339件中 51 - 60件表示
  • 第3回20か国・地域首脳会合

    第3回20か国・地域首脳会合から見た国際連合総会国際連合総会

    第3回20か国・地域首脳会合(だい3かい20かこくちいきしゅのうかいごう、別名:G20首脳会合、G20金融サミット、G20ピッツバーグ・サミット、英語:G20 Pittsburgh Summit)は、2009年9月24日・25日に米国ペンシルベニア州ピッツバーグのデイヴィッド・L・ローレンス・コンベンション・センターで開催された首脳会合である。2009年4月のG20ロンドン・サミット直後、世界金融危機に迅速に対応するために1年以内にG20首脳会合を開くことが提案され、本首脳会合がアナウンスされた。米国のバラク・オバマ大統領が主催を申し出た本会合は、当初、国連総会の開催に合わせてニューヨークで開催される予定だったが、2009年5月28日、オバマ政権は開催地をピッツバーグに変更するとアナウンスした。これは同市が20世紀後半の製造業衰退の後に経済復興を果たしたことを強調するためであった。第3回20か国・地域首脳会合 フレッシュアイペディアより)

  • 久保田きぬ子

    久保田きぬ子から見た国連総会国際連合総会

    専門はアメリカ憲法、プライバシー権など。国連総会の政府代表代理、中央教育審議会や被爆者対策基本問題懇談会の委員、東京都知事顧問などを歴任。父は元相川町長の久保田金五郎(8代目)、祖父は新潟県第27大区副大区長を務めた久保田金五郎(7代目)。従弟小父に青野季吉、再従弟に青野聰がいる。久保田きぬ子 フレッシュアイペディアより)

  • 山口仙二

    山口仙二から見た国際連合総会国際連合総会

    1982年に開かれた第2回国際連合軍縮特別総会の全体委員会で、NGOを代表して演説した。演説では以下の文言で締めくくった。山口仙二 フレッシュアイペディアより)

  • G4諸国

    G4諸国から見た国際連合総会国際連合総会

    2005年7月:国際連合総会において、安全保障理事会の構成国拡大等についてのG4決議案を提出されるが、採択されなかった。G4諸国 フレッシュアイペディアより)

  • コンスタンディノス・ツァルダリス

    コンスタンディノス・ツァルダリスから見た国際連合総会国際連合総会

    彼は1947年から1949年にかけて、国連総会のギリシア代表団長として活動した。また、ディミトリオス・マクシモス(1947年)、セミストクリス・ソフーリス(1947年 - 1949年)、アレクサンドロス・ディオミディス(1949年 - 1950年)の各政権の副首相を務めた。1947年8月に再び首相となり、同年9月まで務めた。コンスタンディノス・ツァルダリス フレッシュアイペディアより)

  • 1956年の政治

    1956年の政治から見た国連総会国際連合総会

    12月18日 - 日本の国際連合加盟が国連総会で承認される。1956年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ギニア・カーボベルデ独立アフリカ党

    ギニア・カーボベルデ独立アフリカ党から見た国連総会国際連合総会

    1973年1月にはアミルカル・カブラルは不満を持つ仲間によって暗殺され、PAIGCに衝撃が吹き抜けることになる。1973年9月24日にギニアビサウの独立が一方的に宣言された。11月の国連総会では、ポルトガルによる不当な暴力と占有が弾劾され、完全な主権獲得と、ポルトガルによる承認に先立ち国連により独立が承認された。ギニア・カーボベルデ独立アフリカ党 フレッシュアイペディアより)

  • ガストン・トルン

    ガストン・トルンから見た国際連合総会国際連合総会

    ガストン・エグモン・トルン(Gaston Egmond Thorn, 1928年9月3日 - 2007年8月26日)はルクセンブルクの政治家。国内外を問わず数多くの要職を歴任した。中でも特筆されるのはルクセンブルク首相(1974年-1979年)、国際連合総会議長(1975年)、欧州委員会委員長(1981年-1985年)である。ガストン・トルン フレッシュアイペディアより)

  • 議決機関

    議決機関から見た国連総会国際連合総会

    国際連合の議決機関は国連総会とみなされる。ただし安全保障理事会が国連総会と同等の権限をもち、国際連合の意思決定に対し強い影響力をもつ議決機関 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年中華民国総統選挙

    2008年中華民国総統選挙から見た国際連合総会国際連合総会

    公民投票に付されたのは、以下の2案である。民主進歩党の游錫堃元党主席を代表として提案された「台湾名義による国連新規加盟」(第5案)と、中国国民党の副総統候補者であった蕭万長が提案した「中華民国またはその他尊厳ある名称による国連復帰」(第6案)である。これらは、1971年に国連総会採択された国際連合総会決議2758によって中華民国が国際連合における「中国」の代表権を失い、後に国連を脱退したことに起因している。1990年代以降、中華民国政府は「中華民国」あるいは「台湾」の名称で国連への加盟を申請していたがいずれも受理されてこなかった。2008年中華民国総統選挙 フレッシュアイペディアより)

339件中 51 - 60件表示

「国連総会」のニューストピックワード