前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2285件中 1 - 10件表示
  • 安全保障

    安全保障から見た国際連合国際連合

    集団安全保障とは国家連合において、軍事力の行使を原則禁止し、またその原則に違反して武力行使に至った国家に対しては構成国が連合して軍事的な手段も含む集団的制裁をかける安全保障の概念である。国際連盟において初めて採用され、現在では国際連合がこの集団安全保障を機能させる国際機関であるが、いまだ実現しておらず、国連憲章に定められた体制は整っていない。安全保障 フレッシュアイペディアより)

  • ソビエト連邦の外交関係

    ソビエト連邦の外交関係から見た国際連合国際連合

    1943年にはモスクワで米英ソ外相会談が行われ、従来の国際連盟に代わる新たな国際平和協力機構の創設が提唱されると、国際連盟から排除されたソ連は、国際連盟に加わらなかったアメリカと共にその中心とされた。1944年6月にアメリカ軍がノルマンディー上陸作戦を展開してドイツや日本に対する連合国側の勝利が確実になると、10月にはダンバートン・オークス会議で国際連合憲章の原案がイギリスや中国を交えて討議され、1945年4-6月のサンフランシスコ会議で50カ国による憲章署名を受けて国際連合が成立した(正式発足はソ連の批准による同年10月)。なお、1943年にはソ連の駐米大使にアンドレイ・グロムイコが就き、その後は国際連合安全保障理事会のソ連代表を務めて、以後1980年代まで長く米ソ関係の最前線に関わる事になった。ソビエト連邦の外交関係 フレッシュアイペディアより)

  • 福田康夫

    福田康夫から見た国際連合国際連合

    2009年の第45回衆議院議員総選挙では民主党新人で元フジテレビ社員の三宅雪子に苦戦を強いられ一時落選の報も流れたが、結果として福田が三宅を小選挙区で破り7回目の当選を果たした。2010年4月、世界経済フォーラムのアジア版として設立されたボアオ・アジア・フォーラムの年次総会にて、フィデル・ラモスの後任として理事長に選出された。また、人口問題をライフワークとしており、アジア人口・開発協会の理事長に就任するとともに、25か国の国会議員らで構成する「人口と開発に関するアジア議員フォーラム」にて議長を務めている。同フォーラムは各国で立法作業の支援活動を展開しており、それらの活動が評価され国際連合人口賞(団体部門)を受賞した。2010年6月、福田は国際連合本部ビルに招かれ、国際連合副事務総長のアーシャ=ローズ・ミギロからメダルを授与された。また、2010年の防衛大学校開校記念祭観閲式には、横須賀市の市長である吉田雄人らとともに来賓として出席した。福田康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 本土復帰

    本土復帰から見た国際連合国際連合

    日本政府と連合軍側(現在の国際連合)との条約であるサンフランシスコ講和条約が発効までの期間は、アメリカ軍の琉球列島米国民政府による自治権制約などの政策や、沖縄戦で疲弊した沖縄本島への資金集中、本土との分離に伴う換金作物や物産の販売経路の途絶などにより、経済が疲弊し飢餓の兆候さえ出てきていた奄美の住民は不満を増大させた。分離直後から始まっていた奄美群島祖国復帰運動は激しさを増し、日本復帰を願う署名は14歳以上の住民の99.8%に達し、ガンディーの運動を真似て集落又は自治体単位でハンガーストライキが行われ、小中学生が血判状を提出する事態も発生した。本土復帰 フレッシュアイペディアより)

  • モントリオール宣言

    モントリオール宣言から見た国際連合国際連合

    この国際会議には百カ国以上から約2000人の代表者が集まった。その中には中心的役割を果たしたルイーズ・アルブールのほかジェーン・ロビンソン(:en:Gene Robinson)、ニュージーランドの政治家でトランスセクシャルのジョージナ・ベイアー、そして会場でこの宣言の本文を読み上げた、マルチナ・ナブラチロワとカナダの水泳選手のマーク・チュークスバリー:en:Mark Tewksburyも含まれる。この宣言は2009年のコペンハーゲンにての第2回ワールドアウトゲームズ(:en: 2009 World Outgames)を開催を予告している。この第2回ワールドアウトゲームズには続けてジョージナ・ベイアーやジョグジャカルタ原則のための専門有識者会議の参加者の万延海とその議長を務めたヴィテット・ムンターボーンも参加した。 この宣言の本文は議決後、国際連合に提出されジョグジャカルタ原則の成立の大きな要因の一つとなった。またこの宣言は以下の都市の市町村議会で採択された。モントリオール宣言 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の国際関係

    日本の国際関係から見た国際連合国際連合

    敗戦後、1951年まで主権を喪失して、外交自主権を持っておらず占領期間中に占領国である米国の政策を実現するラインで、対外政策が実施されてきた。その後、1951年のサンフランシスコ講和会議で、ソビエト連邦などの共産主義の国々の調印を拒否が行われた中で日米講和条約と安保条約が締結され、中華民国と日中条約が調印され、これらとの関係を回復するとともに、外交権を回復することになる。1955年にはGATTに加盟したことを始まりに、民主主義の経済政策をとる先進工業国の中で次第に重要な対外地位を占めるようになった。1956年、ソビエト連邦との国交を回復するとともに、 国際連合に加盟することで、国際社会に復帰するようになって、以降は、ほぼすべての独立国と国交を結んで外交をおこなっている。日本の国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連盟

    国際連盟から見た国際連合国際連合

    第二次世界大戦勃発後は事実上活動を停止していたが、1946年4月に国際連盟は解散し、国際連合に移行した。国際連盟 フレッシュアイペディアより)

  • リトアニア

    リトアニアから見た国際連合国際連合

    冷戦時代はソ連の一部であったため政治的に東欧に含められてきたが、独立回復やソ連崩壊を経て、その地理的文化的位置づけから東欧とは異なる中欧または中欧のうち過去に東欧であった地域の中東欧として再び分類されるようになっている。また、国際連合統計局の分類では東欧ではなく北欧に含まれるほか、日本外務省欧州局においては中・東欧課ではなく西欧課の管轄となっている。リトアニア フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮民主主義人民共和国

    朝鮮民主主義人民共和国から見た国際連合国際連合

    日本政府は、正式には朝鮮民主主義人民共和国を国家として承認していない。外務省の各国・地域情勢ウェブページでも「北朝鮮」と表記し、地域扱いされている。ただし、朝鮮民主主義人民共和国の国連加盟に賛成票を投じるなど、実質的には一国家として扱うケースも多い。朝鮮民主主義人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の軍事

    日本の軍事から見た国際連合国際連合

    第二次世界大戦において敗北したために日本はその軍事力の大部分を失ったが、その後に朝鮮戦争で顕在化した米ソ冷戦において、ソ連などの共産勢力に対抗するために軍備を再建し、米国と日米安全保障条約に調印した。ただし造成する軍備の程度は防衛活動の必要最低限に抑え、また国際連合への協力や東アジア・太平洋地域の国際関係に考慮して武力行使は防衛の局面に限り、最小限に留めている。さらに民主主義国家としての軍事に対する政治優先を原則とした文民統制に基づく政軍関係を採っている。日本の軍事 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2285件中 1 - 10件表示

「国連」のニューストピックワード