャベス大統領は壇上に立つとき、以前この場所で演説を行ったブッシュ大統領を暗に仄めかし「この場所にかつて悪魔がいた。いまだに悪臭が漂っている」と言い、厳かに十字を切るパフォーマンスを行い会場をどよめかせた。そしてアメリカ批判論者のノーム・チョムスキーの著書を読むよう勧めた。これに対しボルトン米国連大使は「我々にはほかに仕事がある。コメントする問題ではない」との反応を示したが、場内ではチャベス大統領の演説に対して一部の国々から拍手喝采が起こった。ボルトン米国連大使は「我々は国際問題を喜劇のように扱う手法を相手にしない」と不快感を示したうえで、「言論の自由を行使するなら、(ニューヨークの)セントラル・パークに歩いて行って、好きなだけ話せばいい」と皮肉った。ウゴ・チャベス フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・マーサ・フェルナンデス

    ホセ・マーサ・フェルナンデスから見た国際連合総会国際連合総会

    ホセ・マーサ・フェルナンデス(, 1889年10月13日 - 1964年5月6日)は、チリの弁護士、政治家。の党員で、やを歴任したほか、起草委員会の議長を務めた。また、1955年の第10回国際連合総会では総会議長を務めた。ホセ・マーサ・フェルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合事務総長

    国際連合事務総長から見た国際連合総会国際連合総会

    国際連合憲章の定めるところにより、事務総長は国際連合安全保障理事会の推薦を受けて国際連合総会によって任命される。国際連合事務総長 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合本部ビル

    国際連合本部ビルから見た国際連合総会国際連合総会

    主に、地上39階・地下3階建ての事務局ビルのほか、総会会議場、理事会会議場、図書館から成る。国際連合本部ビル フレッシュアイペディアより)

  • 武器貿易条約

    武器貿易条約から見た国際連合総会国際連合総会

    2013年4月2日の国際連合総会において、武器貿易条約の採択投票を行った。結果は次の通り。武器貿易条約 フレッシュアイペディアより)

  • 全ての移住労働者及びその家族の権利の保護に関する国際条約

    全ての移住労働者及びその家族の権利の保護に関する国際条約から見た国連総会国際連合総会

    この条約は、搾取や差別といった不当な扱いを受けたり、劣悪な待遇の下で働くことを余儀なくされている外国出身の移住労働者の権利の擁立と確保を目的に1990年12月18日に国連総会で採択された。全ての移住労働者及びその家族の権利の保護に関する国際条約 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島国有化

    尖閣諸島国有化から見た国際連合総会国際連合総会

    9月27日国際連合総会の一般討論演説では、楊潔篪中華人民共和国外交部長が「日本が釣魚島を盗んだ。」などと主張し、日本を非難した。これに対し、国連大使の兒玉和夫が、尖閣諸島は日本の領土であるとの答弁を行い、中国の李保東国連大使と論戦を交わした。尖閣諸島国有化 フレッシュアイペディアより)

  • ヘイトスピーチ

    ヘイトスピーチから見た国際連合総会国際連合総会

    1965年12月21日に国連総会で採択されたあらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約(人種差別撤廃条約)は、その第4条a項において「人種的優越又は憎悪に基づく思想のあらゆる流布、人種差別の扇動、いかなる人種若しくは皮膚の色若しくは種族的出身を異にする人の集団に対するものであるかを問わずすべての暴力行為又はその行為の扇動及び人種主義に基づく活動に対する資金援助を含むいかなる援助の提供も、法律で処罰すべき犯罪であることを宣言すること」、またb項で「人種差別を助長し及び扇動する団体、及び組織的宣伝活動その他のすべての宣伝活動を、違法であるとして禁止するものとすること」と明記している。ヘイトスピーチ フレッシュアイペディアより)

  • アルバニア決議

    アルバニア決議から見た国際連合総会国際連合総会

    アルバニア決議(アルバニアけつぎ)は、1971年10月25日に採択された第26回国際連合総会2758号決議( 「国際連合における中華人民共和国の合法的権利の回復」)を指す。長年にわたる国連における「中国代表権問題」にかかわる内容であり、日本においては、当時中華人民共和国の友好国であった提案国のアルバニア人民共和国の名をとって「アルバニア決議」と通称される。アルバニアが関係する決議は他にもあるが、一般的には本決議を指す。アルバニア決議 フレッシュアイペディアより)

547件中 21 - 30件表示

「国連総会」のニューストピックワード