547件中 31 - 40件表示
  • アフガニスタン紛争 (1978年-1989年)

    アフガニスタン紛争 (1978年-1989年)から見た国連総会国際連合総会

    多くの人は、この戦争は主権国家への正当な理由のない侵略行為だと見なしている。たとえば1982年11月29日の国連総会でソ連軍はアフガニスタンから撤退すべきだとする国連決議 37/37 が採択されている。一方でソ連を支持した人もおり、この戦争は貧しい同盟国を救助しに行った行為、あるいはイスラム原理主義のテロリズムを封じ込める為の攻撃としている。ただし、この紛争をきっかけにして、後にイスラム原理主義テロリストの活動が活発になった事実もある。アフガニスタン紛争 (1978年-1989年) フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナの独立宣言

    パレスチナの独立宣言から見た国際連合総会国際連合総会

    宣言に関する法的正当性は、の終結とパレスチナを2国に分割する提案である1947年11月29日の国際連合総会パレスチナ分割決議を基礎にしていた。パレスチナ国の建国宣言でもある一方で、当時パレスチナ解放機構はいずれの地域も支配しておらず、さらにイスラエルが支配しと主張していたエルサレムをパレスチナの首都と指定した。100を超える国から、実質的に独立したパレスチナ国は、パレスチナに現れることはなかった。パレスチナの独立宣言 フレッシュアイペディアより)

  • 敵国条項

    敵国条項から見た国際連合総会国際連合総会

    1991年、イタリアは国連総会において、敵国条項の削除を含む国連制度の改革をもとめた。また第二次世界大戦の終結50周年にあたる1995年には、日本国やドイツ連邦共和国などが国連総会において第53・77・107条を憲章から削除する決議案を提出し、12月11日の総会において賛成多数によって採択されてもいる(賛成155、棄権3(北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)、キューバ、リビア)。そこでは、条項が時代遅れ(obsolete)であることが認識され、削除(deletion)に向けて作業を開始することが決議された。また戦争終結60周年にあたる2005年の国連首脳会合においても削除を決意することが確認されている。敵国条項 フレッシュアイペディアより)

  • シリア騒乱

    シリア騒乱から見た国連総会国際連合総会

    2月16日、安保理常任理事国であっても拒否権を行使できない国連総会において、シリア政府に対して弾圧即時停止を求める決議案が提示された。ロシアと中国を含む反対は12だったが、137の賛成多数で可決した。シリア騒乱 フレッシュアイペディアより)

  • 植民地

    植民地から見た国連総会国際連合総会

    現代においても事実上の植民地を保有する国は多いが、第二次世界大戦以降は各地の植民地で独立運動が盛んになったり、国連総会における植民地独立付与宣言の決議で、植民地という存在そのものが国際的に否定されたことから、客観的に見て植民地と言いうる実態を有している地域であっても、先住民に本国民と対等の権利を与えて海外領土や自治領などという言い換えをすることが多い。現在でも領有国が公に植民地としている地域にケイマン諸島などがある。植民地 フレッシュアイペディアより)

  • 金正恩

    金正恩から見た国際連合総会国際連合総会

    各国の人権問題を話し合う国連総会第3委員会では「金正恩第1書記の体制でも市民への抑圧のひどさに変わりはない」と指摘し、2012年12月20日の同委員会で北朝鮮の人権弾圧を非難する決議案を採択した。同様の決議は8年連続だが、初めて無投票の全会一致(コンセンサス方式)で採択した。同委員会は「指導者が交代したにもかかわらず、人権状況が悪化した」と指摘している。金正恩 フレッシュアイペディアより)

  • 反核運動

    反核運動から見た国際連合総会国際連合総会

    2008年12月、国連総会において、日本を含む核兵器廃絶を推進する59か国の政府は、1994年度から15年連続で核兵器廃絶決議を提案し、賛成は史上最多の173か国、反対は4か国(アメリカ合衆国、インド、朝鮮民主主義人民共和国、イスラエル)、棄権は6か国(中華人民共和国、パキスタン、イラン、ミャンマー、キューバ、ブータン)で、1994年度から15年連続で採択された。反核運動 フレッシュアイペディアより)

  • 国際人権規約

    国際人権規約から見た国際連合総会国際連合総会

    社会権規約、自由権規約及び自由権規約の第1選択議定書は、いずれも1966年12月16日に国際連合総会で採択され、1976年に発効した。また、1989年12月15日、自由権規約の第2選択議定書(死刑廃止議定書)が採択され、1991年7月11日に発効した。さらに、社会権規約の個人通報制度を規定する社会権規約選択議定書も2008年に採択され、2013年に発効した。国際人権規約 フレッシュアイペディアより)

  • キューバ革命

    キューバ革命から見た国連総会国際連合総会

    さらに9月にカストロは自ら国連本部で開催される国連総会に出席すべくニューヨーク市を訪問したものの、これに対してアメリカ政府はキューバ代表団のマンハッタン島外への外出を禁止し、さらに宿泊予定のホテルは「補償金」の支払いを要求するなどの手段を取った。その後ハーレムにある安ホテルに移動したカストロは、ホテルを訪問したフルシチョフと会談し、さらに26日には国連総会において4時間29分に渡る長時間の演説を行いキューバ革命の意義を自画自賛するとともにアメリカを非難した。キューバ革命 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合安全保障理事会

    国際連合安全保障理事会から見た国際連合総会国際連合総会

    5つの「常任理事国()」と、国際連合加盟国の中から、国際連合総会で選ばれる10ヶ国の「非常任理事国()」の計15か国から構成されている。1965年の改革以前は、非常任理事国は6か国で、計11か国であった。国際連合安全保障理事会 フレッシュアイペディアより)

547件中 31 - 40件表示