339件中 41 - 50件表示
  • 傭兵の募集、使用、資金供与及び訓練を禁止する条約

    傭兵の募集、使用、資金供与及び訓練を禁止する条約から見た国際連合総会国際連合総会

    傭兵の募集、使用、資金供与及び訓練を禁止する条約 (International Convention against the Recruitment, Use, Financing and Training of Mercenaries) とは1989年12月4日に国際連合総会で採択された国際条約である。条約締約国は32か国にとどまっており、アメリカや日本は批准していない。傭兵の募集、使用、資金供与及び訓練を禁止する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 国連民主主義基金

    国連民主主義基金から見た国連総会国際連合総会

    この基金の創設は、2004年の国連総会においてジョージ・W・ブッシュが提案し、2005年3月に公表された国連改革に関する事務総長報告においても創設が支持され、2005年7月に国連事務総長により設置された。国連民主主義基金 フレッシュアイペディアより)

  • イブラヒム・アッボーラ・ガンバリ

    イブラヒム・アッボーラ・ガンバリから見た国連総会国際連合総会

    ガンバリは、1984年から1985年にはナイジェリアの外務大臣を務め、ナイジェリア国際問題研究所長も歴任している。その後、ナイジェリアの国連常駐代表を務めた。また、10回にわたる国連総会で、上級メンバーとしてナイジェリア代表団に加わっている。1994年から1995年にかけて、ナイジェリアが安全保障理事会(安保理)の非常任理事国となった際には、二度にわたり安保理議長に就任した。さらに、国連反アパルトヘイト特別委員会の議長も務めた。イブラヒム・アッボーラ・ガンバリ フレッシュアイペディアより)

  • ミニ国家

    ミニ国家から見た国際連合総会国際連合総会

    また、ミニ国家であっても国際機関においては一国家(表決において1票)として扱われることから表決を左右することがあり、意見が対立している局面においてその票の行方を読むことは外交戦略において重要な要素である。例えば捕鯨問題における国際捕鯨委員会の表決の例がある。1965年にウ・タント国連事務総長はミニ国家が国連に加盟を希望するにあたり、与えられる1票に比して、その果たしうる役割(たとえば国連予算の分担金)が小さいことについて検討を要すると表明した。国連総会において同じ1票を有する中華人民共和国とセーシェルの人口の差は1976年時点で16000倍だった。ミニ国家 フレッシュアイペディアより)

  • モハマッド・ユスフ・カラ

    モハマッド・ユスフ・カラから見た国際連合総会国際連合総会

    第2の兆候は、2005年9月、ユドヨノが国連年次総会出席のためニューヨークに向かった時に現れた。ユドヨノはカラをジャカルタに残して政府業務を任せたが、本国での諸問題には監視を怠らない、と決意しているかのようだった。ユドヨノはニューヨークからビデオ会議を開いて、本国の閣僚から報告を受けるつもりだった。それはユドヨノの不信感を表しているのだ、と批評家筋は推察した。カラはビデオ会議には1回しか姿を見せず、残りの時間をゴルカルの党務に費やしていた。両者の関係はますます憶測を呼んだ。モハマッド・ユスフ・カラ フレッシュアイペディアより)

  • 国際麻薬統制委員会

    国際麻薬統制委員会から見た国際連合総会国際連合総会

    国際連盟の時代の旧薬物関連国際条約のもとで、委員会の前身が設立された。1925年の国際阿片条約は常設中央委員会を設置した。この委員会は当初、あへん常設中央委員会として知られていたが、後に、麻薬常設中央委員会として知られるようになった。1929年よりその任務を開始した。また、国際連盟解散後、1946年の「千九百十二年一月二十三日にヘーグで、千九百二十五年二月十一日、千九百二十五年二月十九日及び千九百三十一年七月十三日ジュネーヴで、千九百三十一年十一月二十七日にバンコックで並びに千九百三十六年六月二十六日にジュネーヴで締結された麻薬に関する協定、条約及び議定書を改正する議定書」において、麻薬監督機関が設立された。この条約は国際連盟から国際連合への移行に際して旧薬物関連国際条約を移行させる事を目的としており、麻薬監督機関は締約国における麻薬流通制限の評価システムを管理するために設立された。両機関は、1961年の「麻薬に関する単一条約」により国際麻薬統制委員会として統合された。委員会の構成は1946年の条約により、影響を及ぼされた。国際連合総会決議45/141、及び総会決議45/179による1990年の国連麻薬統制計画設置の決定により、国際麻薬統制委員会事務局は国連麻薬統制計画に統合されたが、独立性を保持している。国際麻薬統制委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 第一次国際連合緊急軍

    第一次国際連合緊急軍から見た国際連合総会国際連合総会

    第一次国際連合緊急軍(だいいちじこくさいれんごうきんきゅうぐん First United Nations Emergency Force,UNEF I)はエジプトに展開した国際連合平和維持活動。第二次中東戦争の停戦監視を請け負った。安保理では無く、総会の決議により派遣されたものである。国際連合憲章第7章の強制措置とは異なるPKO活動が認識され、組織編成されたのは、これが最初となる。第二次中東戦争が「スエズ危機」とも呼ばれるため通称「スエズ国連軍」。第一次国際連合緊急軍 フレッシュアイペディアより)

  • ハッリ・ホルケリ

    ハッリ・ホルケリから見た国連総会国際連合総会

    ハッリ・ヘルマニ・ホルケリ(、1937年1月6日 - 2011年8月7日)は、フィンランドの政治家。国民連合党に所属し、同国首相(1987年 - 1991年)、国連総会議長(2000年 - 2001年)、国際連合コソボ暫定行政ミッション代表(2003年 - 2004年、健康上の理由で退任)を歴任した。ハッリ・ホルケリ フレッシュアイペディアより)

  • 国連裁判権免除条約

    国連裁判権免除条約から見た国連総会国際連合総会

    国連裁判権免除条約 (こくれんさいばんけんめんじょじょうやく, 英: United Nations Convention on Jurisdictional Immunities of States and Their Property)は、2004年12月2日の第54回国連総会で採択された条約である。2005年1月17日、ニューヨークにて署名のため開放され、28カ国が署名した。30カ国の批准により発効するが、現在は未発効。正式名称は国及びその財産の裁判権からの免除に関する国際連合条約。略称は国連国家免除条約。国連裁判権免除条約 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合国際商取引法委員会

    国際連合国際商取引法委員会から見た国際連合総会国際連合総会

    国際連合国際商取引法委員会(こくさいれんごうこくさいしょうとりひきほういいんかい、、略称UNCITRAL)は、国際商取引法の段階的なハーモナイゼーション(調和)と統一の促進のため、1966年、国際連合総会によって設立された、国際連合の組織(総会の補助機関)である。国際連合国際商取引法委員会 フレッシュアイペディアより)

339件中 41 - 50件表示

「国連総会」のニューストピックワード

  • Takuma Club Meeting 2016(TCM)

  • 新しい環境でレースを戦うのが待ちきれない気分

  • アンドレッティ・オートスポーツ