2285件中 11 - 20件表示
  • 中華民国

    中華民国から見た国際連合国際連合

    1945年9月2日のポツダム宣言調印により、中華民国は第二次世界大戦での勝利が決定した。そして、主要勝戦国の1国として国際連合の設立メンバーとなり、GHQからの委託に基づき、1945年10月15日に台湾に進駐。1945年10月25日に台北で日本側の安藤利吉台湾総督・第十方面軍司令官が降伏文書に署名し、中華民国は光復式典を行って台湾の実効支配を開始した。日本が台湾などを中華民国へ返還することは1943年12月1日のカイロ宣言に謳われているが(ただし、この宣言に有効性はないとする説もある)、この時点では行政権を中華民国に移譲しただけであり、国際法上、台湾島地域は依然として日本の領土であった。中華民国 フレッシュアイペディアより)

  • 宮田雅之

    宮田雅之から見た国連国際連合

    また、海外での評価もすこぶる高く、その作品は国連、ホワイトハウス、バチカン美術館、中国国家迎賓館釣魚台など各国の主要施設に収蔵されている。宮田雅之 フレッシュアイペディアより)

  • 脱植民地化

    脱植民地化から見た国際連合国際連合

    脱植民地化は独立の獲得、支配国や他の国家との統合、あるいは「自由連合」(free association)の状態を確立することによって達成される。国際連合は脱植民地化の過程においては人民の自決以外の原則はありえないことを明言している。脱植民地化は平和的かつ革命的に行われる場合もあれば、現地民による暴力的反乱を伴う場合もある。なお、厳密な意味では「脱植民地化」は帝国の崩壊による宗主国の消滅とは区別され、その時期は一般的に以下に示すヨーロッパ宗主国からの独立という二つの大きな波を指す。脱植民地化 フレッシュアイペディアより)

  • ベルナール・クシュネル

    ベルナール・クシュネルから見た国際連合国際連合

    国境なき医師団(1971年)と、世界の医療団(1980年)というNGOの設立者の一人で、元国連高等職員。2007年5月18日よりフランソワ・フィヨン内閣でフランスの外務・ヨーロッパ関係大臣を務めた。ベルナール・クシュネル フレッシュアイペディアより)

  • ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争

    ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争から見た国際連合国際連合

    このような状況の中、ボスニア・ヘルツェゴビナ政府はセルビア人の反発を無視して1991年10月に主権国家宣言を行い、1992年2月29日から3月1日にかけて独立の賛否を問う住民投票を行なった。セルビア人の多くが投票をボイコットしたため、住民投票は90%以上が独立賛成という結果に終わる。これに基づいて、ボスニア・ヘルツェゴビナは独立を宣言。4月6日にはECが独立を承認し、5月には国際連合に加盟した。独立に不満を抱いていたセルビア人は、ECの独立承認をきっかけに大規模な軍事行動を開始し、翌日にはボスニア・セルビア議会がボスニア北部を中心に「スルプスカ共和国」の独立を宣言した。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ルワンダ虐殺における初期の出来事

    ルワンダ虐殺における初期の出来事から見た国際連合国際連合

    国連平和維持要員の殺害。これは国際社会が一時的に介入を躊躇する原因となった。ルワンダ虐殺における初期の出来事 フレッシュアイペディアより)

  • 世界エスペラント協会

    世界エスペラント協会から見た国際連合国際連合

    世界エスペラント協会(せかいエスペラントきょうかい、Universala Esperanto-Asocio, 略称UEA)は、世界最大のエスペラント話者・使用者の国際組織であり、国際連合及びユネスコと公式な協力関係にある。2009年度版の年鑑(Jarlibro)によれば121カ国に会員が存在する。会員は個人会員と団体会員からなる。団体会員は加盟している(2009年8月現在)70カ国の国別エスペラント団体の構成員からなる。また7つの専門分野別エスペラント団体が加盟している。世界エスペラント協会 フレッシュアイペディアより)

  • スレブレニツァの虐殺

    スレブレニツァの虐殺から見た国際連合国際連合

    第54回国際連合総会でなされたスレブレニツァの虐殺に関する報告では、東部ボスニア地方でのセルビア人勢力の主目的を、「地理的に連続し民族的に純粋な領土をドリナ川に沿って確保し、この領域で戦闘に従事する兵士を解放して他の地域へと振り向けること」であったとしている。スレブレニツァの虐殺 フレッシュアイペディアより)

  • 平和

    平和から見た国際連合国際連合

    国際連合や欧州連合が行っているさまざまな政治的、経済的、外交的な取り組み。平和 フレッシュアイペディアより)

  • コソボ紛争

    コソボ紛争から見た国際連合国際連合

    ルゴヴァの受動的抵抗の方針によって、1990年代前半のスロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナで独立戦争があった間、平穏に保たれていた。しかしながら、コソボ解放軍の登場に見られるように、この平穏はアルバニア人たちの間に広がる大きな不満と引き換えのものであった。1990年代半ば、ルゴヴァは国際連合に対してコソボでの平和維持活動を求めた。1997年、ミロシェヴィッチはユーゴスラビア連邦共和国の大統領に選出された(ユーゴスラビア連邦共和国はセルビア共和国とモンテネグロ共和国によって1992年4月に発足した新しい連邦である)。コソボ紛争 フレッシュアイペディアより)

2285件中 11 - 20件表示

「国連」のニューストピックワード