547件中 61 - 70件表示
  • G4諸国

    G4諸国から見た国際連合総会国際連合総会

    2005年7月:国際連合総会において、安全保障理事会の構成国拡大等についてのG4決議案を提出されるが、採択されなかった。G4諸国 フレッシュアイペディアより)

  • 判決 (国際司法裁判所)

    判決 (国際司法裁判所)から見た国際連合総会国際連合総会

    本項目では国際司法裁判所の判決について述べる。国際司法裁判所(ICJ)の係争事件では基本的に国家のみが当事者となることができるが、国連総会や国連安保理などといった国連機関による諮問に対してICJが下す意見のことを勧告的意見といい、国家間の裁判における係争事件の判決とは区別される。ICJ規程第59条によりICJの判決は紛争当事国に対してだけ法的拘束力がおよぶことと定められており、これにより判例としての先例拘束性は否定されている。しかし実際には裁判で多くの過去の裁判例が引用されており、実質的に判例法としての役割を果たしている。判決 (国際司法裁判所) フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合人口基金

    国際連合人口基金から見た国際連合総会国際連合総会

    1967年に国際連合事務局によって設置された国際連合人口活動基金(こくさいれんごうじんこうかつどうききん、、UNFPA)が発展し、1987年の国際連合総会で現在の名称に変更された。現在も英語略称はUNFPAのままになっている。国際連合人口基金 フレッシュアイペディアより)

  • 条約の改正

    条約の改正から見た国際連合総会国際連合総会

    条約法条約の前文にもあるように、国際法の基本原理として合意は守られなければならず(pacta sunt servanda)、この原理に基づき発効した条約は当事国を法的に拘束する。その対をなす国際法の基本原理として、合意は当事者を拘束するが第三者を害しも益しもせず(pacta tertiis nec nocent nec procunt)、条約法条約第34条も合意なしに条約が権利や義務を設定することはできない旨を定めている。また条約法条約第40条第4項では、全締約国の合意がなくても改正が可能とする条約の場合、条約の改正規定にもとづいて成立した改正に合意しない国は原則として改正後の条約に拘束されないことを定めている。そのためこうした場合には、改正後の条約に合意する国としない国という、2種類の条約当事国が存在することとなり、適用される条約が改正前のものか改正後のものかについて複雑な条約関係が生ずることとなる(右表参照)。改正後に改正前の条約が当然に無効となるわけではなく、改正に反対する国との間では基本的に改正前の条約が適用されることになる。改正後に多数国間条約に加盟する国は基本的に改正後の条約の当事国となるが、改正に反対する国との関係では改正後に加盟する国も改正前の条約の当事国とみなされ、もしも改正前の条約に拘束されることを望まないのであれば別段の意図を表明する必要が生じる。この改正に反対する国との関係について、国連憲章は例外的な規定をおいている。国連憲章第108条・第109条によると、憲章改正案が国連総会において3分の2の多数決で採択され、すべての安保理常任理事国を含む全国連加盟国の3分の2が各々の国内憲法上の手続きに則って憲章改正案を批准したとき、憲章改正案に反対した国を含めたすべての国連加盟国に対して改正後の憲章が効力を生ずるとしている。条約の改正 フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・バーナード・テイト

    ジャック・バーナード・テイトから見た国際連合総会国際連合総会

    1947年10月20日より1954年まで国務省法律顧問代理。1948年、コロンビアのボゴタで開催された第9回米州諸国国際会議(パン=アメリカ会議)にアメリカ代表団の代替要員として参加。1949年から1951年まで国連総会のアメリカ代表団法律顧問。国務省内においてテイトは、司法長官宛ての書簡を作成する国務省内の法律家として主に認知されていた。1952年には外国主権免責の規定について触れ、内国民が訴訟を受けた場合、合衆国はその規定を修正する意思があることを示した。この決定は他国政府が商業取引に関してアメリカから訴訟を起こされる可能性を示したものであった。この決定を述べた「テイト・レター」は、慣習国際法における大きな出来事として知られている。ジャック・バーナード・テイト フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合海洋法会議

    国際連合海洋法会議から見た国際連合総会国際連合総会

    1947年、国連体制下において国連総会は、個人資格の専門家によって構成される国連国際法委員会を設置し、国際法の法典化作業をその任務とした。そして同委員会の最初の作業テーマの一つとして選ばれたのが海洋法の法典化であった。国際法委員会は1949年の第1会期会合から領海制度や公海制度の法典化について審議を行い、1956年の第8会期会合で海洋法に関する最終草案が採択されたことに伴い国連総会に対して外交会議の招集を勧告した。国際法委員会の勧告を受けた国連総会は1957年に決議1105(XI)を採択し、これに基づき1958年2月24日から4月27日にかけて86カ国の参加による第一次国連海洋法会議がスイスのジュネーヴで開催された。ここで国連国際法委員会は73カ条からなる海洋法の草案を提出しそれを基に審議が進められた結果、領海条約、大陸棚条約、公海条約、公海生物資源保存条約の4つの条約、いわゆるジュネーヴ海洋法四条約が採択された。これらの条約は1966年までに全て発効し、後に国連海洋法条約が発効するまでの約30年間にわたり海洋法秩序の主要部分としての役割を果たした。しかしこのジュネーヴ四条約の締約国はいずれも少数にとどまり、条約に加入していない国との間では条約締約国との関係においても依然として国際慣習法が適用された。さらに長年の懸案であった領海の幅員については3カイリ、6カイリ、12カイリと、各国間の主張が対立したままここでも合意に至ることはできなかったため領海条約にもこの点についての規定が設けられることはなく、結局この問題は先送りにされた。国際連合海洋法会議 フレッシュアイペディアより)

  • カーボベルデの歴史

    カーボベルデの歴史から見た国際連合総会国際連合総会

    宗主国のポルトガルでは1933年に保守的、反自由主義的なエスタド・ノヴォ体制を構築したアントニオ・サラザール首相が第二次世界大戦後も政権を握り続け、1951年にサラザールは植民地の呼称を「海外州」と呼び換えて国際連合の脱植民地化決議を無視し、「海外州」の独立を認めない方針を強固に打ち出していた。カーボベルデ出身のアフリカ人ナショナリストアミルカル・カブラルは1956年に独立を目指してギニア・カーボベルデ独立アフリカ党(PAIGC)を結成し、1958年のビサウにおける港湾ストライキに対するポルトガル当局の虐殺以後は武装闘争路線を採用し、1963年にポルトガル領ギニアで独立戦争を開始した。PAIGCは着々と解放区を拡大し、1968年11月にはポルトガル現地軍司令官のアントニオ・デ・スピノラ将軍がマルセロ・カエターノ首相に軍事的勝利は不可能だとして和平を進言するほどであった。1973年1月20日にアミルカル・カブラルは暗殺されたが、アミルカル・カブラルの弟のルイス・カブラルが党首に、アリスティデス・ペレイラが書記長に就任したPAIGCはポルトガル軍に対して猛攻撃を仕掛け、1973年10月24日にPAIGCはマディナ・ド・ボエでギニア=ビサウの独立を宣言し、国際連合も同年11月2日の総会で、賛成多数でギニア=ビサウの独立を承認した。その後、ギニア=ビサウで勤務したポルトガル軍の軍人が主体となって形成された国軍運動(MFA)が、1974年4月25日に起こしたカーネーション革命によってエスタド・ノヴォ体制が崩壊すると、新たに誕生したポルトガルの左派政権は植民地戦争を終結させ、1975年中に各植民地で独立戦争を戦ってきた組織に独立後の国家建設を託した。カーボベルデの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 経済的、社会的及び文化的権利委員会

    経済的、社会的及び文化的権利委員会から見た国際連合総会国際連合総会

    社会権規約は、1966年12月16日、国際連合総会によって採択され、1976年1月3日効力を発生した。同時に採択された市民的及び政治的権利に関する国際規約(自由権規約)では実施機関として規約人権委員会が設置されたのに対し、社会権規約ではこのような条約機関の設置が定められなかった。これは、経済的・社会的権利の市民的・政治的権利との違い(前者については締約国は即時実施の義務を負わず、司法判断にもなじまないこと)を理由に、自由権規約のような実施措置を望まない国の意見があったためである。その結果、社会権規約が定める唯一の国際的実施措置である報告制度については、締約国は国連事務総長に政府報告書を提出するとともに、その写しを経済社会理事会(経社理)に提出し、独自の実施機関ではなく経社理がこれを審議することとされた。経済的、社会的及び文化的権利委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 1957年の日本の女性史

    1957年の日本の女性史から見た国際連合総会国際連合総会

    1月29日 第11回国際連合総会で「既婚婦人の国籍に関する条約」が採択される。1957年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の平和の鐘

    日本の平和の鐘から見た国際連合総会国際連合総会

    春分の日、アースデイの式典、9月の国連総会の開催時、9月21日に行われる国際平和デーの式典で毎年この鐘が打ち鳴らされる。日本の平和の鐘 フレッシュアイペディアより)

547件中 61 - 70件表示

「国連総会」のニューストピックワード