547件中 71 - 80件表示
  • 国際組織法

    国際組織法から見た国際連合総会国際連合総会

    内部法として、まず、表決制度がある。決議成立の方式としては、一般に、全会一致、多数決、コンセンサスなどがある。国際連合総会の決議は、重要問題を除いて(出席し投票する加盟国の三分の二の多数)、出席し投票する加盟国の過半数で成立する(国際連合憲章18条)。国際連合安全保障理事会の決議は、「常任理事国の同意投票を含む九理事国の賛成投票」で成立する(27条)。慣例により、常任理事国の「棄権」は決議の成立を妨げないとされている。しかし、27条を文言通りに解釈すれば、棄権は「同意」ではないので、決議の成立を妨げるはずである。よって、これについては、法的には、棄権についての規定が欠缺していたとか、暗黙のうちに憲章が改正されたとか説明する他はない。EUでは「共同体法」(EU法)に属する分野について、加重投票の制度が行われている。また、世界銀行でも加重投票で議決される。国際組織法 フレッシュアイペディアより)

  • 開発教育

    開発教育から見た国連総会国際連合総会

    開発教育 (Development Education) は、南北問題が世界的な課題となった1960年代に欧米諸国の国際協力NGOの間から提唱された。当初は国際協力NGOがその支持者に対して第三世界の現実を知らせたり、国際協力のための募金キャンペーンとして展開されていた。1970年に国連総会で採択された「第2次国連開発の10年計画」では、すべての国と政府は開発問題について国民の理解を深める努力をすべきこと、そしてそれぞれの国内で開発教育の普及振興に努力しているNGOや教育者の集団に対して支援を強化することを唄っている。この頃より開発教育は南北問題や開発問題の体系的な理解を促す教育活動として発展する。開発教育 フレッシュアイペディアより)

  • ウィラード・L・ソープ

    ウィラード・L・ソープから見た国際連合総会国際連合総会

    トルーマン政権における経済担当国務次官補(1946年 - 1952年)、1946年のパリ平和会議における米国代表団の一員(経済担当特別顧問)、1946年のニューヨーク外相会談における経済担当特別顧問、国連総会の米国代表(1947年 - 1948年)を歴任した。ウィラード・L・ソープ フレッシュアイペディアより)

  • 南アフリカ共和国年表

    南アフリカ共和国年表から見た国連総会国際連合総会

    3月12日 - 国際自由労働組合総連盟(ICFTU)が、南アフリカへの経済制裁を勧告するよう国連総会にて要求する。南アフリカ共和国年表 フレッシュアイペディアより)

  • 国際法委員会

    国際法委員会から見た国際連合総会国際連合総会

    国際法委員会(こくさいほういいんかい、、ILC)は、国際法の漸進的発達と法典化のため、1947年、国際連合総会によって設立された、国際連合の組織(総会の補助機関)である。国際法の専門家34人で構成される。国際法委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合におけるLGBTの権利

    国際連合におけるLGBTの権利から見た国際連合総会国際連合総会

    国際連合では、1945年の設立から欧州連合の支援の下にオランダとフランス主導で国際連合総会に声明文が提出された2008年12月までの間、LGBTの権利(性的指向や性自認の違いを平等に扱ったもの)について議論されたことがなかった。この声明は当初「決議」として採択されることを目標とされていたが、アラブ連盟の後押しによる反対声明が提出された。両声明ともに署名が可能なままであり、いずれも国連総会で未だ正式採択されていない。国際連合におけるLGBTの権利 フレッシュアイペディアより)

  • 国際高齢者デー

    国際高齢者デーから見た国連総会国際連合総会

    1990年12月に行われた国連総会で、決議45/106により採択された。国際高齢者デー フレッシュアイペディアより)

  • マリにおけるLGBTの権利

    マリにおけるLGBTの権利から見た国連総会国際連合総会

    マリ共和国では、男性・女性にかかわらず同性愛行為そのものは違法ではないが、公法がLGBTの人物に不利に適用される可能性は存在する。また、同性婚は認められておらず、性的指向に関する差別からの法的な保護も特に定められていない。2007年のPew Global Attitudes Projectによる調査では、マリの居住者のうち98%が同性愛者は社会から排除すべきだと考えており、これは調査された44ヶ国のうち最も高いものだった。また、2008年12月18日に第63回国連総会に提出された「性的指向と性自認に関する宣言()」に関してはシリアによる反対声明に賛同している。マリにおけるLGBTの権利 フレッシュアイペディアより)

  • ニジェールにおけるLGBTの権利

    ニジェールにおけるLGBTの権利から見た国連総会国際連合総会

    ニジェールでは、同性愛行為そのものは違法ではない。ただし同性婚は認められておらず、性的指向に関する差別からの法的な保護も特に定められていない。また、2008年12月18日に第63回国連総会に提出された「性的指向と性自認に関する宣言()」に関してはシリアによる反対声明に賛同している。ニジェールにおけるLGBTの権利 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合ナミビア独立支援グループ

    国際連合ナミビア独立支援グループから見た国際連合総会国際連合総会

    第一次世界大戦後、ドイツ領南西アフリカは南アフリカの信託統治下に置かれていた。第二次世界大戦後、国際連合による信託統治領への移行が図られたが、南アフリカはこれを拒否し、南西アフリカの実効支配を続けていた。1966年に国連総会でも、南アフリカへの委任が取り消され、南西アフリカの統治は国連が行なうことが決議された。1967年に国連南西アフリカ委員会が設立され、これは地域名のナミビアへの呼称変更と共に国連ナミビア委員会に改称されている。1969年には安全保障理事会決議264でも総会の方針を確認している。この間、南西アフリカ人民機構(SWAPO)が結成され、ナミビアでのゲリラ活動を開始していた。国際連合ナミビア独立支援グループ フレッシュアイペディアより)

547件中 71 - 80件表示

「国連総会」のニューストピックワード