339件中 81 - 90件表示
  • 1959年の政治

    1959年の政治から見た国連総会国際連合総会

    9月18日 - フルシチョフ首相、国連総会で演説。全面軍縮を提案。1959年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ニジェールにおけるLGBTの権利

    ニジェールにおけるLGBTの権利から見た国連総会国際連合総会

    ニジェールでは、同性愛行為そのものは違法ではない。ただし同性婚は認められておらず、性的指向に関する差別からの法的な保護も特に定められていない。また、2008年12月18日に第63回国連総会に提出された「性的指向と性自認に関する宣言()」に関してはシリアによる反対声明に賛同している。ニジェールにおけるLGBTの権利 フレッシュアイペディアより)

  • マリにおけるLGBTの権利

    マリにおけるLGBTの権利から見た国連総会国際連合総会

    マリ共和国では、男性・女性にかかわらず同性愛行為そのものは違法ではないが、公法がLGBTの人物に不利に適用される可能性は存在する。また、同性婚は認められておらず、性的指向に関する差別からの法的な保護も特に定められていない。2007年のPew Global Attitudes Projectによる調査では、マリの居住者のうち98%が同性愛者は社会から排除すべきだと考えており、これは調査された44ヶ国のうち最も高いものだった。また、2008年12月18日に第63回国連総会に提出された「性的指向と性自認に関する宣言()」に関してはシリアによる反対声明に賛同している。マリにおけるLGBTの権利 フレッシュアイペディアより)

  • イラン・イスラーム共和国における人権

    イラン・イスラーム共和国における人権から見た国連総会国際連合総会

    イラン・イスラーム共和国における人権状態は国際社会とイラン人の双方から懸念されている。 国連総会や国連人権委員会がイランにおける人権侵害に対して、出版された評価やいくつかの解決策の中で非難してきたにもかかわらず、イランの人権活動家や多くの作家、そして NGO が人権の侵害を訴えて続けている。イラン・イスラーム共和国における人権 フレッシュアイペディアより)

  • 世界情報社会サミット

    世界情報社会サミットから見た国際連合総会国際連合総会

    2002年1月、国連総会は、情報通信技術に関する世界的サミットの提案を承認した。国際電気通信連合(ITU)がイベントを先導し、50以上の国々が参加した。WSISはまた、ユネスコとも関係がある。世界情報社会サミット フレッシュアイペディアより)

  • ビルマ連邦国民連合政府

    ビルマ連邦国民連合政府から見た国際連合総会国際連合総会

    を掲げ、これら3点の達成を念頭に置いた対内、対外活動を行なっている。NCGUB は対外的に、ミャンマー軍事政権(国家平和発展評議会政権)が現状のままで国権を担うことを思い留まらせるべく、国際社会からミャンマーに対する圧力や制裁、その他の形の行動を得るように取り組んできた。具体的に NCGUB は、1990年の国民議会選挙後にミャンマーで生じた政治的問題、民主化運動の取り締まりや人権侵害を喚起するために、毎年行われる国際連合人権委員会でのミャンマーにおける人権状況の報告や、国際連合総会における軍事政権との政治和解を求める活動を行なってきた。そして、国連総会で決議された勧告を基礎として、NCGUB は各国政府や国際社会から、軍事政権との政治的会話とビルマの民主化をもたらす助けとなるための協働支援を現在集めている。ビルマ連邦国民連合政府 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年中国における日本人死刑執行問題

    2010年中国における日本人死刑執行問題から見た国連総会国際連合総会

    なお、法務省は「日本国民の死刑制度存置の世論が多数」として刑罰の厳罰化を推進し、2006年から2009年にかけて35人の死刑を執行したが、過去10年間に比べ多かったことから国際社会から特異と見られ、国際連合の国際人権規約委員会の懸念や国連総会の死刑執行モラトリアムの決議が可決されたが、日本政府は「国内問題」として拒否した事実がある。2010年中国における日本人死刑執行問題 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合安全保障理事会決議1999

    国際連合安全保障理事会決議1999から見た国際連合総会国際連合総会

    安保理において同国の加盟を検討し、その結果国際連合総会に対して加盟を認めるべきであると勧告するという内容になっている。国際連合安全保障理事会決議1999 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器の威嚇または使用の合法性国際司法裁判所勧告的意見

    核兵器の威嚇または使用の合法性国際司法裁判所勧告的意見から見た国際連合総会国際連合総会

    核兵器の威嚇または使用の合法性国際司法裁判所勧告的意見(かくへいきのいかくまたはしようのごうほうせいこくさいしほうさいばんしょかんこくてきいけん、英語:Advisory Opinion of the International Court of Justice on the Legality of the Threat or Use of Nuclear Weapons、フランス語:Avis consultatif de la Cour internationale de Justice sur la licéité de la menace ou de l'emploi d'armes nucléaires)は、国際連合総会による「核兵器による威嚇又はその使用は国際法の下のいかなる状況においても許されるか」という諮問に対して1996年7月8日にを下した、国際司法裁判所の判例である。1940年代に核兵器が開発されて以降、国際的な司法機関が核兵器の威嚇または使用の合法性(違法性)について判断を下した初めての事例である。国連総会の諮問に対して裁判所は、「核兵器の威嚇または使用は武力紛争に適用される国際法の規則(中略)に一般的には違反するであろう」としながらも、「国家の存亡そのものが危険にさらされるような、自衛の極端な状況における、核兵器の威嚇または使用が合法であるか違法であるかについて裁判所は最終的な結論を下すことができない」とした。この裁判所の判断については様々な評価や解釈がなされている。核兵器の威嚇または使用の合法性国際司法裁判所勧告的意見 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合世界食糧計画

    国際連合世界食糧計画から見た国際連合総会国際連合総会

    1961年に国際連合総会と国際連合食糧農業機関(FAO)の決議により創設された。国際連合世界食糧計画 フレッシュアイペディアより)

339件中 81 - 90件表示

「国連総会」のニューストピックワード