339件中 61 - 70件表示
  • 兵器用核分裂性物質生産禁止条約

    兵器用核分裂性物質生産禁止条約から見た国連総会国際連合総会

    1993年にアメリカ合衆国政府が提案し、1993年の国連総会において条約制定のための多国間交渉を行うことが決議され、交渉はジュネーブ軍縮会議で行うと決定された。兵器用核分裂性物質生産禁止条約 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐美志都

    宇佐美志都から見た国連総会国際連合総会

    経済産業省の省案内の表紙揮毫(2002?2007)、(社)日本木造住宅産業協会機関紙表紙揮毫・文字学連載(2003?現在)。2011年に開催されたCOP10(生物多様性条約締結会議)では、日本政府の提言書の表紙揮毫や、NY国連総会での作品「歌」披露など、国際的な役割も果たす。国連事務局長との対談も行う。在英時には英国初の、「ジャパン祭」では、重要無形文化財・新内節浄瑠璃保持者の鶴賀若狭掾と共演し、「いろは唄」揮毫。英国大使館や英国企業との繋がりも深い。宇佐美志都 フレッシュアイペディアより)

  • 世界気候会議

    世界気候会議から見た国際連合総会国際連合総会

    1974年に、国際連合の総会において気候変動研究の推進がWMOに要請されたのをきっかけに、気候変動問題に焦点を絞った初の大規模国際会議として開催された。気候変動問題の研究や対策に関わる国際的な意思決定に、大きな影響力を持つ。世界気候会議 フレッシュアイペディアより)

  • 1953年の日本の女性史

    1953年の日本の女性史から見た国際連合総会国際連合総会

    9月15日 第8回国連総会で初の婦人議長ビラヤ・ラクシュミ・パンディット(インド)選出。1953年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合ナミビア独立支援グループ

    国際連合ナミビア独立支援グループから見た国際連合総会国際連合総会

    第一次世界大戦後、ドイツ領南西アフリカは南アフリカの信託統治下に置かれていた。第二次世界大戦後、国際連合による信託統治領への移行が図られたが、南アフリカはこれを拒否し、南西アフリカの実効支配を続けていた。1966年に国連総会でも、南アフリカへの委任が取り消され、南西アフリカの統治は国連が行なうことが決議された。1967年に国連南西アフリカ委員会が設立され、これは地域名のナミビアへの呼称変更と共に国連ナミビア委員会に改称されている。1969年には安全保障理事会決議264でも総会の方針を確認している。この間、南西アフリカ人民機構(SWAPO)が結成され、ナミビアでのゲリラ活動を開始していた。国際連合ナミビア独立支援グループ フレッシュアイペディアより)

  • 世界化学年

    世界化学年から見た国連総会国際連合総会

    世界化学年(せかいかがくねん、、略称IYC2011)は、2011年がマリ・キュリーのノーベル化学賞の受賞から100年目、また国際純正・応用化学連合(IUPAC)設立100周年にあたることから、若者をはじめ幅広い人々に化学に対する理解・関心を深めることなどを目的とした企画。テーマは"Chemistry?our life, our future"。IUPACからの呼びかけに賛同した日本学術会議化学委員会などが国際連合教育科学文化機関(UNESCO)に共同提案し、2008年の国連総会で、2011年を世界化学年とすることが決定した。2010年8月6日には、野依良治を委員長とする「世界化学年日本委員会」が設立された。2011年8月にプエルトリコでWorld Chemistry Leadership Meetingが開かれるほか、日本ではキュリー夫人の伝記の読書感想文コンクールや夏休みの子供向けの化学実験企画、化学に関する各種シンポジウムが開催された。世界化学年 フレッシュアイペディアより)

  • ウィーン宣言及び行動計画

    ウィーン宣言及び行動計画から見た国際連合総会国際連合総会

    ウィーン宣言及び行動計画(ウィーンせんげんおよびこうどうけいかく、)とは、東西冷戦後の1993年6月25日にウィーンにて「世界先住民族年」を踏まえて開催された世界人権会議により採択された、世界のあらゆる人権蹂躙に対処するための、国際人権法や国際人道法に関する原則や国際連合の役割、全ての国々に対する要求を総括した宣言及び行動計画である。この宣言及び行動計画は同年7月12日に国際連合総会にて承認され、国連人権高等弁務官事務所 (OHCHR) が設置されることとなった。また新たな国際人権条約や国連ミレニアム宣言の成立の発端ともなった。ウィーン宣言及び行動計画 フレッシュアイペディアより)

  • 経済的、社会的及び文化的権利委員会

    経済的、社会的及び文化的権利委員会から見た国際連合総会国際連合総会

    社会権規約は、1966年12月16日、国際連合総会によって採択され、1976年1月3日効力を発生した。同時に採択された市民的及び政治的権利に関する国際規約(自由権規約)では実施機関として規約人権委員会が設置されたのに対し、社会権規約ではこのような条約機関の設置が定められなかった。これは、経済的・社会的権利の市民的・政治的権利との違い(前者については締約国は即時実施の義務を負わず、司法判断にもなじまないこと)を理由に、自由権規約のような実施措置を望まない国の意見があったためである。その結果、社会権規約が定める唯一の国際的実施措置である報告制度については、締約国は国連事務総長に政府報告書を提出するとともに、その写しを経済社会理事会(経社理)に提出し、独自の実施機関ではなく経社理がこれを審議することとされた。経済的、社会的及び文化的権利委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合人口基金

    国際連合人口基金から見た国際連合総会国際連合総会

    1967年に国際連合事務局によって設置された国際連合人口活動基金(こくさいれんごうじんこうかつどうききん、、UNFPA)が発展し、1987年の国際連合総会で現在の名称に変更された。現在も英語略称はUNFPAのままになっている。国際連合人口基金 フレッシュアイペディアより)

  • チェルノブイリ・ハート

    チェルノブイリ・ハートから見た国際連合総会国際連合総会

    『チェルノブイリ・ハート』(原題:Chernobyl Heart)は、2003年に制作されたドキュメンタリー映画である。監督はマリアン・デレオ。この映画は、2004年にアカデミー短編ドキュメンタリー映画賞を受賞した。また2006年4月28日には国連総会で放映されている。チェルノブイリ・ハート フレッシュアイペディアより)

339件中 61 - 70件表示

「国連総会」のニューストピックワード